So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

グノー、ローマ賞のためのカンタータとローマ留学で生まれた教会音楽。 [2018]

ES1030.jpg
シャルル・フランソワ・グノー(1818-93)。
今から200年前、1818年、画家の父とピアニストの母の下、パリで生まれたグノー。芸術的に恵まれた環境で育ったグノーは、母から最初の音楽教育を受け、やがてコンセルヴァトワールの教授だったレイハ(ベートーヴェンと同い年で、ベートーヴェンのボン時代の同僚!)に師事し、才能を伸ばすと、1836年、コンセルヴァトワールに入学。アレヴィ(グランド・オペラの作曲家として活躍し、コンセルヴァトワールの教授を務めた、19世紀前半のフランス楽壇の中心的人物... )らの下で学び、1837年、ローマ賞に挑み、2等となる。さらに翌年もローマ賞に挑むのだったが、受賞には至らず、1838年、3度目の挑戦で、とうとうローマ賞を獲得!翌年、ローマ留学に出発。かの地で歌い継がれるパレストリーナ以来のローマ楽派の聖歌に触れ、大いに刺激を受ける。グランド・オペラ、ロマンティック・バレエの人気が高まる中で、若きグノーは、そうした華やかさからは背を向け、独自の道を歩み出す。いや、『ファウスト』(1859)からすると、意外...
ということで、グノーの生誕200年のメモリアル、少しマニアックに、グノーのローマ賞とローマ留学を見つめる。エルヴェ・ニケによる極めて意欲的なシリーズ、ローマ賞のために書かれた作品にスポットを当てる"Collection Prix de Rome"からVol.6(EDICIONES SINGULARES/ES 1030)。若きグノーによる課題のためのカンタータと教会音楽を聴く。

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

グノー、弦楽四重奏曲。 [2018]

AP177.jpg
えーっと、ドビュッシーの没後100年のインパクトが大きい2018年でありますが、この人のことを忘れるわけには行きません。生誕200年のメモリアルを迎える、グノー(1818-93)。明日、6月18日が、その誕生日... おめでとう、シャルル!あなたは、『ファウスト』の作曲家として、今も有名ですよ。てか、『ファウスト』以外について、よく知らない... ドビュッシーが活躍する前の時代、フランス楽壇の中心を占める、極めて重要な存在だったはずなのだけれど、そのあたりが、どうも見え難いのはなぜだ?クラシックは、良かれ悪しかれ、19世紀、ドイツ―オーストリアに引っ張られ過ぎる帰来がある。だから、その時代のフランスなどは軽く見られがち... もちろん、グランド・オペラに、ロマンティック・バレエに、アカデミックな立場からすれば、軽く見られてしまう軽佻さもあるのだけれど、19世紀って、そもそも、そういう世紀... 今、改めて音楽史を振り返って見れば、フランスこそ19世紀のリアル!で、その中心にいたグノーの存在が気になる。『ファウスト』でないグノーを聴いてみたい。
ということで、見つけた!ナクソス・ミュージック・ライブラリーで... フランスを中心に活躍するピリオドの名手たちが結集したカンビーニ・パリ四重奏団の演奏で、グノーの弦楽四重奏曲(APARTE/AP 177)。えっ?!グノーって、弦楽四重奏曲なんて書いていたの!それも、収録されているのは5曲!と、目から鱗の2枚組。ちなみに、これ、日本でもリリースされるのだろうか?

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ドビュッシー、ラヴェル、デュティユー、弦楽四重奏曲。 [2010]

HMC902067.jpg
2018年は、ドビュッシー・イヤー!ということで、改めてドビュッシーという存在を見つめるのだけれど... 見つめれば、見つめるほど、これまで、この作曲家を、安易な"イメージ"で捉えて来たことを思い知らされる。いや、これほど"イメージ"で捉え易い作曲家も他にはいない。まさにフランスっぽく、お洒落で、粋で、遊びがあって、天の邪鬼なところもあるけれど、それもまた、この人ならではのダンディズムであって... そして、何と言っても、印象主義... 印象=イメージを紡ぎ出す音楽は、ドビュッシーという存在そのものに思える。けれど、「印象主義」という言葉を生み出したモネら印象派の絵画同様に、単なる印象="イメージ"には流されない、如何にして印象=像を結ぶかという、新しい実態の捉え方を示して、音楽史に大きな刺激を与えた事実。それは、ドビュッシー(1868-1918)に続く世代、ウルトラ・ロマンティシズムから音列音楽へと至ったシェーンベルク(1874-1951)や、『春の祭典』で震撼させたストラヴィンスキー(1882-1971)の革命よりも、凄いことだったように感じる。
ということで、ドビュッシーに始まる印象主義の歩みを辿ってみようかなと... ジャン・キアン・ケラス(チェロ)を中心に実力者が集ったアルカント四重奏団による、ドビュッシー、ラヴェル、デュティユーの弦楽四重奏曲(harmonia mundi/HMC 902067)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ドビュッシーのピアノ作品をエラールのピアノで聴く。 [2018]

A445.jpg
今年、ドビュッシーは、没後100年のメモリアルを迎えたわけだけれど、この100年というのが、ちょっともどかしく感じられる。それは遠いようで、近いような、どちらにも取れる微妙な距離感で... そういう微妙な位置にある作曲家を、ピリオド・アプローチで捉える。少し前なら、衝撃を受けたものの、今となっては、ドビュッシー後の時代を彩った作曲家たち、プーランクやガーシュウィンもピリオドの範疇。モダン楽器と古楽器、というような、対立する解り易い構図は存在しない。楽器にしろ、奏法にしろ、常にうつろっていたのが音楽史の真実であって、そのうつろいに繊細に寄り添うことで、ひとつのピリオド=時代が息を吹き返し、音楽はより息衝いて響き出すような気がする。それは、モダンにも言えることで... モダンの先にコンテンポラリーが存在する今、モダニズムにはヴィンテージな感覚が漂い、ある種の懐かしさとともに、新たな魅力を纏いつつあるのかも...
ということで、ピリオドによるドビュッシーがまだ衝撃的だった前世紀末にリリースされた、スタニー・デイヴィッド・ラスリーの、ヴィンテージのエラールのピアノで弾く2つのアルバム、『ピアノのために』、『版画』、『映像』、『こどもの領分』を集めた1枚と、2つの『前奏曲集』を収めた1枚を、没後100年のメモリアルに合わせ再リリースされた2枚組(ARCANA/A 445)で聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リリ・ブーランジェ、ファウストとエレーヌ。 [before 2005]

CHAN9745.jpg
今から100年前、1918年、第1次世界大戦(1914-18)は終結した。日本で戦争というと、第2次大戦のイメージが強いからか、少しインパクトに欠けるようなところがあるのだけれど、最初の近代戦争であり、何と言っても「世界大戦」、その被害と影響は多大なものがあった。その戦争が終わる8ヶ月前、3月25日、空襲警報が鳴り響くパリで、ドビュッシーはこの世を去る。あと数年、その死を伸ばせたなら、近代音楽の席巻を目の当たりにできただろう。狂騒の1920年代、ジャズ・エイジに接したなら、ドビュッシーの音楽はどんな風に変化しただろう。没後100年のメモリアル、いろいろ考えてしまう。そして、ドビュッシーが息を引き取る10日前に、若くして世を去った女性作曲家がいた。名教師、ナディア・ブーランジェの妹、リリ・ブーランジェ...
ということで、もうひとりの没後100年のメモリアルを見つめる。ヤン・パスカル・トルトゥリエが率いた、BBCフィルハーモニックの演奏、リン・ドーソン(ソプラノ)らの歌で、リリ・ブーランジェのカンタータ『ファウストとエレーヌ』(CHANDOS/CHAN 9745)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ドビッュシー、アッシャー家の崩壊/鐘楼の悪魔。 [2016]

PAN10342.jpg
2018年は、ドビュッシー・イヤー!ということで、前回、デニソフが完成させたドビュッシーの未完のオペラ『ロドリーグとシメーヌ』を取り上げたのだけれど、あれは、ドビュッシーだったのだろうか?聴き終えた後の不思議な心地が印象深い。何だろう、ドビュッシー以上にドビュッシーっぽかった!いや、あれは、「ドビュッシー」というイメージを抽出し、薫らせた、上質なフレグランスのような音楽だった気がする。生々しいドビュッシーではない、みんなが期待するドビュッシー像を補強する、デニソフ(ソヴィエト時代、西側の近現代音楽への関心から、ドビュッシーも研究対象としていた... )による補筆であり、オーケストレーション。ある意味、ファンタジーとしてのドビュッシー... で、そには、ドビュッシーへのオマージュも感じられ、単にドビュッシーを聴いては味わえない感慨を覚えてしまう。それにしても、『ロドリーグ... 』に限らず、作品を完成させられない天の邪鬼、ドビュッシーがもどかしい!もどかしいのだけれど、未完が生む余白に、新たなケミストリーを準備した天の邪鬼でもあって... まったく、なんてヤツなんだよ... デニソフ版『ロドリーグ... 』に触れ、ますますドビュッシーの未完が気になってしまう!
そこで、エドガー・アラン・ポーの小説による2つの未完のオペラ... クリストフ・マティアス・ミュラーが率いて来たゲッティンゲン交響楽団の演奏、ファン・リンリン(ソプラノ)、ヴァージル・ハルティンガー(テノール)らの歌で、イギリスの音楽学者、ロバート・オーリッジの補筆による、ドビュッシーのオペラ『アッシャー家の崩壊』と『鐘楼の悪魔』(PAN CLASSICS/PAN 10342)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ドビュッシーの未完のオペラ、ロドリーグとシメーヌ。 [before 2005]

4509985082.jpg
さて、6月です。なんとなーく、梅雨っぽくなって来ました。そこで、しっとりとした音楽を... って、ちょっと安易な気もするのだけれど、音は空気を伝わって耳に届くもの。ならば、その時々の大気に合った音楽というのも、あるんじゃないかなと... 季節が巡るごとに、聴く音楽も変えて行く。旬なものを食す感覚が、音楽にも見出される気がするのです。そして、しっとりとした音楽、ドビュッシー。2018年は、ドビュッシー(1862-1918)の没後100年のメモリアル。そういう点でもまた、旬かなと... とは言うものの、ドビュッシーのメモリアル、盛り上がってる?今から6年前、2012年が生誕150年だったばかりに、若干、有難味が薄れてしまったような... いや、これくらいが、天の邪鬼、ドビュッシーには、ちょうど良いのかもしれない。そんな、湿気気味のメモリアル(なんて言ったら、叱られそうだけれど... )にぴったりな、マニアックなオペラを聴いてみようかなと思う。
ということで、ケント・ナガノが率いたリヨン歌劇場、ドナ・ブラウン(ソプラノ)、ロレンス・デイル(テノール)らの歌で、デニソフによって補筆、オーケストレーションされた、ドビュッシーの未完のオペラ『ロドリーグとシメーヌ』(ERATO/4509-98508-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

マーラー、「巨人」、1893年、ハンブルク稿。 [2014]

88843050542.jpg
アレッサンドロ・スカルラッティ(1660-1725)がオペラの序曲として確立したイタリア式序曲(急―緩―急の3楽章構成のような形... )に遡る交響曲の歴史... シンフォニアと呼ばれたイタリア式序曲は、やがてオペラから独立し、サンマルティーニ(ca.1700-75)ら前古典派の手で丁寧に育まれ、われわれの知る「交響曲」に成長。18世紀末、古典主義の全盛期、モーツァルト(1756-91)の「ジュピター」(1788)、ハイドン(1732-1809)のロンドン・セット(1791-95)によって、最初の頂を迎える。が、19世紀初頭、ベートーヴェン(1770-1827)の登場で、新たな方向性がもたらされる。で、その方向性の先にあったのが、19世紀を象徴するロマン主義... なのだけれど、絶対音楽=交響曲と、ドラマティックなロマン主義の折り合いは、悪い。それをどう処理するか?考えに考え、21年もの歳月を要して完成されたブラームス(1833-97)の1番(1855-76)の交響曲は、折り合いの悪さを何とかして結び付けた、古典主義とロマン主義のキメラの怪物。これが、交響曲の歴史、最大の頂だったかなと... そして、その頂を越えた先に展開される、捉われない新たな交響曲に注目してみる。
ということで、ブラームスに続いてのマーラー... トーマス・ヘンゲルブロックが率いたNDR交響楽団の演奏で、マーラーの1番の交響曲、「巨人」の、第2稿にあたる、交響曲形式による音詩「巨人」(SONY CLASSICAL/8884305042)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブラームス、交響曲、2番。 [2016]

88985459462.jpg
19世紀、ロマン派の作曲家による交響曲をつぶさに見つめると、大なり小なり、18世紀、古典主義の存在を感じる。そもそも、交響曲というものが、18世紀生まれであって、その性格は、理性を尊ぶ啓蒙主義の時代を反映するもの... 突き詰めて考えれば、古典主義のカウンター・カルチャーとして登場した、まさにロマンチックなロマン主義と、絶対音楽=交響曲は相容れない気がする(それを強引に処理してみせたのが、交響詩なのだと思う... )。しかし、交響曲が大輪の花を咲かせるのは、19世紀に入ってからというジレンマ... 音楽史とは、往々にしてもどかしいところがある。けれど、そのもどかしさこそが、音楽史の流れを厚みのあるものとし、興味は尽きない。ということで、そのもどかしさの沸点にある作曲家だろうか?ブラームスに注目してみる。
ロマン主義、ど真ん中に在りながら、古典を意識し、そこから堅牢なアカデミズムを築いて行った新古典派、ブラームス... パーヴォ・ヤルヴィが率いるドイツ・カンマーフィルハーモニーの演奏で、ブラームスの2番の交響曲(RCA RED SEAL/88985459462)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シューマン、楽園とペリ。 [before 2005]

4576602.jpg
シューマンの人生を辿ると、「歌の年」、「交響曲の年」、「室内楽の年」、「オラトリオの年」といったトピックが目を引く... 『女の愛と生涯』など、シューマンの代表的な歌曲が多く生み出された「歌の年」、1840年。1番の交響曲と、4番の交響曲の原典版も書き上げた「交響曲の年」、1841年。3つの弦楽四重奏曲と、ピアノ四重奏曲、ピアノ五重奏曲を作曲する「室内楽の年」、1842年。そして、オラトリオ『楽園とペリ』を完成させた「オラトリオの年」、1843年。それぞれの年の、それぞれのジャンルでの充実に目を見張る一方で、1840年、1841年、1842年、1843年と、シューマンの創作意欲の旺盛さに驚かされる。ライン川に身を投げてみたり、精神病院に収容されたりと、シューマンのイメージはダークなものがあって、そうしたイメージの反映もあってか、シューマンの音楽には仄暗さを感じるのだけれど、今、改めてシューマンの人生を紐解くと、輝かしい瞬間も... 特に、クララとの結婚が成った1840年からの4年間は、その幸せがそのまま作曲に結び付いているかのよう...
ということで、その4年目、1843年、「オラトリオの年」に注目してみる。ジョン・エリオット・ガーディナー率いる、オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティーク、モンテヴェルディ合唱団に、バーバラ・ボニー(ソプラノ)、クリストフ・プレガルディエン(テノール)ら、実力派の歌手たちを揃えての、シューマンのオラトリオ『楽園とペリ』(ARCHIV/457 660-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽