So-net無料ブログ作成

ショパン、前奏曲集。 [2017]

CC72768.jpg
国民楽派のスターたちを輩出したチェコに、遅れて来た音楽大国、ロシアと、東欧の音楽は、ローカルながら、実に表情豊かで、西欧とは一味違うおもしろさに充ち満ちている!ところで、チェコとロシアのその間、ポーランドは?盛りだくさんの両隣に比べると、何だか凄く視界が悪い。というのは、クラシック界切ってのスター、ショパン(1810-49)の存在があまりに大き過ぎるからか... 前回、聴いた、今年、生誕200年のメモリアルを迎えるモニューシュコ(1819-72)がいて、ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾ、ヴィエニャフスキ(1835-80)がいて、首相にもなったパデレフスキ(1860-1941)に、異才、シマノフスキ(1882-1937)、それから、モダニスト、ルトスワフスキ(1913-94)に、クラスターのペンデレツキ(b.1933)、アンビエントなグレツキ(1933-2010)などなど、丁寧に見て行けば、実に多彩な面々が彩るポーランドの音楽でありまして... かえって、ショパンという大看板は、邪魔?なんて言ったら怒られるか?いや、そもそも、ショパンは、ポーランドの作曲家なのだろうか?改めて、そのルーツ、人生を紐解いてみると、ポーランドとばかりと言えないような気がして来て...
ということで、ポーランド、国民楽派の顔、モニューシュコに続いて、ポーランドの大看板、ショパン。グルジア出身のピアニスト、ニーノ・グヴェタッゼによる、"Ghosts"と銘打たれた異色のショパンの前奏曲集(Challenge Classics/CC 72768)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

モンジュルー、ピアノ作品集。 [2017]

ORC100063.jpg
もし生きる時代を選べたら... いつの時代を選ぶだろう?つい、いろいろ夢想してしまう。が、そんなことが叶う人間なんて、誰一人としていない。いや、今、改めて音楽史を振り返ってみると、選べないことの無常を、ひしひしと感じてしまう。モーツァルト(1756-1791)とベートーヴェン(1770-1827)は、わずか14歳の年の差しかない。が、2人の生きた時代は、まったく異なる。短い人生だったとはいえ、18世紀、輝かしき古典主義の時代を、颯爽と走り抜けて行ったモーツァルト... に対し、ベートーヴェンは、モーツァルトが世を去った1年後、1792年にウィーンに移り、遠くパリで始まっていたフランス革命(1789)に大いに刺激を受けたのも束の間、ナポレオン戦争(1803-15)に巻き込まれ、ナポレオンが敗退した後では、保守反動のウィーン体制下、窮屈な思いをしながら世を去った。革命からの戦争、一転、反動という、19世紀、激動の時代を生きたベートーヴェン。その激動があってこそのベートーヴェンの音楽だったのだろうな... という思いにもなるのだけれど、時代が違えば、ベートーヴェンにも、もっと穏やかな人生があったかもしれないと思うと、ちょっと切なくなる。
そして、さらに激動を生きたひとりの女性に注目したいと思う。激動の震源地、フランスで、たくましく生きた侯爵夫人... ピアニストにして、作曲家にして、コンセルヴァトワール、初の女性教授となった、エレーヌ・ド・モンジュルー。エドナ・スターンが弾く、1860年製、プレイエルのピアノで、モンジュルーのピアノ作品集(ORCHID CLASSICS/ORC 100063)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

新しい時代の始まりに... 戴冠ミサ。 [2017]

9029587253.jpg
改まりまして、おめでとうございます。って、もうなんか、お正月のスペシャル版みたいな心地で迎えております、5月1日。テレビで、カウント・ダウンの中継を見ながら、すっかりテンションも上がってしまいました。いや、本当に良い時代になって欲しい!令月風和む世の中になって欲しい!そんな思いを強くした「時代越し」でした。そして、歴史が動きましたよ!歴史の教科書の裏の年表で言ったら、○○時代という区切りの線を乗り越えちゃったわけです。凄い!って、昭和から平成というのも経験しているのだけれど、当時は、そこまで、いろいろ見据えることができるほど、成熟していなかった、というよりこどもだったなと振り返る。でもって、まだまだ未熟であります。もっともっと、しっかりしたい、がんばりたいと思う、晴々しい令和一日目でもあります。そうそう、晴々しいと言ったら、もう、天照大神さまもがんばられたみたいで、天気予報、曇りとか雨だったように思うのだけれど、即位の礼が始まる前には、晴れちゃった!そりゃ、ハレの日だものね。そんなプチ・ミラクルにも、ときめく。
ということで、令和元年の最初は、やっぱりこれかなと。新天皇陛下のご即位をお祝いして、ロランス・エキルベイ率いる合唱団、アクサンチュスと、サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)、レナータ・ポクピチ(アルト)、ベンジャミン・ブルンス(テノール)、アンドレアス・ヴォルフ(バス)の歌、インスラ・オーケストラの演奏で、モーツァルトの戴冠ミサ(ERATO/90295 87253)を聴く!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

春を接いで、ドビュッシー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー... [2017]

ONYX4182.jpg
音楽と四季の相性は、良いように思う。ヴィヴァルディの『四季』という傑作もあるし... いや、四季のうつろいは、目で認識されるものだけれど、四季を創り出すのは大気であって、大気を震わせる芸術、音楽は、より根源的に季節を表現できるのかもしれない。ふと、そんなことを考えたのは、4月に入って、音楽における"春"に注目してみて... 桜が象徴するように、春ほど視覚に訴えて来る季節は無い。が、春の麗(うるわ)しさ、麗(うら)らかさは、活き活きと音楽でも表現される。例えば、先日、聴いた、ランゴーの「春の目覚め」や、ベートーヴェンの「春」。そこから聴こえて来たのは、春ならではの空気感を知るからこそ感じられる、音楽が紡ぎ出す春らしさか... 特に、ベートーヴェンの「春」は、"春"を念頭に作曲されていなかったものの、後世、それを「春」と呼ばずにいられなかったことを思うと、人間は、季節の表情に、某かの音楽を聴いているのかもしれない。
ということで、春尽くしの1枚... ヴァシリー・ペトレンコ率いる、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ドビュッシーの交響的組曲『春』、ラフマニノフのカンタータ『春』、そして、ストラヴィンスキーの『春の祭典』(onyx/ONYX 4182)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

解放区... 17世紀、ヴェネツィア、オラトリオ、華麗なる進化。 [2017]

クラシックでオラトリオというと、やっぱり、お馴染み『メサイア』(1742)を書いたヘンデルのイメージが強い。が、17世紀半ば、ローマで誕生したオラトリオの歩みをつぶさに辿ると、オラトリオ作家、ヘンデルの存在が、少し異質に思えて来る。てか、ヘンデルの、イタリア・オペラ・ブームが去ったら英語のオラトリオ、どうでしょう?みたいなスタンスが、何か引っ掛かる... オラトリオって、そんなもんかァ?いや、18世紀、盛期バロックを迎え、時代はうつろって行く。ヘンデルの、華麗かつ、ダイナミックで、時としてエンターテイメントになり得てしまうオラトリオの姿に、感慨... 対抗宗教改革の熱、未だ冷めやらず、バロックの革新が生々しさを残していた頃の、如何ともし難い狂おしさのようなものが産み落としたオラトリオ。ヘンデルとはまた違ったベクトルで、聴き手に迫る音楽が展開されていたわけだけれど、次第に、あの狂おしさは失われて行って、何を得たか?答えはヘンデル... ということで、ヘンデルに至るオラトリオの道程を追いながら、盛期バロックへの展開を探ってみる。
アンドレア・デ・カルロ率いる、アンサンブル・マレ・ノストルムで、ストラデッラのオラトリオ『聖ペラージャ』(ARCANA/A 431)と、ダミアン・ギヨン率いる、ル・バンケ・セレストで、カルダーラのオラトリオ『キリストの足元のマッダレーナ』(Alpha/Alpha 426)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

第九、日本初演、100年目の年の瀬に聴く、第九。 [2017]

Alpha476.jpg
没後150年のロッシーニに、没後100年のドビュッシー... 2018年のクラシックの顔を、改めて見つめた今月半ば。ここで視点を変えまして、今年、日本初演100年のメモリアルを迎えた、あの年末の定番に注目!そう、第九です。1824年、ウィーンで初演されて以来、間もなく2世紀が経とうという中、ウィーンから遠く離れた東の果て、日本で、今や1万人で歌えてしまうほどの知名度を得た事実... 楽聖は、あの世から、どんな風に見つめているだろう?初演時、すでに耳が聴こえなくなっていたベートーヴェン、第九に熱狂する客席に気付かず、アルト歌手に促され、初めて客席の方へと向き直り、その大成功を知ったというエピソードを思い起こすと、日本の年末の様子も、感慨を以って見つめてくれる気がする。1万人なんて、コンサートという観点からすれば、正気の沙汰ではないけれど、1万人もの人々がひとつ声を揃えて歌うことは、まさに第九の精神を具現化したと言えるわけで... 何なら1万人なんて限ることなく、日本全国で、同時刻、それぞれの場所で、一斉に歌い出せばいい... いや、日本に限らず、全世界で歌えば、このギスギスとした21世紀の空気感も変わるかもしれない。
なんて夢想しながら、改めて第九を味わう。マルティン・ハーゼルベックが率いるピリオド・オーケストラ、ウィーン・アカデミー管弦楽団による、ベートーヴェンの初演時の響きに、初演会場まで考慮して可能な限り迫ろうという実にチャレンジングなシリーズ、"RESOUND BEETHOVEN"から、VOL.5、ベートーヴェンの交響曲、第9番、「合唱付き」(Alpha/Alpha 476)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

ベルリンを離れて、ラトル、ニュートラルな『ペレアスとメリザンド』。 [2017]

LSO0790.jpg
うわーっ、12月20日です!2018年が、本当にもう凄く終わってしまう!大掃除が完了していない、年賀状が書き終わっていない、で、他にもやること山積みだよ... という事態になりました。通常運転です。はぁ~ ため息... は、ともかく、2018年はドビュッシー・イヤー!没後100年のメモリアル... 当blogでは、未完のオペラ、『ロドリーグとシメーヌ』『アッシャー家の崩壊』と『鐘楼の悪魔』、それから、エラールのピアノで聴く前奏曲集に、ドビュッシーに始まるフランス印象主義の系譜を追う弦楽四重奏曲集と、マニアックかつ魅惑的な4タイトルを取り上げました。が、ドビッュシーの代表作を取り上げていないのが心残り... ということで、これぞ、ドビュッシー!という代表作を取り上げようと思うのだけれど、これぞ、ドビュッシーと言える作品は何だろう?『海』?「月の光」?牧神の午後への前奏曲?どれもドビュッシーらしさを象徴する代表作なのだけれど、当blog的には、『ペレアスとメリザンド』を選んでみる。それは、ドビュッシーの芸術の全てをひとつにまとめたような音楽...
サイモン・ラトル率いるロンドン交響楽団の演奏、マグダレーナ・コジェナー(メッゾ・ソプラノ)、クリスティアン・ゲルハーへル(バリトン)、ジェラルド・フィンリー(バス)ら、手堅く実力派を揃えての、ドビッュシーのオペラ『ペレアスとメリザンド』(LSO live/LSO 0790)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

テレマンのファンタジア。 [2017]

秋バテ?2018年バテ?なんて言っていたら、そもそも21世紀にバテてないか?と思えて来た。高度情報化社会の、あらゆるものがつながるプレッシャー... 便利になった一方で、そこはかとなしに我々を縛り上げているものがあるような... なんて言い出したら、20世紀後半、高度産業化社会の即物的なスピード感にも、すでに追い立てられていたなと... 失われた云十年というもの自体が「バテ」だったような気がして来る。そういう「バテ」の歴史を振り返れば、「癒し系」クラシックへの注目や、ヒーリング・ミューシックの登場が、もの凄く腑に落ちる。20世紀末に始まる「癒し系」としてのクラシックの再ブレイク、その前にはグレゴリオ聖歌ブームがあったことを忘れるわけには行かない。その準備を果たしたのが、1970年代に遡るニュー・エイジ、アンビエント・ミュージック... 音楽に癒しを求めた道程には、近代社会、現代社会が歪んで行く様が反映されていたのだろう。そして、癒しを過去の音楽、古典=クラシックに求めるに至ったわけだ。「癒し系」クラシックは、実は、実に、意義深い。
ということで、10月は、「癒し系」で癒される... マジカルな中世から、バロック、テレマンのファンタジアへ!フランソワ・ラザレヴィチのフルートで、無伴奏フルートのための12のファンタジア(Alpha/Alpha 267)と、ルイジ・デ・フィリッピのヴァイオリンで、無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア(CHALLENGE CLASSICS/CC 72679)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

ノイコム、ルイ16世を追悼するレクイエム。 [2017]

Alpha966.jpg
さて、ワールド・カップが佳境です。明日は、フランスとクロアチアの決勝!でもって、本日は、フランス革命記念日、パリ祭!となると、フランスは、いつも以上にお祭り騒ぎなんだろうなァ。なんてことを思い浮かべつつ、革命後のフランスの歩みをおさらい... 現在のフランス共和国は、1789年のフランス革命に始まる。そんな風に思いがちなのだけれど、世界史を勉強すると、そうでないことが露わになります。第1共和政が成立するのは、フランス革命の3年後、1792年。翌年、王様をギロチンに掛けてみれば、絶対王政もドン引きするほどの独裁、恐怖政治に陥って、けど、そんなものは長続きせず、王制よりも威圧的な帝政となって、ヨーロッパ全体を戦争の渦に引き摺りこむ!けど、そんな無謀なことは長続きせず、王家が帰って来ての元の木阿弥。で、再び革命。株屋(つまりブルジョワたちに... )の王が乗っ取って、株価が下がれば、今度こそ共和政!のはずが、大統領は皇帝に変身、戦争やって、捕虜になって、パリは大混乱!の果てに、選挙やったら王党派圧勝!王政復古のはずが、本家と分家が喧嘩して、仕方なしに共和政という、トホホ... その後も、ナチスにあっさりと占領され、戦後、新たな共和政が成立するも、軍部に脅され、1958年、大統領の権限が強化された第5共和政が誕生し今に至る。フランスの長い歴史を振り返った時、フランス革命というのは、何だか混乱の種を蒔いただけのようにも思えて来る。もちろん、人権、平等、そして三権分立など、得られた高い理念も多いのだけれど... 革命後のフランスをつぶさに見つめれば、フランス革命記念日を祝うのが少し憚れる?ということで、本日、あえて、ルイ16世を追悼。
ジャン・クロード・マルゴワール率いる、ラ・グラン・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワの演奏、クレメンス・ティルカン(ソプラノ)、ヤスミナ・ファーヴル(メッゾ・ソプラノ)、ロバート・ゲッチェル(テノール)、アラン・ビュエ(バス)、ナミュール室内合唱団の歌で、1815年、ウィーンでのルイ16世追悼のミサのために書かれた、ノイコムのレクイエム(Alpha/Alpha 966)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

没後500年、イザークから見つめる、ルネサンスのパノラマ... [2017]

AVSA9922.jpg
2017年にメモリアルを迎えた作曲家たちを、ざっとおさらい。
まず、何と言ってもモンテヴェルディの生誕450年!音楽史上最大の大変革を、見事に乗り切った巨匠の柔軟さに、今、改めて驚かされる。一方で、時代そのもののダイナミズムさにも驚かされた。というより、慄いた... ポリフォニーからモノディへ、音楽の在り方が根底から覆される時代というのは、作曲家たちにとって、恐ろしく過酷だったはず... それから、テレマンの没後250年!テレマンを改めて見つめて驚かされるのは、そのご長寿っぷり!で、その長い人生を追えば、バロックから古典主義へのうつろいが浮かび上がり... いや、そのスピード感にも驚かされた。しかし、テレマンは、そのスピード感に嬉々として乗ってしまうから、タダモノではない!という2人を大フィーチャーした今年だったのだけれど、他にも、生誕200年を迎えた、北欧音楽の端緒とも言える存在、デンマークの作曲家、ゲーゼ、生誕150年を迎えた、アメリカ発の作曲家としてヨーロッパで最初に成功した女性、ビーチなど、メモリアルなればこそ注目してみて、とても新鮮だったなと... いや、メモリアルに限らず、注目されるべき逸材!普段、あまり注目されないのが、実に惜しいなと、つくづく感じる。
そして、もうひとり、そんな作曲家に注目... 今年、没後500年のメモリアルを迎えた、イザーク。ルネサンス・ポリフォニー全盛期に、一味違うテイストを聴かせる?からか、大家たち間で埋もれ気味?ということで、ジョルディ・サヴァール率いるエスペリオンXXIの演奏、ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャの歌で、イザークの作品集(ALIA VOX/AVSA 9922)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)