So-net無料ブログ作成

ヴィヴァルディ、ドレスデンのオーケストラのための協奏曲。 [2013]

Alpha190.jpg
ラグビーのワールドッカップ、開幕しましたね!って、おもいっきり"にわか"ではございますが、開幕戦、ガッチガチな前半を乗り越えての日本勝利、テンション上がりまくりでした。ところで、クラシックでラグビーというと、オネゲルの交響的運動、第2番、「ラグビー」!オネゲルがラグビーを観戦していたところ、スポーツを音楽で表現できますか?と、あるジャーナリストから問われ、やったる!と、書いたのが、「ラグビー」だそうです(wiki情報)。いや、改めてラグビーの試合を見てみると、なかなか見事にゲームを音楽に落とし込めていたのだなと、感心。一方で、ラグビーの試合が、それ、まさに、交響的運動のようだった!スクラム組んで、ガッツリ対峙して、ボールを後ろにパスしながら前進して行く姿は、どこか交響楽を構築して行くような趣きがあって、「交響的運動」というネーミング、ドンピシャやん!そして、交響的運動、ラグビーの魅力に、今さらながら、惹き込まれております。で、予選プール、突破なるか?!いやー、しばらくワクワクが止まらなくなりそう... てか、芸術の秋、スポーツの秋に押されそう... いやいや、音楽も盛り上がってくよ!ということで、クラシック、ど真ん中を聴いて参りました今月、このあたりで、気分を変えまして、バロックへ!バロック、ど真ん中、ヴィヴァルディ!
アレクシス・コセンコ率いるレザンバサドゥールの演奏で、ザクセン選帝侯の豪奢なドレスデンの宮廷のために書かれたコンチェルトの数々、"Concerti per l'Orchestra di Dresda"(Alpha/Alpha 190)と、カフェ・ツィンマーマンの演奏で、ヴェネツィア、ピエタ慈善院の優秀な教え子たちのために書かれたコンチェルトからなる『調和の霊感』を軸としたアルバム、"Estro Armonico – Libro secondo"(Alpha/Alpha 193)の2タイトルで、ヴィヴァルディをガッツリ聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 

ワーグナー、ニーベルングの指環、ハイライト。 [2013]

9999341422.jpg
1976年、パトリス・シェロー(1944-2013)は、バイロイト音楽祭で『ニーベルングの指環』を演出するにあたり、ワーグナー自らが書いた台本にあるゲルマン神話の世界を、産業革命の時代に読み替え、舞台上にそれまでにない斬新な情景を創り出した(今となっては定番の、オペラの読み替え演出の草分け... )。それは、突飛なようで、実は、ワーグナーが生きた時代(産業革命により旧来の支配勢力がじわじわと没落... )を突くものであり、ゲルマン神話を借りて、ワーグナーが同時代をどう見つめていたかを炙り出す試みだったと言えるのかも... そして、今、時代は、ワーグナーが生きた時代と、どこか似通って来ているような気がする。だから、今、改めてリングの物語に向き合うと、ドキっとさせられる。グレート・アゲインをやたら叫び出した後ろ向きの人々、権力者たちの足掻きは、まさに神々のそれに似ていて、さらに、神々に挑戦する欲望を剥き出しにした新興勢力、よりスマートに、より狡猾に世界を手中に収めようとする新世代の登場... そして、決定打は、世界樹(アマゾンか?)が枯れ、ライン河は氾濫(海面上昇か?)し、やがて世界を呑み込むという... いや、これは、我々の物語か?
ということで、リング!四夜、丸々は、ちょっとキツイので、フィリップ・ジョルダン率いるパリ国立オペラ管弦楽団の、ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』、オーケストラによる楽曲の数々を、2枚組で、余裕を以って取り上げるハイライト。最後、「ブリュンヒルデの自己犠牲」では、ニーナ・シュテンメ(ソプラノ)も歌うアルバム(ERATO/9999341422)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

メンデルスゾーン姉弟の弦楽四重奏曲。 [2013]

4645462.jpg
先日、マーラーの未完の交響曲、10番を、AIが完成させたというニュースに、おおっ?!となった。ま、完成させるにあたって、結構、いろいろ手掛かりのある(だけに、すでにいろいろな版があって完成されている... )、マーラーの10番だけに、作曲家、AI氏の腕前を知るには、かえって、窮屈なのでは?てか、そもそも、蛇足?なんても思うのだけれど... AIが作曲をすること自体は、とても刺激的なものを感じてしまう。そもそも、作曲という行為が、プログラミングであって... 連綿と引き継がれ、進化して来た音楽言語を用い、また新たな作品が生み出されて来た音楽史の歩みを振り返れば、作曲家の仕事と、AIによる情報処理と創作は、極めて親和性が高いはず... かのモーツァルトですら、父の音楽をベースとし、当世風を模倣し、過去に学び、自らの音楽を形作っている。そういう作業は、AIが、最も得意とするところ... ある意味、極めている!からこその、人間とは違う作曲を追求できる気がする。例えば、究極的に整理された音列音楽とか、精緻を極め切ったミニマル・ミュージックとか、超絶的に複雑な対位法とか、おもしろい試みがいろいろできそうな気がする。いや、聴いてみたい!
は、さて置きまして、どこかAIに通じる?もの(手堅い情報処理を経ての創作... )も感じさせる作曲家、音楽史上切っての優等生、メンデルスゾーンを聴いてみようかなと... エベーヌ四重奏団の演奏で、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲、2番と6番、さらにメンデルスゾーンの姉、ファニーによる弦楽四重奏曲も取り上げる一枚(Virgin CLASSICS/4645462)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

モーツァルト、2台のピアノのためのソナタ。 [2013]

ZZT306.jpg
モーツァルトは、見事なオペラ充実した交響曲確かな室内楽印象に残る教会音楽の数々を残した。改めて、その仕事ぶりを俯瞰した時、何でも卒なくこなす器用さ、オール・マイティーっぷりに、感服させられる。バッハはオペラに挑まなかったし、ベートーヴェンもオペラには苦戦した。ショパンはピアノに閉じ籠り、あれほど見事なオーケストレーションを繰り出したワーグナーは、結局、楽劇の外にあまり関心を持たなかった。あらゆる音楽に対して、意欲的である、バランス良く取り組む、ことは、難しいのかもしれない。なればこそ、希有なモーツァルト... なのだけれど、今、あえて、モーツァルトの専門は何か、を考えてみると、ピアニストだったんじゃないかなと... 前回、父、レオポルトのハンマーフリューゲルのためのソナタの素朴さに触れ、前々回、1780年代、飛躍的な進化を遂げるモーツァルトのピアノ協奏曲を思い起こすと、モーツァルトが、当時、未だ黎明期を抜け出せていなかった楽器、ピアノにおいて、如何にパイオニアであったかを思い知らされる。いや、音楽史の大きな流れから、モーツァルトの仕事を捉えれば、その最大の功績は、ピアニストとしてのものだったように感じる。
そんなモーツァルトのピアノを、×2で!ロシアのピリオドのピアノのパイオニア、アレクセイ・リュビモフと、その門下にして、ロシアのピリオドのピアノの次世代を担う、ユーリ・マルティノフのデュオによる、モーツァルトの2台のピアノのためのソナタに、2台のピアノ用にアレンジされたアダージョとフーガなど興味深い作品集めたアルバム(Zig-Zag Territoires/ZZT 306)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

生誕300年、レオポルト・モーツァルト。 [2013]

OC860.jpg
えーっと、二宮敦人著、『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』という本を読んでおります。やっぱ、天才たちのカオスというか、様子、覗き見たいじゃないですか?でもって、はじめに(は、著者にこの本を書く切っ掛けを与えた、彫刻科、藝大生妻の日常の一端がちらと取り上げられる... )、から、すでにブっ飛んでいて、一気に惹き込まれた!いや、天才たちの視点は、我々、凡才が、けして捉えることのできない地平を捉えていて、一見、ヘンテコなのだけれど、実は、圧巻なのだと思う(裏を返せば、我々、凡才が、あらゆる事象を、如何に一面的にしか見ていないか!さらに問題なのは、ある視点を模範解答とし、一面的であれ、という同調圧力まで働く... )。そういう、天才たちの視点は、如何にして生まれるのだろうか?チビチビ読み進めながら、今、もの凄く気になっている。さて、音楽に話しを戻しまして... 音楽史上、最も輝かしい天才、モーツァルトを生んだ、パパ・モーツァルトに注目してみる。というのも、今年は、レオポルト・モーツァルトの生誕300年のメモリアル!
ということで、クリスティーネ・ショルンスハイム(ハンマーフリューゲル)が弾く、レオポルト・モーツァルトのハンマーフリューゲルのためのソナタ、第1番、第2番、第3番と、リュディガー・ロッター(ヴァイオリン)、セバスティアン・ヘス(チェロ)とのトリオで、6つの教会と室内のためのトリオ・ソナタから、第1番、第2番、第3番を取り上げる2枚組(OEHMS/OC 860)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

モーツァルト、ピアノ協奏曲、19番と23番、20番と27番。 [2013]

9月、新シーズンの開幕!ということで、クラシック、な気分を盛り上げたく、普段、あまり聴かない?クラシックど真ん中な音楽を聴いてみようかなと... ベートーヴェンを準備体操に、ブラームスの交響曲、第1番シューベルトの歌曲に続いての、モーツァルト!いや、散々マニアックなあたりを彷徨っている当blogにとって、モーツァルトは、ある意味、還って来る場所なのです。そこは、無心になれる場所(モーツァルトの無邪気な音楽は、いろいろ聴き過ぎて溜まった耳垢を取り去ってくれる... )であり、また、勇気付けられる場所(あの無邪気さの背景を丁寧に見つめれば、天才、モーツァルトが、如何に努力家であったかを思い知らされ、自分もがんばらな、となる... )でもあって、特別。特別だけれど、気安さがあって、還って来ると、妙に懐かしい感じがする(のは、普段、あまり聴かないからだけではないと思う... )。こういう感覚、モーツァルトでしか得られないような...
そんな、モーツァルト!ロナルド・ブラウティハムが弾くピリオドのピアノ、ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ率いるケルン・アカデミーの演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲、19番と23番(BIS/BIS-1964)、20番と27番(BIS/BIS-2014)を聴く。

続きを読む...


nice!(5)  コメント(0) 

シューベルト、魔王、ます。 [2013]

HMC902141.jpg
突然ですが、9月4日は、クラシックの日!なのだそうです。九ら四っくなんですって... って、縁起が悪そうな数字が並んでいるのは、死に逝くクラシックを暗示させているのでしょうか?笑えねぇ... と言うより、こじ付け過ぎッ!ということで、クラシック・ファンが考える、クラシックの日って、いつだろう?音楽の父、バッハの誕生日(1685年、3月31日)とか、神童、モーツァルトの誕生日(1756年、1月27日)とか、楽聖、ベートーヴェンの誕生日(1770年、12月16日?)、あるいは、ジャジャジャジャーン!「運命」の初演の日(1808年、12月22日)、おお、フロイデ!第九の初演の日(1824年、5月7日)、ちょっと視点を変えて、クラシックのアイコン、名門、ウィーン・フィルの最初のコンサートの日(1842年、3月28日)なんても、アリかなと... けど、一番、無難なのは、シーズンが開幕する日かなと... もちろん、各オペラハウス、各オーケストラで、開幕日はバラバラだけれど、ひとつ、目安として、秋の入口、9月1日なんかを、クラシックの開幕の日、クラシックの日、としてしまうと、巧く芸術の秋の波に乗れそうな気がするのだよね。ま、近頃の9月は、あまり秋めいていないのだけれど...
ということで、秋を求めて、しっとり、リート(というのも、こじ付けっぽいのだけれどね... )。マティアス・ゲルネ(バリトン)による、シューベルトの歌曲のシリーズ、"MATTHIAS GOERNE SCHUBERT EDITION"から、Vol.7、「魔王」、「ます」の定番というか鉄板を含む19曲(harmonia mundi/HMC 902141)を、アンドレアス・ヘフリガー(ピアノ)の伴奏で聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 

ブラームス、交響曲、第1番。 [2013]

BIS1756.jpg
9月1日です。新シーズンの開幕です。ま、特にオフもなく、年がら年中、クラシックな、当blog的には、開幕もへったくれもないのが正直なところですが、ここから、また、リ-スタートというのも悪くはないなと... で、何で始める?開幕に相応しく、ザ、クラシック!みたいな音楽がいいなと... そこで、ブラームスの1番の交響曲を聴く。いやね、まったく以って個人的な意見ではありますが、ブラームスの1番こそ、クラシックのヘソではないかと前々から思っておりまして... というのも、やっぱり、クラシックのレパートリーの花形は19世紀の作品。クラシックを象徴するスタイルと言えば交響曲。で、楽聖、ベートーヴェンの交響曲の系譜を継承し、時として"ベートーヴェンの10番"なんて言われ方もするブラームスの1番は、古典主義をきちんと継承し、未来(も、今となってはクラシックの内だけれど... )へとつないだ結節点にして、「クラシック」の基点とも言える作品かなと... そんな基点へと、今一度、還って、令和元年の新シーズン、リ-スタートを切ってみたいと思います。
ということで、トマス・ダウスゴー率いるスウェーデン室内管弦楽団の、モダンとピリオドのハイブリットで、ロマン主義の時代を改めて見つめ直す意欲的なシリーズ、"Opening Doors"から、ブラームスの1番の交響曲(BIS/BIS-1756)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 

ケルビーニ、ロドイスカ。 [2013]

AM209.jpg
1780年代、パリの音楽シーンは、まさに花盛りだった。ナポリ楽派の巨匠、ピッチンニ(1728-1800)、サッキーニ(1730-86)に、ウィーンからやって来た次世代の巨匠、サリエリ(1750-1825)らがオペラ座を沸かせ、さらに、ベルギー出身のグレトリ(1741-67)が、オペラ・コミックで話題を呼び、同じくベルギー出身のゴセック(1734-1829)が指揮をしたパリの名門オーケストラ、ル・コンセール・スピリチュエルは、コンサートで聴衆を沸かせた。それに対抗する、カリヴ出身の異色のヴァイオリニスト、サン・ジョルジュ(1745-99)がコンサート・マスターを務める新たなオーケストラ、ル・コンセール・ドゥ・ラ・ロージュ・オランピーク。パリにおける空前のハイドン・ブームに乗り、パリ・セットを委嘱。まるで、ハイドンがパリにいたような錯覚を覚えさせるものの、結局、ハイドンは、パリに訪れることなく、1789年、フランス革命を迎えてしまう。そして、フランス革命が、全てを変えた。が、変わって出て来る新たな芽も... 今回は、その芽のひとつに注目したいと思う。それが、ケルビーニ!
ジェレミー・ローレル率いる、ル・セルクル・ドゥ・ラルモニの演奏、ナタリー・マンフリーノ(ソプラノ)のタイトルロールで、ケルビーニのオペラ・コミック『ロドイスカ』(ambroisie/AM 209)... 革命から2年、1791年、当時の空気を巧みに捉え人気を集めたオペラを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

バロック、インスブルック音楽紳士録、パンドルフィのソナタ集。 [2013]

A369.jpg
バロック期、イタリアの教会は、音楽センターだった!と言われても、ちょっとイメージし難いかもしれない。けれど、対抗宗教改革によって、なりふり構わず?音楽の力(は、今以上にインパクトがあったのかも... )を以ってして、人々を囲い込もうとした教会の方針が、結果、教会を音楽センター化させることに... さらにモノディーの発明(本来は極めて世俗的なものだったけれど、聖書をより力強く伝えるには最高の新技術!)が重なり、楽器の進化(パイプ・オルガンはもちろん、何と言っても一番は、ヴァイオリンの完成と、それに伴う弦楽合奏の充実!)も重なり、音楽センターは、ますます輝き、それによって、音楽もまたさらに進化を遂げて行く。で、おもしろいのは、ミサやオラトリオといった、典礼や聖書を歌うものばかりでなく、直接的にはキリスト教と関係の無い、器楽曲も充実していたこと!ということで、かつて教会を彩った器楽曲、教会ソナタに注目してみる。
グナール・レツボールのバロック・ヴァイオリンと、彼が率いるピリオド・アンサンブル、アルス・アンティクァ・オーストリアの演奏で、イタリア・バロックのヴァイオリニスト、パンドルフィの『教会と室内のためのソナタ集』、Op.3(ARCANA/A 369)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)