So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドビュッシー、ラヴェル、デュティユー、弦楽四重奏曲。 [2010]

HMC902067.jpg
2018年は、ドビュッシー・イヤー!ということで、改めてドビュッシーという存在を見つめるのだけれど... 見つめれば、見つめるほど、これまで、この作曲家を、安易な"イメージ"で捉えて来たことを思い知らされる。いや、これほど"イメージ"で捉え易い作曲家も他にはいない。まさにフランスっぽく、お洒落で、粋で、遊びがあって、天の邪鬼なところもあるけれど、それもまた、この人ならではのダンディズムであって... そして、何と言っても、印象主義... 印象=イメージを紡ぎ出す音楽は、ドビュッシーという存在そのものに思える。けれど、「印象主義」という言葉を生み出したモネら印象派の絵画同様に、単なる印象="イメージ"には流されない、如何にして印象=像を結ぶかという、新しい実態の捉え方を示して、音楽史に大きな刺激を与えた事実。それは、ドビュッシー(1868-1918)に続く世代、ウルトラ・ロマンティシズムから音列音楽へと至ったシェーンベルク(1874-1951)や、『春の祭典』で震撼させたストラヴィンスキー(1882-1971)の革命よりも、凄いことだったように感じる。
ということで、ドビュッシーに始まる印象主義の歩みを辿ってみようかなと... ジャン・キアン・ケラス(チェロ)を中心に実力者が集ったアルカント四重奏団による、ドビュッシー、ラヴェル、デュティユーの弦楽四重奏曲(harmonia mundi/HMC 902067)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クープラン家、繁栄の扉を開く、夭折の天才、ルイ... [2010]

AP006.jpg
2018年は、フランソワ・クープランの生誕350年のメモリアルということで、クープランを足掛かりに、フランス・バロックを巡って来たのだけれど、クープランはひとりじゃないのだよね... そこで、"クープラン家"に注目。でもって、フランス音楽史に燦然と輝く家名、クープラン!その出自は、イル・ド・フランス(パリを中心とした地域圏... )の農家。16世紀後半、法律や金融の世界で身を起こしたフランソワの曽祖父、マテュランが、アマチュアの演奏家としても活動したことにより、クープラン家の音楽の履歴は始まる。そのマテュランの妻、フランソワの曾祖母、アンヌは、音楽も生業にしていた家の出身だったことから、息子たちに音楽を教え、長男、フランソワの祖父、シャルルは、クープラン家が所有する農地を経営する傍ら、地元の修道院のオルガニストを務めるまでに... そして、クープランの名を最初に知らしめる存在が誕生する。シャルルの長男、フランソワの伯父、ルイ!
パリ近郊の田舎のオルガニストだったクープラン家が、一躍、パリに進出し、やがて宮廷にもポストを得て活躍する、その切っ掛けを作った人物... クリストフ・ルセのクラヴサンで、フランソワに次いで著名なルイ・クープランの組曲集(APARTÉ/AP 006)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

こどもの頃を手繰り寄せて、『くるみ割り人形』、ロシア・バレエの黄昏... [2010]

6463852.jpg
バレエは、フランス語。だけれど、語源は、イタリア語の「踊り」を意味する"ballo"、バッロに遡る。で、ルネサンス期、イタリアの各地の宮廷で踊られていたというバロ(例えば、モンテヴェルディの『情け知らずの女たちのバロ』に、その言葉を見出せる... )の、小さいもの、あるいは、軽いものと捉えるべきか、"balletto"、バレットがフランスに持ち込まれ、"ballet"、バレとなる。バレは、すぐに宮廷バレエ、バレ・ド・クールとして発展し、ルネサンス末からバロックに掛けて王家に愛され、隆盛を極めたが、やがて、参加型のバレから、鑑賞型のバレエに進化し、現在にいたるバレエが形作られる。そうしたフランスにおけるバレエも、19世紀前半、ロマンティック・バレエの出現によって、頂点を極めると、間もなく陰りが見え始め... 一方で、そのフランスに倣い、着実に成長を遂げて来たロシア・バレエが、19世紀後半、黄金期を迎える。そして、そこから、芸術全般に大きな影響を与える、ロシア・バレエ団、バレエ・リュスが誕生。20世紀前半、本家、フランスへと乗り込み、ロシア革命(1917)もあって、パリを拠点とし、モダン・バレエの扉を開いた。という風に、ざっくりとバレエ史を見つめると、イタリアからフランスへ、フランスからロシアへ、ロシアからまたフランスへ、ボールが受け渡されて行く過程が、おもしろいなと... オペラとはまた違った道筋が窺えて興味深い。しかし、バレエもまた、イタリアに端を発するのだなと...
さて、12月となりました。ということで、クリスマス!サイモン・ラトル率いる、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』(EMI/6463852)。ロシア・バレエの黄金期、チャイコフスキーの三大バレエの最後を飾るお馴染みの作品... だけれど、ラトル+ベルリン・フィルで聴くと、目が覚める思い!いや、これはバレエを越えている!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カルメンでもアルルでもないビゼー、交響曲から見つめる。 [2010]

6286130.jpg
バロック期、太陽王の豪奢な宮廷を飾るため、ヴェルサイユで大輪の花を咲かせたフランスの音楽だったが、その成果はパリにも持ち込まれ、パリっ子たちを沸かせることに... で、このパリっ子たちの音楽的欲求の高まりが、パリの音楽シーンを、ヨーロッパ随一の繁栄へと至らしめ、フランスの音楽の中心は、ヴェルサイユからパリへと移る。が、18世紀、音楽の都となったパリを目指して、ヨーロッパ中から歴戦の巨匠たちが集まるようになると、フランスの作曲家たちは、押され気味に... その傾向は、革命の混乱を乗り越えた19世紀に入ってより強まり、ヨーロッパの第一級の音楽家たちはみなパリを拠点とし、パリの音楽シーンの地位の高まりとは裏腹に、フランスの音楽は勢いを失ってしまう。が、そうした流れもやがて変わり始める... 19世紀半ば、フランスの音楽は、次々に新しい才能が誕生し、息を吹き返し始める。それを象徴する存在が、2人の天才!前回、聴いた、13歳にしてコンセルヴァトワールに入学したサン・サーンス(1835-1921)。サン・サーンスとともに、1848年、コンセルヴァトワールに入学したビゼー(1838-75)。でもって、ビゼーは、さらに若く、9歳での入学!
ということで、サン・サーンスに続いての、ビゼー... でもって、カルメンでもアルルでもないビゼー... パーヴォ・ヤルヴィが昨年まで率いたパリ管弦楽団の演奏で、ビゼーの交響曲、管弦楽版の『こどもの遊び』、交響曲「ローマ」(Virgin CLASSICS/6286130)を聴く。いや、桜も終わり、春、本番を迎える中、より花やかな音楽を聴いてみたくなっての、フランスの音楽!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハイドン・イン・ロンドン。 [2010]

V5176.jpg
ウィーン古典派の巨匠、ハイドン(1732-1809)。だが、その仕事場は、長い間、ウィーンではなく、そこから南東へ少し行った、ハンガリー西部にあった。1761年、29歳の時に、ハンガリーの大貴族、エステルハージ侯爵家の副楽長(1766年からは楽長... )となったハイドンは、以後、30年弱を、侯爵家が居を構えたアイゼンシュタット(侯爵家がもともと住んでいた宮殿。現在はオーストリア領... )、エステルハーザ(アイゼンシュタットから南西に35Kmほどのところにある、侯爵家の新しい宮殿... )で過ごすことになる。が、ハンガリーで一二を争う大領主とはいえ、同時代のウィーンやマンハイムといった宮廷に比べたら、片田舎。「楽長」の意味合いも大きく変わって来る。しかし、そこから、ヨーロッパ中にその名声を轟かせることになったのだから、興味深い(もちろん、ハイドンの才能がそれだけ抜きん出ていたこともあるだろうが... )。というエステルハージ侯爵家は、ハイドンにとってどんな場所だったか?宮仕えの忙しなさもあったものの、研究所のようなところでもあった。様々に実験を試みることのできる腕利き揃いのオーケストラがあり、またウィーンの音楽シーンから離れた片田舎だからこそ、諸々の雑音に煩わされることなく自分の音楽に集中できた。モーツァルトを始めとする同時代の作曲家たちからすれば、それはとても希有な環境だったように思う。だからこその古典主義の深化があり、あれだけ交響曲を発展させられたのだろう。エステルハージ侯爵家は、「交響曲の父」を、まさに父にした場所と言えるのかもしれない。
さて、ヨーロッパの東の王国=エスターライヒ、オーストリア、そして、その首都にして、「音楽の都」、ウィーンを、クラシックの"東"として見つめて来た、今月。前回、聴いた、『ジプシー男爵』から遡り、古典主義の時代へ... エステルハージ侯爵家での研究成果を携え、ヨーロッパ最大の音楽マーケット、ロンドンへ挑んだハイドンを追う。マルク・ミンコフスキ率いる、レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの演奏で、ハイドンの交響曲、ロンドン・セット、全12曲、4枚組(naïve/V 5176)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1773年、ヴェルサイユにて。グレトリ、『セファルとプロクリス』。 [2010]

RIC302.jpg
先日は、真夏日でありました。10月も半ばだというのに...
もう、秋なんだか、夏なんだか、いろいろと混乱してしまう。とはいえ、黄色いお化けカボチャが目立つようになれば、あっという間にクリスマス・ツリーが飾られて、すぐに正月飾りに置き換わって、2013年なんて終わってしまうのだろう。という前に、ヴェルディ、ワーグナーばかりではない、2013年、メモリアルを迎える作曲家をざっと振り返ってみようかなと。で、10月後半は、ヴェルディ、ワーグナー以外のメモリアルの作曲家たち!
まずは、没後200年、フランス、オペラ・コミックの成長期に活躍した作曲家、グレトリ。ギィ・ヴァン・ワース率いる、ベルギーのピリオド・オーケストラ、レザグレマンの演奏による、グレトリのバレエ・エロイーク『セファルとプロクリス』(RICERCARE/RIC 302)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

うつろいゆくものはなべてこれ比喩なるものにすぎず、 [2010]

88697579262.jpg
1010.gif
さて、2010年分のリリースを取り上げるのは、今回が最後...
タローの弾くショパン(Virgin CLASSICS/6855652)でスタートした音のタイル張り舗道。1年間、多少、フラフラしつつ、突っ走って参りました。そして、反省やら、感慨やら... で、これからどうしようかぁ... 何てことも考えつつの2010年分の締めは、マーラー。リリースからは随分と時間が経ってしまったのだけれど、デイヴィッド・ジンマンと彼が率いるチューリヒ・トーンハレ管弦楽団によるマーラーのツィクルスから、昨春にリリースされていた8番、「千人の交響曲」(RCA RED SEAL/88697579262)を聴く。
やっぱり2010年は生誕150年、マーラーで締め括る... そして2011年、没後100年へと繋がるマーラーでもあって... 千人という大作で、花々しく一区切り!

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バッハ―アーベル・コンサートを訪ねて... [2010]

ACC24221.jpgWinL.gif
寒い!寒い、寒い、寒い!と、この前まで嘆いていたのだけれど、ふとした瞬間に、春の兆しを感じるようなところもある今日この頃。朝、顔を洗う水の冷たさが、昨日とちょっと違う?空に浮かぶ雲の様子が、先週より何となく穏やかな気がする?射し込む陽の光が、先月に比べて角度を変えてきている?気付かないうちに、季節はまた巡りつつあって、そのことに気が付くと、少しハッピーになれる。ような。冬が迫って来る秋とは違って、春を待つというのは、何となくいいもの。なんて、ちょっと感慨に耽ったりして... ということで、春めくサウンドを...
ベルギーのピリオド・アンサンブル、イル・ガルデリーノによる、18世紀後半、ロンドンの音楽シーンを彩ったバッハ―アーベル・コンサートを再現する意欲作(ACCENT/ACC 24221)。ヨハン・クリスティアン・バッハ、カール・フリードリヒ・アーベルの、朗らかな古典派サウンドによる室内楽を楽しむ。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

北の国から、ヴァスクス篇。 [2010]

寒い!寒い、寒い、寒い!と、無駄に言ってみる。
まったく、温暖化が叫ばれているのに、この寒さは何だ!と、大気に喧嘩を売ったところで、どうにもならんのだけれど... この寒さを考えると、「温暖化」ではなく、「極端化」と言うべきなのでは?寒波だ、大雪だと、夏の猛暑と同じくらい、今、寒さがニュースを賑わせている。そして、こうも寒いと、外に出る気が失せる。それ以前に、布団から出る気が失せる(人間も冬眠すべき... なわけねーな... )。いや、寒いと、動きのみならず、思考まで鈍くなるような... そんな冬に、ちょっとストレスを感じているのだけれど...
一方で、雲ひとつないクリアな青空、瞬きが増す星々が彩る夜空、そんな、冬が見せてくれる情景には、心を洗われるものがあって... 冬の研ぎ澄まされた空気感というのは、嫌いではない。ストイックで鮮烈な季節、冬なればこその美しさは、他に代え難いもの。そして、そんな冬にぴったりはまる音楽... 冬を描くサウンド。なんて言いたくなってしまう?ラトヴィアの作曲家、ペトリス・ヴァスクス(b.1946)。若手アンサンブル、ナヴァッラ四重奏団による弦楽四重奏曲集(CHALLENGE CLASSICS/CC 72365)と、若手ピアニスト、ヴェスタルド・シムクスによるピアノ作品集(WERGO/WER 6734)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

北の国から、ペルト篇。 [2010]

エストニアの作曲家、アルヴォ・ペルト(b.1935)。
アンビエントなサウンドで、難解な"ゲンダイオンガク"とは一線を画す人気作曲家... という位置付けも、今となっては次第に変わりつつあるのか。昨年、75歳のアニヴァーサリーを迎え、それに合わせた回顧、代表作、近作、様々なアルバムがリリースされ。となると、もはや、現代音楽の巨匠。21世紀、リアルな現代を前にし、現代音楽のイメージそのものが変わりつつある中で、ペルトという存在は大きくなりつつあるように思う。ということで、昨年リリースされた印象的なペルトのアルバムを2つ振り返る。
まず、ペルトが、アンビエントな路線へと舵を切り始めた頃、過渡期の作品、3番の交響曲を取り上げる、クリスチャン・ヤルヴィの指揮、ベルリン放送交響楽団の演奏によるアルバム(SONY CLASSICAL/88697723342)。3番の交響曲から37年を経て2008年に完成された4番の交響曲を、エサ・ペッカ・サロネンが率いた、ロサンジェルス・フィルハーモニックによる初演のライヴ盤(ECM NEW SERIES/476 3957)で聴く。
アカデミックな世界の外にいたイメージもあるだけに、アカデミズムの象徴とも言える交響曲でペルトを振り返るというのは、かなり新鮮かも...

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽