So-net無料ブログ作成

没後250年、ポルポラ、ヴェネツィア、麗しきオスペダーレの魅惑... [2008]

83264.jpg
さぁ、12月ですよ。もうすぐ、2018年が終わってしまう!ということで、2018年にメモリアルを迎える作曲家を駆け込みで追っております。で、没後250年、ヴェラチーニに続いての、同じく没後250年、ポルポラ(1686-1768)に注目!いや、2018年にメモリアルを迎える作曲家で、最も注目したかった存在かもしれない... 18世紀、ヨーロッパを席巻したナポリ楽派、その先鞭を付けた存在とも言えるポルポラだけに、音楽史における重要性は、バッハを遥かに越えている(音楽におけるバッハの重要性は計り知れない一方で、"音楽史"から見つめるバッハは、哀しくなるほどローカル... )。ブレイク目前のナポリから、ルネサンス以来のヨーロッパの音楽シーンの中心にして、音楽史上最大のオペラ都市へと乗り込み、かのヴィヴァルディを追い落すほどの活躍を見せ、ナポリ楽派のオペラがヴェネツィア楽派のオペラに取って代わるという、オペラ史における大転換を画した大家。その余勢を駆って進出したロンドンでは、ヘンデルと熾烈な競争を繰り広げ、イタリア・オペラの一大ブームを築くわけだけれど、せっかくのメモリアル、オペラ以外のポルポラの仕事に注目してみようかなと...
ということで、ペーター・コップ率いるヴォーカル・コンサート・ドレスデンのコーラスで、ポルポラ、ハッセ、ガルッピによる、ヴェネツィアのオスペダーレ=孤児院付属音楽学校のための作品を集めた"Le Grazie Veneziane"(Carus/83.264)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後250年、ポルポラ、飛躍のローマ、『ジェルマニアのジェルマニコ』! [2018]

4831523.jpg
2018年は、ポルポラ・イヤー!そう、かのヘンデルを追い詰めたポルポラの没後250年... てか、ポルポラというと、やっぱりヘンデルのライヴァルというイメージ。モーツァルトに対するサリエリみたいな... 主役の引き立て役的な... けど、実際に両者がライヴァル関係にあったのは、ポルポラがヘンデルのいるロンドンにやって来た1733年から1736年までのわずか3年間。ポルポラの82年にも及ぶ長い人生からすれば、ほんの一瞬なのかもしれない。バッハ(1685-1750)が生まれた翌年、1686年、ナポリで生まれ、モーツァルト(1756-91)が最初のイタリア旅行に出る前年、1768年にナポリで世を去ったポルポラ。その間、イタリア各地を行き来し、ロンドンはもちろん、ウィーン、ドレスデンでも仕事をした旺盛な人生を振り返ると、一所に留まれない性格が見て取れるのかもしれない。裏を返せば、流浪の人生... しかし、その流浪があって、ナポリ楽派のオペラをヨーロッパ中に紹介することになるわけで... いや、音楽史にとって、ポルポラの流浪こそ、新たな時代を切り拓く鍵... 改めてバロックから古典主義へのうつろいを考える時、ポルポラの流浪は、大きな意味を持つように思う。
さて、前回は、ヴェネツィアでのポルポラ、オスペダーレ=孤児院付属音楽学校のために書かれた作品を聴いたのだけれど、ポルポラと言えば、やっぱりオペラ!ヤン・トマシュ・アダムス率いるカペラ・クラコヴィエンシスの演奏、マックス・エマヌエル・ツェンチッチ(カウンターテナー)のタイトルロールで、ポルポラのオペラ『ジェルマニアのジェルマニコ』(DECCA/4831523)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後250年、ネブラ。18世紀のサルスエラを聴く... [2011]

GCD920311.jpg
没後250年ということで、ヨーロッパ中を沸かせたヴァイオリンのヴィルトゥオーゾ、ヴェラチーニ(1690-1768)に、ナポリ楽派のオペラをヨーロッパ中に広めたマエストロ、ポルポラ(1686-1768)と、同時代を生きたイタリアの2人の音楽家を追って来たのだけれど... この2人に共通するのがヨーロッパ中を旅したこと... いや、この2人限らず、バロック期の音楽家たちは、国境も、言葉も、物ともせず、精力的に旅をしていたことに驚かされる。こうした旅の数々が、各地で様々なケミストリーをもたらしたわけだ。一方で、あまり旅をしなかった作曲家も、もちろん多くいる。その代表がバッハ... イタリアへの強い関心を示しながら、終生、中部ドイツの狭い範囲で活動を続け、ローカルな場所に留まりつつも、逆に、このローカル性が、やがて、時代を超越する音楽を形成にするに至ったのだから、おもしろい。さて、もうひとり、没後250年の作曲家を取り上げたいと思う。やはり、旅をしなかったスペインの作曲家、ネブラ... イベリア半島の外に出ることはなかったものの、国境を越えて押し寄せて来る新しい音楽(まさにナポリ楽派!)に器用に乗っかって、バロック期のスペインで大活躍した作曲家...
ということで、エミリオ・モレーノ率いる、スペインのピリオド・オーケストラ、エル・コンチェルト・エスパニョールの演奏、マルタ・アルマハーノ(ソプラノ)のタイトルロールで、ネブラのサルスエラ『トラシアのイフィヘニア』(GLOSSA/GCD 920311)。サルスエラというと、スペイン情緒満載の喜歌劇というイメージだけれど、時代を遡れば、ナポリ楽派風のサルスエラもあった!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後200年、ガッツァニーガ。もうひとつのドン・ジョヴァンニ... [before 2005]

SK46693.jpg
突然ですが、18世紀の音楽を、クリスマス・ケーキに例えてみます。すぐに目に付くサンタの飾りは、モーツァルトでしょうか、チョコレートで書かれた"Merry Christmas"の文字は、バッハでしょうか、クリスマス・ツリーの飾りは、ヘンデル?柊の赤い実は、ヴィヴァルディ?それらを美しく取り囲むクリームのデコレーションは、ハイドンかな... そして、みんな、そうした飾りにばかり目が奪われてしまって、ケーキ本体を食べてないよね?幾層にも積まれたスポンジとクリーム、時にはフルーツが挟まっていて... そういうコンビネーションがあって、しっかりと全体を味わってこそ美味しい18世紀の音楽!なんて考えてしまったのは、没後250年を迎えた作曲家たち、コジェルフヴェラチーニポルポラネブラと聴いて来て... ヴィヴァルディ、ヘンデル、バッハ、ハイドン、モーツァルトの周りには、常に豊かな音楽が鳴り響き、共鳴し合い、そこにこそ、おもしろさがあると思う。
ということで、没後200年を迎えたガッツァニーガに注目!で、ガッツァニーガの名前を知る切っ掛けとなる、もうひとつの『ドン・ジョヴァンニ』、モーツァルトよりも9ヶ月ほど先んじて初演され、その台本の下敷きとされたガッツァニーガのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』(SONY CLASSICAL/SK 46693)を、ブルーノ・ヴァイルの指揮、ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の演奏で聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニのナポリ時代、オペラ・セリア、集大成、『セミラーミデ』! [2013]

8660340.jpg
冬らしく、寒くなって参りました。すると、年の瀬なんだな、という気分になって来ます。そうして、2018年が過ぎゆくのを噛み締める... こんな年、早く終わっちまえ(って、未だにそう思わせることが、日本で、世界で、起こるのだよね... ため息... )!と、思い続けて、年の瀬に至って、それだけのことがあった2018年を、今は、噛み締めるような感覚もあるのかなと... いや、これが年の瀬の心境なんだろうなと... 先日、流行語大賞、「そだねー」に決まりましたが、この語を生んだ2月のピョンチャンが、もんの凄く遠く感じられる(そもそも、かの国が、遠くに感じられる。そして、遠い国に、遠い目しか向けられない... 今... )。いや、まさに、この遠さにこそ、ありとあらゆることが押し寄せて来て、うわーっとなっていた2018年を思い知らされる。なればこそ、「そだねー」の語が、沁みる。女子カーリング日本チームを銅メダルに導いた、ネガティヴを断ち切るための「そだねー」は、流行語というより、2018年を呑み込むための、魔法の言葉に思えて来る。まさに、今、求められる言葉... そだねー、そだったよねー、と、2018年を振り返れば、よりポジティヴに2019年へと踏み出せそうな気がして来る。
さて、先月後半から、絶賛、メモリアル巡礼中の当blog... 再び、2018年の顔、没後150年のロッシーニへと還る。アントニオ・フォリアーニの指揮、ヴィルトゥオージ・ブルネンシスの演奏、アレクサンドリナ・ペンダチャンスカ(ソプラノ)のタイトルロールで、ロッシーニのオペラ『セミラーミデ』(NAXOS/8.660340)、ドイツ、ヴィルトバートのロッシーニ音楽祭のライヴ盤で聴く。

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニのパリ時代、『ランスへの旅』から『オリー伯爵』へ... [before 2005]

あちこちにクリスマスの飾り付け、そしてイルミネーションと、俄然、キラキラとしている年の瀬の街並み... 単細胞なのか、師走の忙しなさがあってなのか、妙にテンション上がり目な今日この頃... でもって、そんな街並みを縫いながら、正月支度の買い物に追われた先日、振り返ってみると、凄い状況だなと... クリスマスと、正月が、錯綜!このスラップスティックに笑ってしまった。まるで、ロッシーニのオペラ・ブッファの1幕の幕切れみたいな感じ、まさに、山場!てか、耳を澄ますと、どこからともなく、ロッシーニ・クレッシェンドが聴こえて来そうな... いや、普段の倍、それも倍速で動き回らねばならないこの年末も、ロッシーニのブッファかと思えば、何だか楽しくなって来る?なんて戯言はさて置きまして、ロッシーニ・イヤーも、残すところあと2週間。年初に、器楽作品、宗教作品、機会音楽と、大胆にもと言うか、メモリアルならではの、いつもと違う視点からロッシーニに注目したのですが、やっぱり、オペラを聴かねば!ということで、ロッシーニのイタリア時代、最後のオペラを聴いた前回... に続いて、今度は、イタリアを後にして、パリに拠点を移してからのオペラに注目してみようかなと...
クラウディオ・アバドが率いたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、豪華歌手陣が結集しての『ランスへの旅』(SONY CLASSICAL/S2K 53 336)と、その改編作、ヘスス・ロペス・コボスの指揮、ボローニャ市歌劇場管弦楽団の演奏、ファン・ディエゴ・フローレス(テノール)のタイトロールで、『オリー伯爵』(Deutsche Grammophon/477 5020)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベルリンを離れて、ラトル、ニュートラルな『ペレアスとメリザンド』。 [2017]

LSO0790.jpg
うわーっ、12月20日です!2018年が、本当にもう凄く終わってしまう!大掃除が完了していない、年賀状が書き終わっていない、で、他にもやること山積みだよ... という事態になりました。通常運転です。はぁ~ ため息... は、ともかく、2018年はドビュッシー・イヤー!没後100年のメモリアル... 当blogでは、未完のオペラ、『ロドリーグとシメーヌ』『アッシャー家の崩壊』と『鐘楼の悪魔』、それから、エラールのピアノで聴く前奏曲集に、ドビュッシーに始まるフランス印象主義の系譜を追う弦楽四重奏曲集と、マニアックかつ魅惑的な4タイトルを取り上げました。が、ドビッュシーの代表作を取り上げていないのが心残り... ということで、これぞ、ドビュッシー!という代表作を取り上げようと思うのだけれど、これぞ、ドビュッシーと言える作品は何だろう?『海』?「月の光」?牧神の午後への前奏曲?どれもドビュッシーらしさを象徴する代表作なのだけれど、当blog的には、『ペレアスとメリザンド』を選んでみる。それは、ドビュッシーの芸術の全てをひとつにまとめたような音楽...
サイモン・ラトル率いるロンドン交響楽団の演奏、マグダレーナ・コジェナー(メッゾ・ソプラノ)、クリスティアン・ゲルハーへル(バリトン)、ジェラルド・フィンリー(バス)ら、手堅く実力派を揃えての、ドビッュシーのオペラ『ペレアスとメリザンド』(LSO live/LSO 0790)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

第九、日本初演、100年目の年の瀬に聴く、第九。 [2017]

Alpha476.jpg
没後150年のロッシーニに、没後100年のドビュッシー... 2018年のクラシックの顔を、改めて見つめた今月半ば。ここで視点を変えまして、今年、日本初演100年のメモリアルを迎えた、あの年末の定番に注目!そう、第九です。1824年、ウィーンで初演されて以来、間もなく2世紀が経とうという中、ウィーンから遠く離れた東の果て、日本で、今や1万人で歌えてしまうほどの知名度を得た事実... 楽聖は、あの世から、どんな風に見つめているだろう?初演時、すでに耳が聴こえなくなっていたベートーヴェン、第九に熱狂する客席に気付かず、アルト歌手に促され、初めて客席の方へと向き直り、その大成功を知ったというエピソードを思い起こすと、日本の年末の様子も、感慨を以って見つめてくれる気がする。1万人なんて、コンサートという観点からすれば、正気の沙汰ではないけれど、1万人もの人々がひとつ声を揃えて歌うことは、まさに第九の精神を具現化したと言えるわけで... 何なら1万人なんて限ることなく、日本全国で、同時刻、それぞれの場所で、一斉に歌い出せばいい... いや、日本に限らず、全世界で歌えば、このギスギスとした21世紀の空気感も変わるかもしれない。
なんて夢想しながら、改めて第九を味わう。マルティン・ハーゼルベックが率いるピリオド・オーケストラ、ウィーン・アカデミー管弦楽団による、ベートーヴェンの初演時の響きに、初演会場まで考慮して可能な限り迫ろうという実にチャレンジングなシリーズ、"RESOUND BEETHOVEN"から、VOL.5、ベートーヴェンの交響曲、第9番、「合唱付き」(Alpha/Alpha 476)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年、今年の音楽、ベリオ、シンフォニア。 [2016]

 HMC902180.jpg
クリスマスが過ぎました。後は、お正月に向けて、一直線ですね。さて、今年の漢字、"災"でした。はぁ、そうですか。という感じであります。ちなみに、昨年が"北"。ぶっちゃけ、"北(朝鮮)"に、"災(害)"って、能がねーなーと突っ込まずにおられません。毎年、清水寺の偉いお坊さんが出て来て、清水の舞台でしたためる今年の漢字、したためられる字の、含蓄の無さに、もはや脱力するばかり... って、公募で1番数の多かった字が自動的に選ぶのだから、仕方ない(漢字検定1級の人のみを対象に公募したら、おもしろいだろうなぁ... )のだけれどね... いや、公募で1番って、結局、一番つまらなかったりするのだなと... でもって、2番、3番の方によりセンスを感じること、多々あり(ちなみに、今年の2番が"終"、3番が"平"だったとのこと... )。そういうことが頭にあったか?公募しておきながら、公募であることをあっさりスルーしてみせた、JR東日本。山手線の新駅、"高輪ゲートウェイ"。スルーし過ぎて、ナンジャアコリャア?!誰が決めた?!となって、物議を醸す。いや、"災"にしろ、"高輪ゲートウェイ"にしろ、2018年の浅さ、軽さが、それらに表れているようで、かえって2018年を象徴しているのかも...
ということで、今年もやります。音のタイル張り舗道。が選ぶ、今年の音楽!もちろん、公募じゃないので、"高輪ゲートウェイ"を突き抜けた作品を選んじゃうよ!で、2018年の音楽は... ベリオのシンフォニア!ジュゼップ・ポンスの指揮、BBC交響楽団の演奏、シナジー・ヴォーカルズのヴォーカルで、ベリオのシンフォニア(harmonia mundi/HMC 902180)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

さようなら、2018年。 [overview]

2018年が、もうすぐ終わります。それにしても、凄い一年です。オリンピックなど、輝かしい瞬間が訪れる一方で、自然が猛威を振るう!隠されていたドス黒いものが次々に明るみとなる!あっちで、こっちで、エゴがぶつかり合うだけの不毛!良くも悪くも沸き返った一年でありました。いや、そんな一年にまともに向き合っていたら、疲弊してしまう。まさに、混沌の一年... ということで、前回、カオスが逆巻くベリオのシンフォニアを、"今年の音楽"に選んでみたのだけれど、ふと思う。昨年は何を選んだっけ?で、振り返ってみたら、『サロメ』でした。一昨年は?『ル・グラン・マカーブル』。ふぅ~ 自分で選んでおいて何ですが、この3年、本当に酷かったのだなと、つくづく思わされるチョイス。『ル・グラン・マカーブル』は、トンデモ終末論で、『サロメ』は、エゴに溺れての頽廃... からの、カオスが逆巻くわけです。我々は、今、そういう時代を生きているのだなと... いや、2019年は、明るい年であって欲しい!改元もあるし、何か、真新しい音楽を、"今年の音楽"として、選びたい!
という、先の話しはひとまず置きまして、2018年、最後のupは、今年一年の音のタイル張り舗道。を、ざっと振り返ります(えーっと、当blog的にも、酷い一年でありまして... スランプ?だったのか、文章が書けない。考えが深まらない。下手をすると、音楽すら耳に入って来ないという状況に陥り、いろいろ穴開いてます。年号が改まるまでには、穴埋められたいいな... )。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽