So-net無料ブログ作成

メランコリーが効いてきて... [2010]

SISYPHE015.jpg
1010.gif
寒い、寒くない、寒い、寒くない、寒い、寒い...
春は訪れてくれるのか、くれないのかを占う。いや、桜が終わって、春に待たされるという、予想外の事態に、調子が狂う。で、調子が狂って、まさに風邪の前兆... こう焦らされると、いい加減にしてくれ!なんても言いたくなる。4月も下旬、それとも春に嫌われてしまったのだろうか?当たり前のように訪れていたものに、つれなくされて、何かこう、気分は重くなる。そんな4月に、ロシアのロマンティックなピアノを聴くのは、気鬱症を加速させるか?いや、こんな4月だからこそ、ロシアのメランコリーは、たまらないものがある。
フランスのピアニスト、ジョナタン・ベニシューが弾く、スクリャービン(SISYPHE/SISYPHE 015)... 3番、5番、10番のピアノ・ソナタに、練習曲を挿んで、神秘主義に魅入られる以前の、甘くメランコリックなサウンドと、神秘主義に彩られたサウンド、センス良く並べて、夢見るようなスクリャービン・ワールドを響かせる... そんな1枚を聴く。

まずは、久々に聴くスクリャービンに、クラクラ来てしまう(このアルバムに関しては、初めの内だけなのだが... )。
スクリャービンというと、どうしても「法悦の詩」といった神秘主義のイメージが強い。だが、彼のピアノ曲は、夢見るようにロマンティックでして... 何でも、かなりのうぬぼれ屋だったなんて話しを聞くと、納得のスクリャービン・ワールドだったりする。加減を知らない、甘くメランコリックな音楽... リアルな世界に生きていると、どうもこっ恥ずかしくなって、中てられもするのだが、かなりのうぬぼれ屋な分、作為を感じないロマンティックでもあって。同世代のラフマニノフのロマンティックとは一味違い、突き抜けて、浮世離れして、夢見るようにロマンティック。この夢見る感覚の先に、後の神秘主義はあるのかもしれない...
そんな音楽を、極めてクリアなベニシューのタッチが捉えれば、また独特。ロシア芸術が誇る(?)、ヘヴィーさ(例えば、この冬、最大の懸案事項だったラフマニノフの鐘とか?)から解放されて、無邪気に宙を舞うスクリャービンの音楽は、どこかフランスの音楽を聴いているよう。何より、甘くメランコリックなあたりが濃くならない。時折、あまりのムーディーさに、チープさすら漂うはずのスクリャービンのロマンティックは、ベニシューの手で、一度、解体されて、一音一音を印象派の絵画のように、点描で描き直されてゆく。すると、スクリャービンの無邪気さが捉えていた、一音一音の瑞々しい色彩が活きて、甘くメランコリックでありながらも、ロマンティックが、どこか抽象的な輝きを放ち始める。そんな表情が、ナチュラルに神秘主義を導き出し、見事にスクリャービンの2つの性格を結び付けてしまう、ベニシュー。彼は、ロマンティックと神秘主義、この異なる2つの性格を、コントラストで捉えない。そして、それを実現し得るセンス、バランス感覚に驚かされる。
しかし、上質なメランコリーだ。あまりに心地良く、何より美しい。その美しさに触れていると、やがてそのメランコリーが効いてきて、独特の酩酊感に包まれて... ベニシューのスクリャービンには、ちょっと麻薬的な魅力がある。そして、その先に、神秘の幻影を見る?いや、幻影というよりは夢見る感覚か?アルバムの後半、10番のソナタ(track.10)を過ぎたあたりから、目覚めることのない夢の中を彷徨うようで... 神秘主義は、ファンタジックな色合いを濃くして魅惑的。すっかり酔わせてくれる。で、風邪の前兆... そんな、ぼぉーっとした頭には、ベニシューのスクリャービンが、余計に効いてくる。

JONATHAN BENICHOU Alexandre Scriabine

スクリャービン : ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調 Op.23
スクリャービン : 練習曲 Op.42 より 第4番、第5番
スクリャービン : ピアノ・ソナタ 第5番 Op.53
スクリャービン : 練習曲 Op.8 より 第11番、第12番
スクリャービン : ピアノ・ソナタ 第10番 Op.70
スクリャービン : 練習曲 Op.65 より 第2番、第3番
スクリャービン : 詩曲 『炎に向かいて』 Op.72

ジョナタン・ベニシュー(ピアノ)

SISYPHE/SISYPHE 015




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0