So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

生誕100年、ベルント・アロイス・ツィンマーマン。 [2016]

WER73402.jpg
11月も後半となり、紅白がどうのと話題に出て来ると、年の瀬感、俄然、出て来ます。となると、来年はどーなんだ?世の中的には、改元というビッグ・イヴェント(平成が終わるばかりでなく、明治以来の世が改まる... 何しろ、上皇さま、復活!)が待っておりますが、クラシック的には、どんな一年になるのかな?と、来年、メモリアルを迎える作曲家を、ざっと見渡してみた。ら、意外と少な目?ベルリオーズの没後150年が目玉になって来るとは思うのだけれど、今年に比べると、何となくインパクトに欠ける一年となるのか... モーツァルトではなく、そのパパ、レオポルトの生誕300年だったり、シューマンではなく、その妻、クララの生誕200年だったり... いや、こういう大家を支えた人物たちにスポットが当たることは、大家の新たな一面もクローズアップされ、大歓迎なのだけれど、やっぱり物足りない?とか思ってしまうのは、今年が、あまりにお祭り状態だったからだろうな... すでに10人のメモリアルを迎えた作曲家を取り上げたのだけれど、まだまだいる取り上げたい作曲家たち!
ということで、没後50年のピツェッティ、カステルヌウォーヴォ・テデスコに続いて、生誕100年、ベルント・アロイス・ツィンマーマンに注目... ペーター・ヒルシュの指揮、ケルンWDR交響楽団の演奏で、ツィンマーマンの1楽章の交響曲、ジョストラ・ジェノヴェーゼ、弦楽オーケストラのための協奏曲、ユビュ王の晩餐の音楽(WERGO/WER 7340-2)の4作品を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後50年、ピツェッティとカステルヌウォーヴォ・テデスコ。 [2009]

さて、11月も半ばになろうとしております。で、秋は、深まっているのでしょうか?ここのところ、変に気温の高い日があって、戸惑います。が、それでも、暦の上では、2018年の終わりが見えて参りました。そこで、今年、メモリアルを迎える作曲家を、改めて見つめてみようかなと... でもって、これまで取り上げて来た中(没後400年のカッチーニ、生誕350年のクープラン、生誕200年のグノー、没後150年のロッシーニ、没後100年のドビュッシーなどなど... )でも、最も新しいメモリアル、没後50年の作曲家に注目!20世紀、イタリア近代音楽を彩った2人の作曲家、ピツェッティとカステルヌウォーヴォ・テデスコ... 師弟関係にありながらも、1930年代、ファシズムが2人の運命を分かつ。師、ピツェッティは、体制に接近し、ユダヤ系のカステルヌウォーヴォ・テデスコは、アメリカへと亡命を余儀なくされる。が、奇しくも、同じ年、1968年に亡くなった2人...
クレイグ・ヘッラ・ジョンソンが率いるアメリカの合唱団、コンスピラーレの、ピツェッティのレクイエムを含む、近現代のレクイエムを集めたアルバム、"Requiem"(harmonia mundi/HMU 807518)と、アレッサンドロ・マランゴーニが弾く、ピアノでイエスの物語を綴る、カステルヌウォーヴォ・テデスコの『エヴァンゲリオン』(NAXOS/8.573316)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ラヴェル、クープランの墓。 [before 2005]

4760941.jpg
今年は、第1次世界大戦の終戦から100年... そして、本日、11月11日が、まさにその100年目の日となります。さて、『惑星』に始まり、第1次大戦中に作曲された音楽をいろいろ聴いて来たのだけれど、戦時下でも、作曲家の創作意欲は衰えず、様々な作品が生まれていたことに驚かされる。一方で、音楽どころではなかったのも事実... そして、多くの命が失われた現実... 音楽界からも多くの犠牲者が出ました。これから才能を開花させただろう若き作曲家たち、イギリスのバターワース(1886-1916)や、ドイツのシュテファン(1887-1915)らが、兵士として戦場に散り... また、民間人にも多くの犠牲を出した第1次大戦、フランスのマニャール(1865-1914)は、西部戦線に近い自らの屋敷に留まって、ドイツ兵と撃ち合いとなり、屋敷諸共火を掛けられ命を落としている。スペインのグラナドス(1867-1916)は、アメリカからの帰国の途上、乗船していた客船がドイツの潜水艦の攻撃を受け、ドーヴァー海峡で亡くなっている。そんな、多くの犠牲を悼み、追悼の曲を聴く。
自らも兵士として戦場に赴いたラヴェルが、戦場に散った戦友たちに捧げたトンボー、ピアノのための組曲、『クープランの墓』を、終戦から100年、レクイエムの代わりに... ロジェ・ミュラロのピアノで、ラヴェルのピアノ作品全集(ACCORD/4760941)で聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

第1次世界大戦下、兵士の姿を見つめる音楽、兵士の物語、タラス・ブーリバ... [2018]

今年は、第1次世界大戦の終戦から100年... ということで、第1次大戦中の音楽に注目しております。とはいえ、戦時下、音楽どころではなかったのも事実。終戦の年、プッチーニが三部作を初演しようとした時、歌手たちはみな戦場に駆り出されており、ヨーロッパでの初演を見送っているほど... そう、多くの音楽家たちが、戦闘に立たされたのが第1次大戦。ヴォーン・ウィリアムズは、義勇兵としてイギリス軍の砲兵隊に加わり、ラヴェルはフランス軍で輸送兵として働き、イベールは海軍士官を務めていた。さらに、オネゲルはスイス軍(スイスは中立国だったが... )に従軍し、国境警備にあたり、ヒンデミットはドイツ軍の軍楽隊に、シェーンベルクとベルクはオーストリア軍に召集され、それぞれ、故国のために戦っている。いや、まさに、敵味方に分かれて戦っていたわけだ... 音楽性を巡って対立することはあっても、実際に銃口を突き合わせていたとは、かなり衝撃的。もちろん、それが戦争の現実ではあるのだけれど、第1次大戦は、20世紀音楽を彩る作曲家たちを兵士にしていた。
ということで、第1次大戦下に書かれた兵士たちの物語... ジャン・クリストフ・ガイヨーの指揮、オリヴィエ・シャルリ(ヴァイオリン)ら、フランスの音楽家によるアンサンブルで、ストラヴィンスキーの『兵士の物語』(harmonia mundi/HMM 902354)。ジョナサン・ノットが率いた、バンベルク交響楽団の演奏で、ヤナーチェクの『タラス・ブーリバ』(TUDOR/TUDOR 7135)を聴く。

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

プッチーニ、三部作。 [before 2005]

5565872.jpg
今年は、第1次世界大戦の終戦から100年... ということで、前回、第1次大戦中のドイツ=リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)と、デンマーク=ニールセン(1865-1931)に注目してみたのだけれど、南に下って、イタリア=プッチーニ(1858-1924)に注目してみる。で、プッチーニの戦争の向き合い方は、どこかリヒャルトに似ている。『ラ・ボエーム』(1896)、『トスカ』(1900)、『蝶々夫人』(1904)を立て続けに世に送り出し、国境を越えて人気を獲得していたオペラの大家にとって、ヨーロッパが2つに分かれて戦うなんて、ナンセンス... そもそも、プッチーニの国、イタリアは、ドイツ―オーストリアと三国同盟を結んでおきながら、第1次大戦が勃発すると中立を宣言。その1年後には、イギリス―フランス―ロシアの三国協商側に立って参戦するというカメレオンっぷり... こうしたあたりは、プッチーニの行動にも見受けられ、中立国、スイスを介し、敵国となったオーストリア、ウィーンからの仕事をこなしてしまう大胆さ!そうして作曲されたのが『つばめ』... さすがにウィーンでの初演は難しくなり、1917年、中立国、モナコで初演されるのだけれど、いやはや強か。リヒャルトみたいに、アルプスに引き籠るようなことはしない。そして、そんな『つばめ』と並行して作曲されていたのが、意欲作、三部作。
アントニオ・パッパーノの指揮、ロンドン交響楽団の演奏、マリア・グレギーナ(ソプラノ)、クリスティーナ・ガイヤルド・ドマス(ソプラノ)、アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)ら、スター、実力派、ふんだんにキャスティングされた豪華歌手陣で、1幕モノのオペラ『外套』、『修道女アンジェリカ』、『ジャンニ・スキッキ』からなる、プッチーニの三部作(EMI/5 56587 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

第1次世界大戦下の交響曲、アルプス交響曲と「滅ぼし得ざるもの」。 [2011]

今年は、第1次世界大戦終結から100年... とはいえ、日本人にとっての戦争は、やはり第2次大戦(1939-45)であって、第1次大戦は、何となくインパクトに欠ける?しかしながら、最初の近代戦であり、戦車、毒ガス、機関銃、潜水艦が戦場に出現、それまでにはあり得なかった数の犠牲者を生み、戦争の在り方を大きく変えてしまったのが第1次大戦... 人類の歴史において、欠くことのできないターニング・ポイントと言える。一方で、前線こそ凄惨な状況が続くも、前線から離れれば、思いの外、平和な光景も広がっており、ドイツなどでは、戦争景気に後押され、音楽シーンが活況を呈していたこともあったのだとか... こうしたあたりは、第2次大戦に比べれば、随分と牧歌的だったなと、何だか隔世の観がある。とはいえ、戦時の緊張感は世界を覆い、様々な場面で影を落とす。当然ながら音楽も様々に影響を受ける。興味深いのは、前回、聴いた、『惑星』をはじめ、魅力的な作品が多く生み出されていること... 戦争という死と直結した状況が、作曲家の感性を鋭くさせるのか?
ということで、第1次大戦中に作曲された音楽に注目してみる。アンドリス・ネルソンスが率いた、バーミンガム市交響楽団の演奏で、リヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲(ORFEO/C 833 111 A)と、ミケル・シェーンヴァントの指揮、デンマーク国立交響楽団の演奏で、ニールセンの4番の交響曲、「滅ぼし得ざるもの」(DACAPO/8.224156)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ホルスト、惑星。 [2010]

LPO0047.jpg
さて、明日は、ハロウィンです。一部、すでに、大騒ぎになっているようですが... 今や、大騒ぎするほど根付いてしまったことが凄い!日本人の柔軟性に、改めて感じ入ってしまう。一方で、ハロウィンの起源(キリスト教以前に遡る、ケルトの大晦日... )を紐解いてみると、何となくお盆に通じるものがあって、日本で大騒ぎするほど受け入れられた素地もあったのかなと、興味深く思う。ところで、万霊節(リヒャルト・シュトラウスの歌曲で知られる... )って、ハロウィンのことだったのですね。近頃、巷で人気の5歳児から教えていただきました(これまで、何とボーッと「万霊節」を聴いて来たことか... )。それはともかく、ハロウィンにクラシックに因んだ仮装をするとしたら、あなたは何になりますか?ワタクシは、山高帽を被って、丸メガネで、サティ(何か、妖怪っぽいし... )!で、よりハロウィンっぽく、雰囲気を出すなら、幻想交響曲のサバトの幻想に溺れるイっちゃったお兄さんかな... いや、みんなで仮装して、幻想交響曲を聴くとか、そういうコンサートがあってもいいような気がする。
ということで、幻想交響曲を聴く?いや、聴かない... 前回、平均律クラヴィーア曲集に宇宙を感じたので、宇宙へと飛び出します!ウラディーミル・ユロフスキ率いる、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ホルストの『惑星』(London Philharmonic Orchestra/LPO 0047)!てか、『惑星』は、占星術に基づく作品だから、実は、ハロウィンこそ、しっくり、来る?

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

バッハ、平均律クラヴィーア曲集、第1巻。 [2014]

4792784.jpg
10月は、「癒し系」で、癒される。ということで、不眠症の伯爵のための睡眠導入剤、バッハ、ゴルトベルク変奏曲に始まり、中世に、ロマン主義に、日本からアラスカまで、様々に「癒し系」を探り、巡って来たのですが、改めて「癒し系」クラシックという在り方と向き合って、いろいろ見えて来ることもあり、実に興味深かったなと... 普段、「癒し系」だなんて、クラシックのコアなあたりからすると、馬鹿にされがちではありますが、クラシックに癒される現代という逆の視点を持つとまた新たな風景が広がるのかもしれません。いや、音楽とは、そもそも癒しなのではないだろうか?音楽ばかり聴いていられない環境を生きるのが人間であって、そうした中で傷付き、歪み、疲れたところに、音楽はその心に寄り添い、鼓舞し、整え、癒して来たのでは?中世における、ムジカ・フマーナ(人間の身体を調律する音楽)の考え方が、今は、もの凄くしっくりと来る。こういう、今は失われてしまった考え方を意識すると、クラシックのみならず、音楽全体に、また新たな可能性が拓けて来るような気がする。
そんな心境を以って、再び、音楽の父、バッハへと還る。ピエール・ロラン・エマールのピアノで、バッハの平均律クラヴィーア曲集、第1巻(Deutsche Grammophon/479 2784)。今、改めてこの音楽に触れてみれば、中世の音楽の思想を見出すのか...

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リヒャルト・シュトラウス、ドイツ・モテット。 [before 2005]

CHAN9223.jpg
この間、天気予報を見ていたら、本州中央の尾根筋を軸に、紅く色付く衛星写真が映し出されて、びっくりした。木が、森が、山が紅葉するのではなく、日本列島そのものが紅葉している!そもそも、紅葉って、宇宙からもわかるんだ?!そして、そのスケールの大きさ、紅く色付いた日本の姿に、感慨深いものを感じてしまう。毎年、秋になると、紅くなる日本... 普段、何気なく見つめる紅葉も、その視点を宇宙まで引いて見つめれば、また違ったイメージが浮かび上がる。こういう風に、自在に視点を動かすことができたならば、世の中、いろいろ変わるんじゃないかなと、ふと、そんなことを思う。いや、現代人の視点というのは、かつてよりも、随分と低くなってしまって、足元ばかりにしか及ばない気がする。邪魔なら殺せばいいし、気に食わなければ離脱すればいいし、都合が悪ければ改ざんすればいいし、とりあえず反対しておけばいいし... つくづく、不毛だなと思い知らされる今日この頃。10月は、「癒し系」で、癒されるはずが、今や、癒しどころでなくて、厭世です(遠い目... )。はぁ...
そんな厭世気分に、最適?美しきリヒャルト・シュトラウスのア・カペラ!シュテファン・パルクマンが率いたデンマーク国立放送合唱団による、リヒャルト・シュトラウスの無伴奏合唱のための作品集(CHANDOS/CHAN 9223)を聴く。いや、やっぱり癒される。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

テレマンのファンタジア。 [2017]

秋バテ?2018年バテ?なんて言っていたら、そもそも21世紀にバテてないか?と思えて来た。高度情報化社会の、あらゆるものがつながるプレッシャー... 便利になった一方で、そこはかとなしに我々を縛り上げているものがあるような... なんて言い出したら、20世紀後半、高度産業化社会の即物的なスピード感にも、すでに追い立てられていたなと... 失われた云十年というもの自体が「バテ」だったような気がして来る。そういう「バテ」の歴史を振り返れば、「癒し系」クラシックへの注目や、ヒーリング・ミューシックの登場が、もの凄く腑に落ちる。20世紀末に始まる「癒し系」としてのクラシックの再ブレイク、その前にはグレゴリオ聖歌ブームがあったことを忘れるわけには行かない。その準備を果たしたのが、1970年代に遡るニュー・エイジ、アンビエント・ミュージック... 音楽に癒しを求めた道程には、近代社会、現代社会が歪んで行く様が反映されていたのだろう。そして、癒しを過去の音楽、古典=クラシックに求めるに至ったわけだ。「癒し系」クラシックは、実は、実に、意義深い。
ということで、10月は、「癒し系」で癒される... マジカルな中世から、バロック、テレマンのファンタジアへ!フランソワ・ラザレヴィチのフルートで、無伴奏フルートのための12のファンタジア(Alpha/Alpha 267)と、ルイジ・デ・フィリッピのヴァイオリンで、無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア(CHALLENGE CLASSICS/CC 72679)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -