So-net無料ブログ作成
検索選択

生誕150年、エイミー・ビーチ、堂々たるロマン主義、ピアノ協奏曲。 [2017]

CDA68130.jpg
音楽、musicの語源は、ギリシア神話の文芸(音楽を含む... )を司る女神、musa(英語で、ミューズ... )に因む。古代、音楽は、実に女性に因るものだったか?で、その後、どうだろう... 音楽史を振り返れば、女性の存在は希薄。長い間、教会で女性が歌うことは忌避されていたし、バロック期のオペラでは、女性が舞台に立つことが禁じられていたこともあった。が、音楽史を丁寧に見つめると、興味深い女性たちの存在がちらほら浮かび上がって来る。中世のマルチ・クリエイター、修道女で、神秘家で、作曲家のヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)... ルネサンス期のフェッラーラの宮廷で活動し、ジェズアルドらに大いに刺激を与えた女声ヴォーカル・アンサンブル、コンチェルト・デッレ・ドンネ... 17世紀、ヴェネツィアで活躍したシンガー・ソングライター、バルバラ・ストロッツィ(1619-77)... 同じくヴェネツィアで人気を博した、孤児院付属音楽学校の女子オーケストラの数々... ヴェルサイユを彩ったマエストラ、エリザベト・ジャケ・ド・ラ・ゲール(1665-1729)... そして、お馴染み、ピアノのヴィルトゥオーザ、クララ・シューマン(1819-96)... でもって、今回、取り上げるのが、アメリカの女性作曲家の草分け、エイミー・ビーチ(1867-1944)。今年、生誕150年のメモリアルを迎える。
ということで、hyperionの"The Romantic Piano Concerto"のシリーズから、ダニー・ドライヴァーのピアノ、レベッカ・ミラーの指揮、BBCスコティッシュ交響楽団の演奏で、エイミー・ビーチのピアノ協奏曲に、イギリスの作曲家、ドロシー・ハウエル、フランスの作曲家、セシル・シャミナードの作品も取り上げる女流ピアノ協奏曲集(hyperion/CDA 68130)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘンデル、水上の音楽。 [2017]

A432.jpg
8月、夏休みということもあって、こどもたちの姿をあちこちで目にする。だからだろうか、何となく街の表情も、いつもより楽しげに映るような... そして、夕闇が迫る頃、どこからともなく太鼓の音が聴こえて来て、浴衣姿の人を見掛ければ、ああ、盆踊りがあるんだなと... 遠くで、ドォンっ!と音が響けば、夜空に花火をつい探してしまう... こういう夏の楽しみの気配に、何だかワクワクさせられる。改めて、見渡せば、夏には、いつもとは違う、非日常が、そこかしこに仕掛けられているようで、おもしろい。そんな非日常に出くわすと、異界に迷い込んだようで、ちょっと眩惑される。さて、音楽であります。盆踊りに、花火と、夏は、やっぱり祭りかなと... ならば、祝祭の音楽に注目してみよう!ということで、今からちょうど300年前の夏へと遡ってみることに...
1717年、ロンドン、テムズ川でのページェント!アルフレード・ベルナルディーニが率いる、ピリオド・オーケストラ、ゼフィロの演奏で、今年、初演、300年を迎えるバロックの定番、ヘンデルの『水上の音楽』(ARCANA/A 432)。改めて、この人気作を見つめる。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽