So-net無料ブログ作成
検索選択

ファルスタッフ... 世の中、全て、冗談だ! [before 2005]

4626032.jpg
2013年は、ヴェルディ(1813-1901)の生誕200年のメモリアル。
なんて、今さら書かんでも... とは思うのだけれど、来月10日が、ヴェルディ、200歳のバースデーということで... てか、東京オリンピックの開会式(1964年10月10日)はヴェルディの誕生日だったんだ!?新国立劇場の柿落としは、なぜに体育の日(1997年10月10日)?と思っていたのだけれど、ヴェルディの誕生日だったわけだ。2020年、2度目の東京オリンピックが決まったこの初秋、ちょっぴり感慨深く思う。さて、ふと思う。当blogで、ヴェルディをいくつ取り上げただろう?あまり記憶がないのだけれど... ということで、ざっと振り返ってみて、衝撃を受けた!デセイのイタリア・オペラ・アリア集(Virgin CLASSICS/514365 2)と、ジャンスの"TRAGÉDIENNES 3"(Virgin CLASSICS/070927 2)で、いくつかのアリアを聴いただけ... という事実...
ヴェルディは嫌いじゃない... というより好き!なはずだけれど、どーしてこーなった?!と、若干、戸惑いつつ、ヴェルディ補給。2001年、ヴェルディ、没後100年のメモリアルにリリースされた、ジョン・エリオット・ガーディナー率いる、オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクの演奏で、ヴェルディのオペラ『ファルスタッフ』(PHILIPS/462 603-2)を聴き直す。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェルディにして、ヴェルディではない?弦楽合奏版、弦楽四重奏曲。 [before 2005]

4635792.jpg
さて、ヴェルディが続きます。
『ナブッコ』のテンションの高さ、『エルナーニ』のノリの良さも好きだなぁ... 『ラ・トラヴィアータ』の隙の無さは、凄い... それから、『運命の力』のジェットコースター展開!『ドン・カルロ』や『アイーダ』の王朝スペクタクル!いやぁ、オペラはやっぱりドラァグ!さらに『アイーダ』はエキゾティック・フェスティヴァル!そんなヴェルディが大好き!けれど、普段はあまりに定番過ぎて、どこか通り過ぎてしまうのかもしれない... これまで、ほとんどヴェルディを取り上げていなかった当blogの傾向が、まさに!我ながら、自身の中でのヴェルディという存在の強烈にして希薄なあたり、びっくりしてしまう。そこから、改めて見つめ直すヴェルディの存在。ふと思い出す、オペラではないヴェルディの作品。弦楽四重奏曲があったはず。どんな曲だったっけ?
ということで、引っ張り出す。2000年のリリース、アンドレ・プレヴィンの指揮で、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、ベートーヴェンの14番の弦楽四重奏曲と、ヴェルディの弦楽四重奏曲の弦楽合奏版(Deutsche Grammophon/463 579-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

古典派からロッシーニ、そして「ヴェルディの時代」へ... [before 2005]

4672802.jpg
只今、ヴェルディを集中的に聴いております。
で、それらが、12年前、2001年のヴェルディ没後100年のメモリアルの前後にリリースされていたことに気付く。もちろん、ヴェルディは人気作曲家、切れ目なく様々なタイトルがリリースされているわけだけれど、2001年の前後というのは、特に興味深いものがいろいろリリースされていて... 今、振り返ると、何だかもの凄く充実していたのだなと感じる。で、12年後、2013年のヴェルディ生誕200年のメモリアルはどうだろう?ウーン、唸ってしまう。クラシックは、かつてのようにヴェルディに興味が持てなくなっているのか?ヴェルディは、20世紀のオペラハウスの中心にいたわけだが、多様化、著しい、21世紀においては、その存在感は薄れているのかもしれない。より多くの作曲家にスポットが当たることは、とても刺激的なことだけれど、ヴェルディの新録音が少なくなっている状況は、やっぱり寂しい。メモリアルだからこそ、いろいろなヴェルディを聴いてみたいのだけれど...
ということで、12年前... これぞメモリアル!という1枚。ヴェルディがブッセートの音楽学校で学んでいた頃の師、プロヴェージによるミサを補筆完成させたグローリア・ミサ。後に、代表作、レクイエムとなる、ロッシーニの死を悼んで共作された、ロッシーニのためのレクイエムから、リベラ・メ。など、恐ろしくマニアックなラインナップ。を、マニアックなマエストロ、リッカルト・シャイーと、彼が率いたミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、同合唱団で... ヴェルディの教会音楽集(DECCA/467 280-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バリトンが拓く、ヴェルディのより広がる世界。 [before 2005]

5571132.jpg
どうやら、9月後半は、ヴェルディで走り切りるようです。
ここ久しく、ヴェルディを聴いていなかった反動?というより、ほとんどヴェルディを取り上げて来なかった穴埋め?なのか、どうなのかはともかく、変にヴェルディにはまってしまう今日この頃... 何より、やっぱりヴェルディはいい!となる今日この頃。それはまた、ヴェルディの音楽と、集中的に向き合う機会となり、ヴェルディと言う存在を様々な視点から考える切っ掛けにも... 今さらながら、こういう作曲家、こういう音楽だったんだ... と、不勉強を思い知らされつつ、感心させられ、大いに魅了されております。そんなメモリアル。
で、今日この頃、気になっている言葉が、「ヴェルディ・バリトン」。ということで、リチャード・アームストロングの指揮、エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団の演奏で、今や巨匠、トーマス・ハンプソンのバリトンによる、ヴェルディのアリア集(EMI/5 57113 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フレンチ・スタイルのヴェルディ、『ジェルザレム』への進化! [before 2005]

4626132.jpg
ヴェルディ、200歳のバースデー(10月10日)が近付いて参りました!
そんなこんなで、『ファルスタッフ』弦楽四重奏曲の弦楽合奏版知られざる教会音楽集バリトンが歌うアリア集と聴いて来て、当blogのヴェルディ熱も、ヒート・アップ。やっぱり、ヴェルディは魅力的!それも、シンプルに魅力的であり、また、より奥深く魅力的でもある。今、改めてヴェルディを聴き直してみて、この2つの魅力が、同時に存在していることに、とても興味深いものを感じる。それは、まるで、クレーム・ブリュレのよう... まず、香ばしく、パリっパリっの面があって、またその下に、濃厚でクリーミーな世界が広がる。異なる2つの感覚が層を成し、ひと所にある絶妙さ!そのあたりに気がつくと、俄然、ヴェルディは、これまで以上に旨くなるのかも...
で、そんなヴェルディの旨さを噛み締めながら、またじっくりとオペラの全曲盤を聴いてみたくなる。ファビオ・ルイジの指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏で、『第1回十字軍のロンバルディア人』のフランス語版、ヴェルディのオペラ『ジェルザレム』(PHILIPS/462 613-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

タンホイザー、パルジファル、トリスタン... [before 2005]

4743772.jpg
9月後半がヴェルディだったので、10月前半はワーグナー。
と、まあ、安易ではありますが、ワーグナーの生誕200年のメモリアル、やっぱりワーグナーも聴いてみたくなる。それにしても、ワーグナーとヴェルディ、19世紀のオペラを牽引した二大巨頭が、1813年、同じ年に生まれたというのは、ある意味、奇跡のように思えて来る。5月22日、ドイツ、ライン連邦、ザクセン王国、ライプツィヒで生まれたワーグナー。10月10日、ナポレオンのフランス帝国に併合されていた、イタリア、ロンコレ村で生まれたヴェルディ。北と南、絶妙な距離を以って、その音楽は両極にあって、それぞれオペラ史に強烈なインパクトを与えたわけだ。いつの時代、どんなジャンルにも、ライヴァル関係は存在する。が、ワーグナーとヴェルディに関しては、何だか出来過ぎているようにすら思えて来る。いや、だから歴史はおもしろいのか。
で、今回から、ワーグナーをいくつか聴いくことに... その最初の1枚、クラヴディオ・アバドの指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、『パルジファル』の第3幕からの組曲を核に編まれた、ワーグナーの管弦楽曲集(Deutsche Grammophon/474 377-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワーグナーの時代における、ワーグナーという存在、 [before 2005]

5554792.jpg
ワーグナーが描く世界は、超越的で、圧倒的...
神話的というか、いや神話そのものなのだけれど。それまでのオペラが、古代ギリシア、ローマの古典に則って展開されていたのに対して、ワーグナーはそういう伝統的なスケール感を完全にブチ破って、捨て去り、新たな神話を創造した希有なストーリーテラーでもあった。もちろん、『リング』も、『パルジファル』も、下敷きとなるストーリーは存在する。が、その下敷きとなったストーリーと、ワーグナーによる新たなストーリーを並べれば、ワーグナーの超越的で、圧倒的な神話性にこそ、真の神話を見出すことになるだろう。
なーんて書くと、19世紀の象徴主義のワグネリアンになったような気分?けど、音楽のみならず、ワーグナー自身が手掛けた台本の、それ以前にも、それ以後にも存在しないスケール感は、やっぱり凄い!一方で、ワーグナーが紡ぎ出したストーリーの興味深いところは、神話でありながら、極めて人間的でもあるところ。ある意味、ブっ飛んだ世界を描きながらも、常にどこかで、我々の世界と重ねることができるからおもしろい。例えば、『リング』!何となーく、あの世界が、今の世の中、そのもののようにも思えたり... 原子力は指輪?巨人族はオイル・マネーか?中国か?大統領はヴォータンか?ジークムントか?ギービヒ家はコーク兄弟?記憶を失くしたジークフリートはティー・パーティー?そして、没落を前にする神々は経済そのもの?そして、私たちは?
えーっと、話しがデカくなり過ぎたので、軌道修正。で、ベルリン・フィルによるモダンの充実した演奏の後で、ロジャー・ノリントンが率いた、ピリオド・オーケストラ、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズの演奏による、ワーグナーの管弦楽曲集(EMI/5 55479 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マゼールとベルリン・フィル、達観のワーグナー、 [before 2005]

74321687172.jpg
昨日は、ヴェルディの200歳の誕生日。けれど、聴くのはワーグナー...
正直に言うと、ワーグナーはずっと苦手だった。もちろん、今は克服されているのだけれど、それでもどこかで取っ付き難さを感じるというか、そう安易には聴けないような、身構えてしまうようなところがある。このあたりは、ヴェルディとは大違い。なのだけれど、アバドが率いたベルリン・フィルノリントンが率いたロンドン・クラシカル・プレイヤーズ、モダンとピリオドで、改めてワーグナーを集中的に聴いてみると、やっぱりワーグナーは凄かったのだなと思い知らされ、今、改めてはまってしまう。で、ワーグナーばかり聴いている今日この頃。何だかんだで、メモリアルらしく、ワーグナー熱は高まってしまう。で、モダン、ピリオドと聴いて来ての、再びモダン!
ピリオドによる演奏も興味深いのだけれど、ピリオドの後で聴く、モダンのワーグナーの輝きに充ち満ちたサウンドは、有無を言わせないものがある... ということで、そんな演奏、ロリン・マゼールの指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の組合せによる2枚目のワーグナーの管弦楽曲集、"LORIN MAAZEL CONDUCTS WAGNER VOL.II"(RCA RED SEAL/74321 68717 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プーランクの"聖"と"俗"。 [before 2005]

フランシス・プーランク、没後50年のメモリアル...
ということで、フランスのオペラ・コミックの成長過程を担ったグレトリの後で、フランスの近代音楽の花咲ける時代を担ったプーランクを聴くのだけれど。没後50年?そんなに昔ではない!そんなことに気が付けば、急に親近感が湧いてしまう。「20世紀」は、随分と遠くになった気がするけれど、50年と聞くと、意外に近い。で、そんな感覚から、改めてプーランクを聴いてみると、またちょっと印象が変わるのか?「クラシック」という仰々しさよりも、やがてフレンチ・ポップへとつながる?そんなカラフルでハッピーなトーンが、ノスタルジックにして現代にも絶妙にフィットとするようであり。さらに、おもしろいのは、そういうカラフルでハッピーなトーンに、グレトリに見出した匂いが残っているということ!さすがはフランス音楽の精神/エスプリ。だからこそ、魅惑的なのか。
そして、プーランク。そのエスプリに彩られた、粋でお洒落なばかりではない、プーランクのもうひとつの一面をも聴いてみようかなと思い立ち、プーランクを"聖"と"俗"から改めて見つめてみることに。まずは、"俗"、小澤征爾の指揮、サイトウ・キネン・オーケストラの演奏で、オペラ・ブッフ『ティレイジアスの乳房』(PHILIPS/456 504-2)を。続いて、"聖"、マーカス・クリードが率いた、RIAS室内合唱団で、ア・カペラによる教会音楽集(harmonia mundi FRANCE/HMC 901588)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

目まぐるしさの中の、最も尖がっていた頃... ヒンデミット、室内音楽... [before 2005]

パウル・ヒンデミット、没後50年のメモリアル...
プーランクに続いて、ヒンデミットを聴くのだけれど、こうして、改めて、20世紀の音楽を振り返ると、感慨深いものがある。『春の祭典』の初演がちょうど100年前、その少し前にシェーンベルクは無調へ突入し、その後まもなく12音技法へと至る。もちろん、そればかりではない。18世紀がリヴァイヴァルされ、輝かしきマシーン・エイジが未来を照らし、都市の喧騒が魅惑的に鳴り響き、ジャズは大西洋を渡り、古くからのフォークロワは拾い集められ... あらゆるセンス、スタイルを呑み込んで、19世紀、ロマン主義、ワーグナー一辺倒だった音楽が、突如として爆発的な進化を遂げる20世紀... ヒンデミットは、表現主義から、擬古典主義、新即物主義へ、さらにロマン主義へと回帰して... その作風の変化には、20世紀の目まぐるしさが見て取れる。
そして、その目まぐるしい中で、ヒンデミットが最も尖がっていた頃、近代音楽が最も刺激的だった1920年代の作品を久々に聴いてみる。クラウディオ・アバドの指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ヒンデミットの全7曲からなる"室内音楽"、4番、1番、5番を収録した第1集(EMI/5 56160 2)と、2番、3番、6番、7番を収録した第2集(EMI/5 56831 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽