So-net無料ブログ作成
before 2005 ブログトップ
前の10件 | -

現在、過去、未来。 [before 2005]

WWE20076.jpg
未来派... 1909年、イタリアの詩人、マリネッティにより出された『未来派宣言』に始まる、20世紀、近代産業が大きく進展しようとした時代の機械化に強くインスパイアされた芸術運動。機械が生み出すスピード、ダイナミズムを、如何にして芸術作品に反映させるか?それは、絵画、彫刻、音楽のみならず、あらゆる芸術に影響を与え、さらには、デザイン、建築、政治運動にまで及び、人々の生活そのものを機械化しようとするような、恐るべき近代主義礼賛へと発展。やがて、ファシズムへの共鳴、大量破壊をもたらす近代戦争の肯定と、異様な"未来"を夢見るまでになるのだが... さて、ポスト・モダンすら過去となりつつある21世紀、未来派たちの未来にあたる現代から、かつての「未来」を振り返ったなら、どう映るだろうか?近代の未来...
イタリアのピアニスト、ダニエレ・ロンバルディの演奏で、カゼッラ、マリピエロら、イタリア近代音楽を代表する作曲家たちに、戦後「前衛」の時代に個性的な音楽世界を生み出すシェルシ、さらにはストラヴィンスキーまでを取り上げて、未来派の発信源、イタリアの20世紀前半の音楽を俯瞰するアルバム、"futuris music"(col legno/WWE 20076)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

異次元の"Passion"。まさに「熱情」。そんなエネルギーの塊! [before 2005]

98404.jpg
17世紀、南米発のダンス・ミュージック、チャコーナが、スペインを経由し、イタリアで熱狂的に迎えられると、バロックの作曲家たちも、その音楽を目敏く取り込み、やがてチャコーナは、シャコンヌ(フランス語読み... )へと洗練されることに... トルコが攻めて来れば、トルコ風が、フランス革命が勃発すれば、革命歌が交響曲に、民族主義の機運が高まれば、フォークロワが注目され、ジャズが大西洋を渡り席巻すれば、ヨーロッパのアカデミックな作曲家たちも、こぞってこの新しいブームに興味を示した。クラシックの歴史とは、そんな歴史である。流行に敏感で、ボーダーを越えることに、刺激を求めてすらいる作曲家たち... 今となっては、すっかりクラシックの内に取り込まれている音楽も、発表された当時は、スリリングにボーダー上で魅力をアピールしていたはず...
で、近頃はどうだろうか?クラシック=古典となったことで、ボーダーを越える機会は失われてしまった?いや、現代音楽では、また新たな動きがある?いや、もう、驚くべき越境を発見!という、マリア・ギナーンの指揮、オルケスタ・ラ・パシオンの演奏、スコラ・カントルム・デ・カラカスのコーラスによる、ゴリホフの聖マルコ受難曲(hänssler CLASSIC/98.404)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ビート・マニアックな太鼓の達人たち... [before 2005]

8573858772.jpg
クラシックにおけるパーカッションの存在を考えてみる。
例えば、ラヴェルのボレロに、小太鼓が無かったら?いや、考えられない... けれど、小太鼓は主役か?けしてそうではない... パーカッションは、ビートを創り出すセクション。オーケストラの縁の下の力持ち。それ以上のことを期待されることは滅多にない。が、あえて、縁の下から舞台上に引っ張り出したならどうなるだろう?当然ながら、舞台上には剥き出しのリズムが展開するわけだ。さて、クラシックはその剥き出しに耐えられるだろうか?そんなことを思わせる刺激的なアルバムを聴いてみようと思う。耳にではなく、身体にダイレクトに響いてくる、パーカッションが主役となった音楽。理屈抜きのビートの饗宴!
ということで、ドイツのパーカッショニスト、ペーター・ザードロと、その仲間たちによる、定番から最新作まで、幅広くパーカッションのための作品を集めた"Drum Together"(TELDEC/8573-85877-2)。近頃、うららかな陽気に包まれて、春眠暁をまったく覚えず、ぼんやりしがちな心と身体に、ビート一発!刺激的なパーカッションで、頭スッキリ。目覚めさせます。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チェコが生んだ古典派スター、ヴァンハルのポップ・ミサ! [before 2005]

8555080.jpgSpC10.gif
祝!モーツァルト、生誕250年のメモリアル。だが、その周辺も賑わう?
タワーレコードが、NAXOSの音源から編んだコンピレーション『ファンタジスタ!モーツァルト』(NAXOS-タワーレコード/TWMZ-1)の10枚組BOXが、¥3000でおつりが来てしまうという驚異的なお手頃価格もあって、大好評らしい... その内容も、初心者大歓迎な、メモリアルに絶好のモーツァルト・ガイドであり、かつ、クラシック・ファンにとっても、ちょっとしたモーツァルト事典といったところで、侮れない好企画。また、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにあわせてのリリースということもあり、音楽祭同様に、「モーツァルトと仲間たち」のサブタイトルが付せられて... そんな仲間たち、モーツァルトの先輩、ライバル、友人らの作品も10枚組の内、2枚にまとめられ、思い掛けなくヴァラエティに富んでいて、モーツァルトの時代のモーツァルト以外の音楽が、実に興味深い!
さて、モーツァルトばかりでないのが近頃の傾向?モーツァルトという巨大なアイドルが大々的に取り上げられることで、その周辺も、イモヅル式に取り上げられつつある。これまで、ハイドン、モーツァルトという名前だけで片付けられていた、古典派が、メモリアルというお祭り騒ぎで、いろいろ掘り起こされること、実は、モーツァルト・イヤーの最大の収穫に感じて来た。というより、モーツァルト・イヤーに関わらず、今、18世紀の再発見が、静かに熱を帯びている気配も... クラシックは19世紀ばかりでない!が、じわりじわり広がりつつある?
ということで、モーツァルト・イヤーに、モーツァルトではなくて、モーツァルトの同時代を生きた作曲家... それも、モーツァルト以上にスターだった?チェコ出身の作曲家、ヴァンハルの2つのミサ(NAXOS/8.555080)を、ウーヴェ・グロットの指揮、タワー・ヴォイセズ・ニュージーランドのコーラス、カナダのピリオド・オーケストラ、アレイディア・アンサンブルの演奏で聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

イタリアン・コンプレックス。 [before 2005]

音楽史において、アルプスというのは、実に興味深い境界線となる。
現在、我々は、音楽用語にイタリア語を多用する。が、クラシックの中心はドイツ語文化圏が生み出したレパートリーだったりする。北と南の文化的力関係の歴史が作り出したおもしろい状況だ。アルプスを境に、様々な思いが、その時代、その時代に、北上したり、南下したり... またそうした動きこそが、音楽史を前進させるエンジンにもなって来た。いや、アルプスとは、音楽史において、実は大きな役割を担っていたのやも?そこにアルプスがあったからこそ、クラシックは、北から南から、いい具合に捏ねられて、大きく成長して来たとも言える。もちろん、イタリアとドイツだけで、クラシックが存在しているわけではないけれど... アルプスから眺める風景は、おもしろい。
さて、アルプスの南が優勢だった頃、バロックのアルバムを2枚。リナルド・アレッサンドリーニ率いるイタリアのピリオド・アンサンブル、コンチェルト・イタリアーノによる、イタリアのコンチェルト/イタリア風コンチェルトを綴る"concerti italiani"(OPUS 111/OP 30301)。それから、トーマス・ヘンゲルブロック率いるドイツのピリオド・アンサンブル、バルタザール・ノイマン・アンサンブルによる、中部ドイツ・ベースのローカルな巨匠、バッハと、ヴェネツィアが誇るインターナショナルな巨匠、ロッティの教会音楽を並べる興味深いアルバム(deutsche harmonia mundi/05472 77534 2)を聴いてみる。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お洒落にビル・エヴァンス、弦楽四重奏でジャズ、 [before 2005]

SVY17405.jpg
夏休みが終わる前に、クラシック休み?
2008年の上半期を振り返ったので、新しいシーズンが始まる前に、少し気分転換。クラシックから離れてみようかなと... と言っても、完全に離れ切ってしまうわけではなくて、現代音楽の雄、クロノス・クァルテットが、モダン・ジャズの鬼才、ビル・エヴァンスの作品を演奏したものを聴いてみようかなと...
というアルバム、クロノス・クァルテットのオリジナル・メンバーによる古い録音(1985)を、2004年に再リリースした"MUSIC OF BILL EVANS"(SAVOY JAZZ/SVY 17405)。クラシックは暑苦しい?なんて言ったら怒られそうだけれど、暑い夏に分厚いオーケストラ・サウンドはやっぱり堪える... そこで、お洒落にビル・エヴァンス、弦楽四重奏でジャズ、夕涼み気分でどうかなと。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

北欧と南米のケミストリー、"TRACING ASTOR"。 [before 2005]

7559796012.jpg
新しいシーズンが始まる前に、クラシック休み?
ということで、前回、クロノス・クァルテットのビル・エヴァンスを聴いたのだけれど、クラシックから離れてみる新鮮さというのか、当たり前だけれど、クラシックばかりが音楽ではないなと... で、クラシックから離れてこそ、また、クラシックを真新しく感じるところもあって。クラシックばかりを聴いていると、知らず知らずに耳がこってしまっているのかも。あえてクラシックから離れることで、耳もリセットされるような気がした"MUSIC OF BILL EVANS"。そして、新シーズンを前に、もう1枚、クラシックから離れてみようかなと...
ヴァイオリン界の鬼才、ギドン・クレーメルと、彼が率いるアンサンブル、クレメラータ・バルティカによる、タンゴ界の鬼才、ピアソラ。そこに、デシャトニコフのアレンジが効いて、スタイリッシュなタンゴが響き出す"TRACING ASTOR"(NONESUCH/7559-79601-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ツィゴイネルワイゼン、ヨーロッパに底流するもうひとつの感性... [before 2005]

4645312.jpg
えーっと、ちょっと新譜から離れまして... 旧譜から、今年、没後100年のメモリアルを迎えるサラサーテを聴いてみようかなと... そう、あのツィゴイネルワイゼン!誰でも、どこかで、一度は耳にしているであろう、コッテコテの名旋律。けど、一曲としては、どんなだっけか?いや、待てよ、よくよく考えてみると、コンサートで聴いたことはないし、CDも無かったはず... つまり、ちゃんと聴いたことがないという驚くべき事実に直面。それは、「超有名曲」という落とし穴?マニアックな方にばかり気を取られていると、こういうことになるのか... ちょっと反省しつつ、今さらながらに興味津々。ということで、ツィゴイネルワイゼンを収録したアルバムを手に取ってみた。
イヴァン・フィッシャー率いる、ブダペスト祝祭管弦楽団の演奏、諏訪内晶子のヴァイオリンで、サラサーテのツィゴイネルワイゼン!それに、カルメン幻想曲と、ドヴォルザークのマズレック、ヴァイオリン協奏曲というカップリング(PHILIPS/464 531-2)で聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハンス・ロット、若き作曲家の心を揺さぶる純粋... [before 2005]

BISCD563.jpg
さて、 前回に引き続き、今年のメモリアルに注目してみる。で、生誕150年のハンス・ロット(1858-84)を取り上げてみようと思うのだけれど、ハンス・ロットって、誰?となってしまう... いや、否めない... 何にしろ、大成しなかったのだから... 当然、音楽史での扱いは微々たるもの。マーラーの友人で、学生時代、ルームメイトだった、くらい。仕方ない。24年という短い人生、残された作品は、そう多くない。それでも、その音楽には独特の輝きがある。その輝きに触れると、何とも言えない心地になる。老成した巨匠たちの音楽では味わえない、鮮烈さと瑞々しさ... 高々26年という未熟と、26年という短い人生の凝縮が生み出すその音楽は、より人間味に溢れるところがあって、かえって共感を誘うのか?そんな、ありのままのハンス・ロットに触れる交響曲...
北欧の鬼才、レイフ・セーゲルスタムの指揮、ノールショピング交響楽団の演奏による、ハンス・ロットの交響曲(BIS/BIS-CD-563)。音楽史の影に隠れてしまった若き作曲家の思いの丈が詰まった交響曲を聴いて、密やかに、メモリアルを祝う。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"源"が放つユニヴァーサルさ... グレゴリオ聖歌... [before 2005]

C9617.jpg
ルネサンス、そしてゴシックへと遡って、グレゴリオ聖歌へ...
それは、クラシックの始まり。そして、西洋音楽をベースとする我々の音楽の源。なんて、考える?日常、好むと好まざると、ありとあらゆる音楽に包まれて生きている我々にとって、その源がどこにあるかなど、考えることはほとんどない。でもって、それがグレゴリオ聖歌だなんて、まったく想像がつかない。クラシックを、あっちへこっちへと、忙しなくいろいろ聴き散らかしてたって、正直、ピンと来ない。いや、それほどに遠くにあるのだと思う、グレゴリオ聖歌。つまり、音楽の歴史というのは、それだけ長い歩みを経て、今に至っているわけだ。
そして、その長い歩みを遡って、"源"へと向かうのだけれど。録音も、グっと遡って1989年。なるべく新しいアルバムで、クラシックの今を切り取るはずが、近頃は、かなりブレ気味でして... というあたりはさて置き、10年前に再リリースされた、ドミニク・ヴェラール率いる、古楽の老舗、アンサンブル・ジル・バンショワによるグレゴリオ聖歌(cantus/C 9617)を聴き直す。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - before 2005 ブログトップ