So-net無料ブログ作成

二〇〇九。バロック・ロック、再び... [2009]

4780319.jpg
1010.gif
2009年は、ヘンデル没後250年のメモリアル...
となれば、どこもかしこも水上で... 花火で... 救世主がハレルヤで... となりそうだけど、そんな「メモリアル」商売には辟易?しかし、ヘンデルのレパートリーが"ピリオド"に取り込まれてしまってからというもの、「定番」は崩れつつある。録音においては、今や、とにかくオペラだったりする。バロック期ならではの、もの凄い数のオペラ(+救世主がハレルヤ... だけでないオラトリオも... )を世に送り出したヘンデルだが、そのほとんどがすでに録音され、リリースされているはず... いや、もしかして全部?その一方で、かつてよく取り上げられていた作品を見掛けることは、明らかに減り... そんな作品の、久々の新録音などを目にし、手に取り、耳にすると、思わず「懐かしい!」なんてことに。
で、そんな、懐かしい(?)レパートリー、ヘンデルの合奏協奏曲 Op.6を聴くわけだが...
この作品、メモリアルのせいか、再び注目度を増している?昨年のアルテ・デイ・スオナトーリ盤に続いて、イル・ジャルディーノ・アルモニコ盤が登場。それは、歌モノから、器楽モノへの回帰現象?メモリアルが引き起こす揺れ戻しとあらば、なかなかおもしろい展開。ということで、ジョヴァンニ・アントニーニ率いるイル・ジャルディーノ・アルモニコ... かつて"ピリオド"の空気感を変えてしまった革命児たちの、久々の新譜(これって、年末のリリース?けど、2009年、第一弾ということで... )、全12曲、3枚組、ヘンデルの合奏協奏曲 Op.6(L'OISEAU-lYRE/478 0319)を聴いてみることに。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フランスから、ラインを越えて、アルプスを越えて... [2009]

さて、2009年も動き出している... 新譜もいろいろリリースされ... そうした中で、naïve から、気になるリリースが2つ。フランス"ピリオド"界の第二世代を担う、マルク・ミンコフスキ(b.1962)によるバッハに、ジャン・クリストフ・スピノジ(b.1964)によるヴィヴァルディ。両者ともに一筋縄ではいかない魅力を放つ存在だけに、大いに興味は掻き立てられるわけで。どんなサウンドを聴かせてくれるのか?
ということで、naïve移籍、第2弾、ミンコフスキ+レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルによるバッハ、ロ短調ミサ(naïve/V 5145)と、naïve名物、ヴィヴァルディ・エディションから、最新のオペラ、スピノジ+アンサンブル・マテウスによる『忠実なニンファ』(naïve/OP 30410)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

現代音楽の現代感覚。 [2009]

「現代音楽」という言葉に、時折、惑わされる。何を以てして、現代なのだろうか?と...
アカデミックで、難解で... そういうイメージを持たれる"ゲンダイオンガク"、リアルな現代とは、隔絶されてしまっている。ような。シェーンベルクの呪い?一方で、ライヒ、グラスといったミニマルな音楽や、ペルト、タヴナーといったアンビエントな音楽の存在を忘れるわけにはいかない。
「現代音楽」という言葉を越えて、真に現代的な音楽とは、何だろう?
そこで、気になる2人の現代の作曲家、デイヴィッド・ラング(NAXOS/8.559615)と、ターレク・オリーガン(ターリック・オレガン?)の新譜(harmonia mundi/HMU 807490)を聴いてみる。で、21世紀、「現代音楽」のイメージは、拡張されつつある?

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマンティックは止まらない。 [2009]

OC725.jpg09con.gifAuS10.gifVandE.jpg
1010.gif
メンデルスゾーンの、生誕200年である...
だから、というわけでもないのだけれど、久々に聴く、メンデルスゾーンの代名詞、「名曲」、ヴァイオリン協奏曲。あまりにも「名曲」だと、どうも、避けたくなってしまう性質(普段、あまりにもヘンテコなもの、聴き過ぎ?)でして... しかし、「久々」の力は大きいもの。「名曲」が、妙に新鮮に感じる... 改めて「名曲!」なんて、妙に感心しつつ、聴き入ってしまう。のは、OEHMS CLASSICSの看板ヴァイオリニスト、ベンヤミン・シュミットの新譜(OEHMS CLASSICS/OC 725)。
これまでも、シュミットを絶妙にサポートしてきたダニエル・ライスキンの指揮、彼が率いる州立ライン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、そして、シューマンのヴァイオリンとオーケストラのための幻想曲、さらに、ブルッフの1番のヴァイオリン協奏曲を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パパ。ハイドン。の、真実。 [2009]

88697388672.jpgjhmps.gif
1010.gif
ハイドンの、没後200年である...
だからこそのリリース、と言うのか、ハイドンの、もう一つの一面(?)に迫るアルバム"Arie per un'amante(恋人のためのアリア)"(deutsche harmonia mundi/88697388672)。スペイン発の新たな"ピリオド"系ヒロイン、ヌリア・リアル(ソプラノ)をフィーチャーしての、ハイドンの恋人、ルイジャ・ポルツェッリのために書かれたアリアの数々... を、聴いてみる。が、少し調べてみれば、「恋人」というより、それは「愛人」というイメージで、ちょっと驚いてみる。そんな、いつもと違う視点は、やはりメモリアルの賜物。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モダニズム、ダンディズム、ニヒリズム、 [2009]

88697439992.jpg09con.gif
1010.gif
ドイツのヴァイオリニスト、フランク・ペーター・ツィンマーマン(b.1965)。
若い頃(10代... )から第一線で活躍していると、どこかで「若手」のイメージを引きずってしまうのだが、彼も40代半ば。まさに「ベテラン」。だが、その長いキャリアを振り返れば、もはや「巨匠」?いや、そう言うのとはまた違うか... けれど、確実に"アーティスト"として熟成されて... あるいは、蒸留(?)されてきていて... 彼の音に触れると、一つ突き抜けた境地を見るようで、驚かされる。そんなフランク・ペーター・ツィンマーマンの最新盤、シマノフスキとブリテンのコンチェルト(SONY CLASSICAL/88697439992)を聴いてみる。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラルペッジャータ的モンテヴェルディ、愛の劇場。 [2009]

2361402.jpg
1010.gif
Alphaの白のジャケット、"Les chants de la terre"のシリーズで... 特に、"La Tarantella"(Alpha/Alpha 503)で、その存在を強烈に印象付けた古楽アンサンブル、ラルペッジャータ。軽々とジャンルを越境して、活き活きと、時に生々しく、大胆に音楽と向き合い、何物にも囚われることなく、自由に紡ぎ出されるサウンド、チャレンジングなアルバムの数々は、どれも魅了されずにはいられなかった。が、リリースが途絶えて... 気が付けば、Alphaを離れて、naïveへ... ラテン・アメリカのバロックを、随分と砕けて、魅惑的に響かせた"Los Impossibles"(naïve/V 5055)がリリースされるものの、それから、どうなってしまったのか?と、思いきや、Virgin CLASSICSに登場して、ちょっと驚いてみる。いや、かなり驚いてみる。
そんな最新盤、"Teatro d'Amore(愛の劇場)"(Virgin CLASSICS/2361402)。フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)、ヌリア・リアル(ソプラノ)という、豪華なキャスティングによる、モンテヴェルディのアルバム。だが、鬼才、クリスティーナ・プルハル率いるラルペッジャータだけに、ただならず、ジャンルを越境していくことに... 素直なモンテヴェルディなんて彼らにはあり得ない?

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

名曲と、名曲の背景を見つめて、 [2009]

5190352.jpg
1010.gif
昨年、Virgin CLASSICSからリリースされた、テツラフによるブーラムスのヴァイオリン協奏曲(Virgin CLASSICS/502109 2)。すばらしい演奏の一方で、興味を引いたのが、ブラームスの名曲に深く携わった、ヴィルトゥオーゾ、ヨアヒムの2番のヴァイオリン協奏曲も収録されていたこと... 名曲と、名曲の背景に迫るカップリングに、新たな発見もあって、実におもしろかったのだが、今年は、チェロの名曲で?
Virgin CLASSICSのチェロのエース、ゴーティエ・カピュソンの最新盤は、ドヴォルザークのチェロ協奏曲(Virgin CLASSICS/519035 2)。そして、この名曲の誕生にインスピレーションを与えたという、ハーバートの2番のチェロ協奏曲をカップリング(この組み合わせを見出したのは、ヨーヨー・マ... )。
名曲を、ステレオタイプから切り離す触媒として、埋もれてしまった同時代の作品にもスポットを当てる... そんなカップリングには、学究的な堅苦しさがあるのでは?なんても思いがちだが、生まれる新たなイメージは、間違いなく新鮮で。かつ、新たに、魅力溢れる作品を知るきっかけを与えてくれて、凝り固まり気味(?)な"クラシック"にとっては、とても、ハッピーなことなのかも。ということで...

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

21世紀に響く、18世紀。 [2009]

さて、ハイドンのメモリアル... かなり盛り上がっている...
というところに、メモリアルならではの奇天烈な1枚が登場!パリに行ったことがないハイドンの、"Haydn à Paris(パリのハイドン)"。そのタイトルを初めて目にした時は、どういうことですか?となったのだけれど、未だ見ぬオーストリアの巨匠に熱狂するパリの音楽ファンと、音楽シーンの狂騒が描かれていて、おもしろい!今とはまったく異なるハイドンの置かれた風景にびっくりしつつ、古典派が活きの良かった頃に思いを馳せる。
というアルバム、ギィ・ヴァン・ワースが首席指揮者を務めるベルギーのピリオド・オーケストラ、レザグレマンによる"Haydn à Paris"(RICERCAR/RIC 277)。さらに、今なお古典派は活きがいい!を強烈に聴かせてくれるアルバム、フランス・ピリオド界の最も若い世代によるピリオド・オーケストラ、ジェレミー・ローレル率いるル・セルクル・ドゥ・ラルモニの、モーツァルトの25番、26番、29番の交響曲(Virgin CLASSICS/234868 2)。ハイドンのメモリアルに、刺激的な古典派、2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

イニシエの、重み、 [2009]

ZZT081001.jpg09em.gif
クラシックというと、何だかもの凄く古い音楽を聴いているように思われるけど、日常、聴かれているクラシックは、意外にも、そう古い音楽でもない。が、クラシック=音楽の古典として、音楽史を遡れば、それはもう本当に古いところまで行き着く。古代ギリシアの音楽ともなれば、それは紀元前となるわけで... さて、そこまでは古くはないのだけれど、やはり「古代」が息衝く音楽を聴いてみようかなと思う。古代ローマの残照、初期キリスト教の姿を窺う、ローマに歌い継がれていた古ローマ聖歌。それは、グレゴリオ聖歌の素になったと言われる、グレゴリオ聖歌以前の教会音楽。おもしろいのは、グレゴリオ聖歌以後もローマで歌われていたこと...
ということで、マルセル・ペレス率いるアンサンブル・オルガヌムによる、6世紀から13世紀に掛けての古ローマ聖歌から、クリスマスのミサで歌われたものを集めて編まれた1枚、"CHANT DE L'EGLISE DE ROME"(Zig-Zag Territoires/ZZT 081001)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽