So-net無料ブログ作成
検索選択

テレマン、イーノ。 [before 2005]

4297722.jpg
テレマン、没後250年のメモリアルということで、テレマンを聴いて来た今月前半、その最後に、晩年の力作、劇的カンタータ『イーノ』を聴いてみようかなと... という前に、テレマンが世を去った、今から250年前、1767年とは、どんな年だったのか?35歳のハイドン(1732-1809)は、エステルハージ侯爵家の楽長に昇格して1年が経ち、11歳になったモーツァルト少年(1756-91)は、最初のオペラを作曲。ベートーヴェンの両親はボンで結婚式を上げ、その3年後にベートーヴェン(1770-1827)は生まれる... という風に見つめると、御長寿、テレマンの存在は、実に興味深い。バッハ(1685-1750)よりも4つ年上の、ドイツ・バロックの大家は、バッハが逝って17年が経った、古典主義の時代の入口を眺めることができたわけだ。いや、今から250年前の86歳って、凄い... と、同時に、バロックから古典主義へとうつろう、18世紀の時代の流れにも驚かされる。
ということで、1765年、テレマン、84歳の作品、未だ新しさを追求した驚くべき音楽!ラインハル・ゲーベル率いる、ムジカ・アンティクワ・ケルンの演奏、バルバラ・シュリック(ソプラノ)の歌で、テレマンの劇的カンタータ『イーノ』(ARCHIV/429 772-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽