So-net無料ブログ作成
検索選択

テレマン、フルート四重奏曲集、クァドリ。 [before 2005]

HMC901787.jpg
クラシックで、多作家というと、モーツァルトの名前がすぐに思い浮かぶ。41番まである交響曲、27番まであるピアノ協奏曲、23番まである弦楽四重奏曲、18番まであるピアノ・ソナタ... 改めて並べてみると、クラクラしてしまう。のだけれど、さらにインパクトがあるのが、バッハのカンタータ!世俗カンタータを含めると216番までもあって... もちろん、カンタータばかりでなく、オペラ以外の様々な作品を、ただならず残したバッハ。2001年にリリースされたBrilliant Classicsからのバッハ全集のボックスは、何と160枚組だった(自分だったら、絶対に聴き切れない... 絶対に... )。やっぱり、"音楽の父"は、父だけのことはある。が、それを越えて来るヴィヴァルディ... バッハが書かなかったオペラを、94作品も書いたと豪語!現存するのは54作品とのことだけれど、それでも54作品もオペラがあるなんて、ちょっと信じられない。でもって、協奏曲に至っては500曲を越えるらしい... しかーし、クラシック切っての多作家は、テレマン!4000曲以上の作品(確認できる作品は3600曲以上で、現在も発掘が進んでいる... )を書いたとされ、ギネス認定されているのだとか... いや、もう、笑っちゃう。
という、テレマンを聴いております、今月... パリ四重奏曲集、無伴奏フルートのための12のファンタジーと聴いて、フルート尽くしなのだけれど、もう1枚、フルート!フライブルク・バロック・コンソートの演奏で、フルート四重奏曲集、「クァドリ」(harmonia mundi FRANCE/HMC 901787)。この作品集、ギネス作曲家、テレマンの、ポートフォリオのようで、興味深いのだよね...

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽