So-net無料ブログ作成

テレマン、独奏フルートが奏でる夢幻、12のファンタジー... [before 2005]

COCO6685.jpg
テレマン、没後250年ということで、テレマンをいろいろ聴いております、今月... いや、改めて、テレマンと向き合ってみると、思いの外、興味深い!もちろん、これまでも、テレマンは十分におもしろいと思って来たのだけれど、今一度、集中して聴いてみると、この作曲家の際だったセンスに魅了されるばかり!それは、とても感覚的なもので、バッハのイメージが強いドイツ・バロックからすると、異端にすら感じられるのかも... しかし、様々な表情を持つテレマンの音楽からは、当時のドイツの音楽の実態が活き活きと浮かび上がって来て、ワクワクさせられる。国民楽派を先取りするようなフォークロワからの影響や、ドラマティックなイタリア、お洒落なフランスをも意識して、極めてフレキシブルに音楽を展開できてしまうテレマン。まさに感覚的なればこその音楽... そんなテレマンと並べれば、バッハの音楽はロジカルの極み、ちょっと異様にすら感じられてしまう?
ということで、パリ四重奏曲集に続いての、有田正広のフラウト・トラヴェルソ、テレマンの無伴奏フルートのための12のファンタジー(DENON/COCO-6685)。いや、この"ファンタジー"というあたりが、さらにさらにテレマンの際だったセンスを解き放つ!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽