So-net無料ブログ作成

テレマン、解き放たれるパリ!フランス流に踊れ、パリ四重奏曲集。 [before 2005]

COCO75354.jpg
ゲオルク・フィリップ・テレマン(1681-1767)。
バッハ、ヘンデルが生まれる4年前、1681年、ドイツ中部の街、マクデブルクの牧師の家に生まれたテレマン。4歳の時に父を亡くすも、しっかりと母に育てられ、けして貧しくは無かったこども時代... そんなテレマンと音楽との関係は、10歳、地元の小学校に入り、マクデブルクのカントル(聖歌隊指揮者)の下、声楽や鍵盤楽器の基礎を学んだことに始まる。そして、瞬く間に才能の片鱗を見せ始めたテレマン少年は、12歳の時に、オペラまで作曲したのだとか... しかし、母は息子に手堅い職業に就いてもらいたかった!息子を音楽から遠ざけようと山奥の学校に転校させられるテレマン少年だったが、その町の教会のためにカンタータを作曲、したたかにプロとして活動。1697年、ヒルデスハイムのギムナジウムに進むと、そう離れていないブラウンシュヴァイクのオペラハウスに通い、フランス音楽が充実していたハノーファーにも赴き、幅広い音楽に触れ、独学で才能を伸ばして行った。1701年には、母の願い通り、ライプツィヒ大学に入学し、法学を学ぶも、学生にして音楽活動を本格化させ、翌年にはライプツィヒのオペラハウスのためのオペラを作曲するまでに... いや、音楽家の家系でもなく、誰かの弟子になるでもなく、聖歌隊に入って地道に音楽を学ぶでもなく、作曲家に成り得てしまったテレマンって、凄い!裏を返すと、そういうテレマンを生み出した豊かな音楽環境がバロック期のドイツにはあったわけで、イタリアやフランスとはまた違う音楽の在り様に感心させられてしまう。
さて、没後250年のメモリアルということで、テレマンが続きます。で、オペラに続いての室内楽... 有田正広のフラウト・トラヴェルソに、トウキョウ・バロック・トリオとして結集した、寺神戸亮のヴァイオリン、上村かおりのヴィオラ・ダ・ガンバ、クリストフ・ルセのチェンバロという豪華な面々による、テレマンのパリ四重奏曲集(DENON/COCO-75354)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽