So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

ヘンデル、水上の音楽。 [2017]

A432.jpg
8月、夏休みということもあって、こどもたちの姿をあちこちで目にする。だからだろうか、何となく街の表情も、いつもより楽しげに映るような... そして、夕闇が迫る頃、どこからともなく太鼓の音が聴こえて来て、浴衣姿の人を見掛ければ、ああ、盆踊りがあるんだなと... 遠くで、ドォンっ!と音が響けば、夜空に花火をつい探してしまう... こういう夏の楽しみの気配に、何だかワクワクさせられる。改めて、見渡せば、夏には、いつもとは違う、非日常が、そこかしこに仕掛けられているようで、おもしろい。そんな非日常に出くわすと、異界に迷い込んだようで、ちょっと眩惑される。さて、音楽であります。盆踊りに、花火と、夏は、やっぱり祭りかなと... ならば、祝祭の音楽に注目してみよう!ということで、今からちょうど300年前の夏へと遡ってみることに...
1717年、ロンドン、テムズ川でのページェント!アルフレード・ベルナルディーニが率いる、ピリオド・オーケストラ、ゼフィロの演奏で、今年、初演、300年を迎えるバロックの定番、ヘンデルの『水上の音楽』(ARCANA/A 432)。改めて、この人気作を見つめる。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘンデル、戴冠式アンセム。 [before 2005]

CDA67286.jpg
1711年、24歳の時、初めてロンドンを訪れたヘンデルは、オペラ『リナルド』で、センセーショナルなデビューを飾り、早速、ロンドンっ子たちを魅了。一端、ドイツに戻るも、翌年には再びロンドンへ!以後、ロンドンの音楽シーンの中心で活躍することになる。という、ヘンデルのロンドン時代は、とにかくシャカリキになってイタリア・オペラを生み出したというイメージ(でもって、疲れてしまって、オラトリオに移行... )があるのだけれど、そんな厳しいロンドンの音楽シーンの一方で、変わらず上得意だったのがイギリス王室!アン女王の誕生日のためのオード(1713)、キャロライン王太子妃のためのキャロライン・テ・デウム(1714)、ジョージ1世のための『水上の音楽』(1717)などなど、ヘンデルの音楽に魅了された歴代のイギリス国王、ロイヤル・ファミリーによる委嘱が、祝祭でも存分に力を発揮したヘンデルの才能を今に伝える。そして、イギリス王室、最大の祝祭が、戴冠式!
ということで、1727年、ジョージ2世の戴冠式を忠実に再現(よって、ヘンデルばかりではない... )する、興味深い2枚組... ロバート・キングの指揮、キングス・コンソートの歌と演奏で、"The Coronation of King George II"(hyperion/CDA 67286)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘンデル、リッカルド・プリモ。 [2008]

88697174212.jpg
1685年、バッハと同じ年に生まれたヘンデル。3歳になったモーツァルトがチェンバロを弾き始める1759年、74歳で大往生を遂げる。という風に、音楽史からヘンデルの74年の人生を捉えると、もの凄く長く感じられる。で、長い分、山あり谷ありでして... 痛快に感じられるほど、自ら道を切り拓いて行ったハンブルク時代(1703-06)、イタリア時代(1706-10)。その勢いそのままに乗り込んだ大都会、ロンドン!だったが、やがて強力なライヴァルたちが現れて、熾烈な競争から心身ともに疲労困憊、倒れてしまうロンドン時代... しかし、再び立ち上がるヘンデル!新たな道を切り拓き、ヨーロッパを代表する巨匠として輝く晩年。自らが作曲したオペラのようにドラマティックなその人生... いろいろありながらも、盛期バロックから古典主義が準備される頃まで、第一線を生き抜いたその音楽人生は、ただならない。改めてその姿を見つめると、バッハとは違う重みを感じる。
さて、前回、ヘンデルにとっても輝かしかった、1727年、ジョージ2世の戴冠式の音楽を聴いたので、その一ヶ月後に初演された、オペラを取り上げてみる... ポール・グッドウィンの指揮、バーゼル室内管弦楽団の演奏、ローレンス・ザッゾ(カウンターテナー)のタイトル・ロールで、オペラ『リッカルド・プリモ』(deutsche harmonia mundi/88697-17421-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベガーズ・オペラ。 [before 2005]

HMA1951071.jpg
ピューリタン革命に始まるキリスト教原理主義の共和政(1649-60)が音楽を弾圧したことで、オペラ受容が遅れたイギリスだったが、英語によるセミ・オペラを地均しに、本場、イタリア・オペラがロンドンでも上演されるようになると、18世紀、一気にオペラ文化が開花する。そこにやって来た、若きヘンデル。出資の問題で劇場の経営が悪化。劇場が閉鎖される事態があったものの、1719年、ボノンチーニ、ヘンデルらを作曲家に、イタリア・オペラを本格的に上演する団体、王立音楽アカデミー(国王を筆頭に、有力な貴族、音楽好きの富豪たちが出資する株式会社... )が設立され、1720年に最初のシーズンが開幕。以後、セネジーノ、クッツォーニ、ボルドーニら、イタリアのスターたちを擁して、ロンドンの音楽シーンにイタリア・オペラ旋風を巻き起こす。が、やがて、ロンドンっ子たちは、イタリア・オペラに飽き始める。そこに登場したのが、英語による歌芝居、バラッド・オペラ!
ということで、1728年、ロンドンに一大ブームを巻き起こしたバラッド・オペラ『ベガーズ・オペラ』に注目... ジェレミー・バーロウ率いるブロードサイド・バンドの演奏、パトリシア・クエッラ(ソプラノ)、ポール・エリオット(テノール)の歌で、バラッド・オペラの実像を見つめる"THE BEGGAR'S OPERA Original songs & airs"(harmonia mundi FRANCE/HMA 1951071)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ハンデル氏とロンドンを歩く(改訂版)。 [selection]

今月、下旬、シュテーガーによる"Mr. Corelli in London"、『ベガーズ・オペラ』の続編、『ポリー』を聴いて、俄然、18世紀、ロンドンの音楽シーンが気になる!クラシックにおける「音楽の都」と言えば、ウィーン。なのだけれど、音楽史から「音楽の都」を探ってみると、けしてひとつではなかったりする。例えば、パリ... バレエに熱中した太陽王の登場で、ヴェルサイユ宮を舞台に一気に花開いたフランス・バロック。太陽王の死により、フランスの音楽の中心はパリへと移り、宮廷から独立した音楽シーンが形成される。そして、宮廷には無いオープンな環境が功を奏し、間もなくヨーロッパ中の音楽家たちを惹き付け、「音楽の都」に成長する。さて、その成長のベースにあったのが人口である。18世紀、パリの人口は50万を越え、音楽のみならず、あらゆる面で"都"であったことが窺える。そして、そのパリを上回り、18世紀のヨーロッパで、最も人口が多かったのがロンドン!となると、パリに負けない、しっかりとした音楽シーンが存在していた?いやまさに急成長を遂げていた!
ということで、18世紀、国際音楽都市、ロンドンを巡るアルバムを聴きつないで、18世紀、もうひとつの音楽の都の様子を探る。そんなセレクションの試み... まずは、ヘンデルが活躍した18世紀前半!そうそう、ヘンデル、英語では、"ハ"ンデルなのだよね...

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ