So-net無料ブログ作成
検索選択

サイケデリック、キーボード・スタディーズ。 [before 2005]

MDG61311352.jpg
さて、ちょっと大掴みに20世紀の音楽を俯瞰してみます。で、20世紀の音楽は、近代以前と、「近代」、「現代」の3つに区分することができる。近代以前は、ウィーン世紀末に象徴される19世紀の延長。「近代」は、第1次大戦前夜、『春の祭典』のセンセーショナルな初演(1913)に端を発し、その「近代」の中で発明された12音技法を、より純化させたヴェーベルンが命を落とす第2次大戦終戦の年(1945)に「現代」は始まる。ヴェーベルンを起点に、総音列音楽を完成させるブーレーズ(となると、これもまた前の時代の延長か... )。音楽は、数値に基づく究極の抽象へと至る。が、そのシステマティックを極めた在り様に疑義を呈する偶然性の音楽の登場で、揺るぎようの無い総音列音楽が、呆気なく揺らぎ始める1950年代。揺らいでしまって、「現代」の音楽は、複雑怪奇(制御された偶然性とか、もう、苦し紛れ... )なものへと変容して行く。そうした中、1960年代、サイケデリックな文化が勃興するのに合わせて出現するのが、ミニマル・ミュージック。よりシンプルな形から、圧倒的な抽象へと至る音楽は、「現代」の音楽のみならず、様々な音楽に広く影響を与え、20世紀の音楽にカンフル剤となる。
ということで、前回、聴いた、グラスの『コヤニスカッツィ』(1982)に続いてのミニマル・ミュージック。いや、まさにミニマル・ミュージック!1960年代、サイケデリック全盛期のミニマル・ミュージック!異色のコンポーザー・ピアニスト、シュテッフェン・シュライエルマッハーの演奏とプログラミングで、テリー・ライリーのキーボード・スタディーズ(MDG/MDG 613 1135-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽