So-net無料ブログ作成

シンプルに、繰り返して、ペルト、"ALINA"。 [before 2005]

4499582.jpg
さて、ECMを聴いております。何となく、今の季節にしっくり来るような気がして...
ということで、6月は、ECM NEW SERIESをフィーチャー!改めて、この希有なレーベルについて見つめてみる。そんなECM、1969年、ベルリンで作曲とコントラバスを学び、ミュンヒェンでジャズのベーシストとなったマンフレート・アイヒャー(b.1943)によって創設される。Edition of Contemporary Musicを略してのECM。で、そのコンテンポラリー・ミュージックというのは、現代音楽ではなく、現代の音楽としてのフリー・ジャズを指し、ジャズ・レーベルとしてスタート。その後、1984年に、現代音楽にも枠を広げ、新たなライン、ECM NEW SERIESが立ち上がる。今では、古楽も、クラシックも取り上げつつ、ECMならではのセンスを貫いて、これまでにない瑞々しい音楽像を提示。プロデューサー、アイヒャーの、既存の価値観に捉われない確かなヴィジョンと、その先に聴こえて来る、権威や伝統のしがらみを脱し、そっと佇む音楽のピュアな表情... クラシックの世界から、ECM NEW SERIESに触れると、とても澄んだ印象を受ける。澄んでいるからこそ、音楽をより感覚的に聴くことができる気がする。またそれが心地良くて... この不思議な感触が、ECMの大いなる魅力かなと...
でもって、ECM NEW SERIESの幕開けを飾り、ブレイクを果たしたアルヴォ・ペルト... ウラディーミル・スピヴァコフのヴァイオリン、セルゲイ・ベズロードヌイのピアノ、ディートマール・シュヴァルクのチェロ、アレクサンダー・モルダーのピアノによる、ECM NEW SERIESらしいサウンドに彩られた、アルヴォ・ペルトの"ALINA"(ECM NEW SERIES/449 958-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽