So-net無料ブログ作成

ソヴィエトの終末を歌うのか... シュニトケ、回心の詩篇... [before 2005]

4535132.jpg
世の中、どんどん悪くなっている... そんな風に悲観しがちな今日この頃だけれど、少し視野を広げ、近現代史を俯瞰してみると、そう遠くない昔もまたそんな感じだったこと知る。前回、聴いた、ショスタコーヴィチの14番の交響曲が作曲された頃、今から半世紀前、1960年代... 東西分断の象徴、ベルリンの壁が建設(1961)され、冷戦は沸点に達しようというキューバ危機(1962)を凌ぐも、ケネディ大統領が暗殺(1963)され、キング牧師が暗殺(1968)され、ベトナム戦争が泥沼化し、プラハの春(1968)に代表される東欧の民主化運動はことごとくソヴィエトに踏み潰され、中国は文化大革命(1966-76)の阿鼻叫喚、イスラエルは第三次中東戦争(1967)を引き起こし、世界は混乱の只中にあった。その混乱は、今によく似て、間違いなく今以上。その荒涼たる風景が、ショスタコーヴィチの14番の交響曲の冷え切った表情に表れているのかもしれない... で、その後どうなった?東側世界が停滞する中、1975年、ショスタコーヴィチは世を去り、1980年代に入って、いよいよ以って社会主義が機能不全に陥り始めると、新たな混乱を呼ぶことになる希望の薄明かりが世界に広がり始める。
そうした時代を象徴する音楽だろうか?まるで、東側世界の終末を歌うような作品... トヌ・カリユステの指揮、スウェーデン放送合唱団による、ポスト・ショスタコーヴィチ世代のソヴィエトの作曲家、シュニトケの回心の詩篇(ECM NEW SERIES/453 513-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽