So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシア音楽の豊かさから生み出される『春の祭典』の衝撃。 [2014]

ASM15.jpg
さて、12月になりました。2016年も、終わりが見えて来ましたよ。
いつもだったら、もう師走!となるところだけれど、今年は、やっと辿り着いた感じ。それだけ、いろいろなことがあり過ぎたということなのでしょう。あり過ぎた分、今年の初めが、どんなだったか、全然、思い出せない... というより、それは3年くらい前に感じてしまうほど... いや、こういうのが、過渡期、時代が動いている証なのかもしれません。20世紀の惰性でここまで何とか転がり続けて来たものの、新たな動力を見出さなくては前へと進まなくなりつつあるのが今の世界か... 推進力を失いつつある中で、錯綜する人々の姿は、世紀末っぽい。いや、21世紀も16年が経とうしているのだけれど... それは、これまで、21世紀独自の動力を模索して来なかったツケでもあるように感じる。一方で、真の21世紀の開始は目前にも思えて来る。
なんてことを考えてしまうのは、バロックから古典主義への過渡期を巡って来たからか。いや、歴史から学ぶことは大きいのです。で、新しい時代へ... 気分を変えて、20世紀へとジャンプ!鬼才、フランソワ・グザヴィエ・ロト率いる、ピリオド・オーケストラ、レ・シエクルの演奏で、ストラヴィンスキーのバレエ『春の祭典』(MUSICALES ACTES SUD/ASM 15)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

生誕100年、デュティユー、近代を変容させて、現代へ... [before 2005]

3984253242.jpg
2016年も、残すところ一ヶ月を切りました。ということで、2016年のメモリアルな作曲家をざっとおさらい。で、どんな作曲家がいたかと言うと、生誕150年、サティ、それから、ブゾーニ、そして、没後100年、レーガー... このあたりが、2016年のメモリアルの顔だったかなと... 個人的には、没後150年、カリヴォダ、没後200年、パイジェッロ、生誕350年、ルベルなんかにスポットがあたるといいなと思っていたのだけれど、なかなかね... という2016年のメモリアル、派手なビッグネームこそないものの、個性派や、マニアックな面々が揃っていて、こういう年こそ、クラシックの視野を押し広げる良い機会だったはず... ま、なかなか難しいのが現実だけどね... なんて小言はさて置きまして、まだ拾い切れていなかった今年のメモリアルな作曲家を取り上げる。
ということで、生誕100年、デュティユー!ユッカ・ペッカ・サラステが率いたトロント交響楽団の演奏で、デュティユーの2番の交響曲、「ル・ドゥーブル」に、代表作、メタボール、ゴッホにインスパイアされた「時間、空間、運動」(FINLANDIA/3984-25324-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

生誕100年、ヒナステラ、その南米のスケール感、空気感... [before 2005]

75605513362.jpg
さて、前回に続いて、2016年のメモリアルな作曲家を掛け込みで取り上げる。で、生誕100年のデュティユーに続いての、もうひとりの生誕100年、ヒナステラ!いや、デュティユーと同い年?!漠然とだけれど、ヒナステラ(1916-83)には近代音楽のイメージがあって、デュティユー(1916-2013)には現代音楽のイメージがある。だからか、2人が同い年であることに、驚いてしまった。しかし、ヒナステラ、デュティユー世代を、改めて見渡すと、より驚かされることになる。イタリア音楽の伝統をスクリーン上で守った、ニーノ・ロータ(1911-79)、偶然性の魔法使い、戦後「前衛」のキーマン、ジョン・ケージ (1912-92)、自動演奏ピアノの穴開け職人、鬼才、ナンカロウ (1912-97)、東欧切ってのモダニスト、ルトスワフスキ (1913-94)、モダニズムの対岸で、独自の音楽を世界を築いたブリテン (1913-76)、交響曲からミュージカルまで、何でも器用に生み出した、バーンスタイン (1918-90)。いや、近代と現代の感性が混在する、興味深い世代... 恐るべき世代...
で、ヒナステラに話しを戻しまして、ヒナステラのスペシャリスト、ウルグアイ出身のマエストラ、ジゼル・ベン・ドールの指揮、ロンドン交響楽団の演奏で、ヒナステラの代表作、バレエ『エスタンシア』と、バレエ『パナンビ』(CONIFER CLASSICS/75605 51336 2)で聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

没後100年、グラナドス、極められる洗練の先に... [before 2005]

エンリケ・グラナドス・イ・カンピーニャ(1867-1916)。
キューバ出身の軍人の父と、北スペインの港町、サンタンデール出身の母との間に、1867年、カタルーニャ地方のリェイダで生まれたグラナドス。音楽好きの両親の影響で、早くから音楽に親しんだグラナドス少年は、幼くして才能の片鱗を見せ、バルセロナに出てピアノを学び始める。16歳の時にバルセロナのリセウ高等音楽院のコンクールで首席となり、作曲も学び始め、1887年にはパリのコンセルヴァトワールを目指すが、腸チフスに掛かり、入学を断念。しかし、コンセルヴァトワールの教授、シャルル・ウィルフリッド・ド・ベリオ(スペインが生んだ伝説のプリマ、マリア・マリブランの息子!)に師事。2年間、パリで研鑽を積むことになる。その後、バルセロナに戻り、ピアニストとして活動。1892年から3つ組みで順次発表されたピアノのための曲集、12のスペイン舞曲が評判を呼ぶと、1898年には、サルスエラ『マリア・デル・カルメン』をマドリッドで初演し、大成功。作曲家としても名声を博す。1911年には、代表作、ピアノ組曲『ゴイェスカス』を発表。この作品は、国境を越えて人気を呼び、パリでオペラ化の話しが持ち上がる。グラナドスは、早速、仕事に取り掛かり、間もなく完成させるも、第1次大戦が勃発。パリ、オペラ座での上演が難しくなると、ニューヨーク、メトロポリタン・オペラから声が掛かり、1916年、初演に漕ぎ付ける。初演に立ち合った後、グラナドスはイギリス経由で帰国するのだったが、途中、乗っていた客船がドイツの潜水艦に攻撃され、命を落とす。それから100年...
ということで、生誕100年、デュティユーヒナステラに続いての、没後100年、グラナドス。ジャン・マルク・ルイサダのピアノで、グラナドスの悲運を引き寄せたピアノ組曲『ゴイェスカス』(Deutsche Grammophon/435 7872)と、グラナドスの作曲家としての知名度を上げた12のスペイン舞曲を、マヌエル・バルエコのギター(EMI/CDC 754456)で聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1588年、その時、スペインとイギリスは激突した。"Armada"。 [before 2005]

VC7907222.jpg
スペインの音楽というと、アランフェス協奏曲とか、ファリャのバレエとか、国民楽派か、近代音楽か、というイメージが強い。前回、聴いた、グラナドスもまた、そうしたひとり... けれど、スペインの音楽は、そうした時代に始まるわけではない。現在のスペインの形ができた15世紀後半以来、ルネサンス期の黄金期、個性的なバロック期、ファリネッリ、ボッケリーニが活躍した18世紀、サルスエラが大いに盛り上がった19世紀と、その歴史を振り返れば、豊かな音楽シーンが浮かび上がる。一方で、普段、あまり注目されないのはなぜだろう?やはり、ヨーロッパの中心から外れるその場所のせいだろうか?ドイツ、イタリア、フランスが、西洋音楽のベースを築いて来たことは間違いない。のだが、かつて周縁でこそ音楽が大きく花開いたことがあった。それが、ルネサンスの後期。スペインの音楽の黄金期であり、イギリスの音楽もまた黄金期を迎えていた。そんなルネサンスの後期を、「スペインのバッハ」とも言われる、没後450年、カベソン(c.a.1510-66)を含む、多彩な音楽で聴く。
1588年、スペインとイギリスが激突したアルマダ海戦に因み、スペインとイギリスの音楽を対峙させつつ、ルネサンスの広がりを鮮やかに捉えた、ヴィオール・コンソート、フレットワークの意欲作、"Armada"(Virgin CLASSICS/VC 7 90722-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

17世紀、殺人!の果てに... 対決!そこに示される、未来。 [before 2005]

駆け込みで、2016年のメモリアルな作曲家を聴いております、今月。生誕100年、デュティユーヒナステラに、没後100年のグラナドス、そこから一気に遡り、没後450年、カベソンと来て、生誕450年みたい?ジェズアルドに、生誕400年かも?ヴェックマン、フローベルガーに注目してみる。さすがに400年も遡ってしまうと、生没年はおぼろげで、若干、覚束ないメモリアルなのだけれど、いやいや、なかなか興味深い面々でして... その殺人によって、スキャンダラスな側面が強調されてしまう南イタリアの名門貴族、ジェズアルド(ca.1566-1613)。同い年だろう、ドイツのヴィルトゥオーゾ2人、チェンバロによる対決を経て、親しい友人になったと言われるヴェックマン(ca.1616-74)とフローベルガー(1616-67)。多少マニアックではあるものの、ルネサンスからバロックへ、イタリアからドイツへ、メモリアルで結んでみたら、おもしろい風景が見えて来た!
ということで、おそらく生誕450年から、生誕400年であろう、作曲家たちを駆け込みで... ピーター・フィリップス率いる、タリス・スコラーズによる、ジェズアルドの聖土曜日のためのレスポンソリウム(Gimell/CDGIM 015)と、グスタフ・レオンハルトの演奏で、ヴェックマンとフローベルガーのチェンバロ作品集(SONY CLASSICAL/SK 62732)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1707年のローマと、1734年のローマ、伝統から新時代へ... [2008]

OP30461.jpg
さて、冬至です。一年で、昼間の時間が最も短い日。そして、明日から少しずつ陽の入りが伸びて行き... それは、すぐに気付くようなものではないけれど、ここが春への起点だと思うと、何かほっとさせられるものがあります。これが、電気などなかった時代の人にとっては、敏感に感じられるものだったのだろうな... 現代人にとってのカレンダーは、どこか無機質に数字が並び、その数字に追い立てられるような感覚があるけれど、昔の人の暦には、天体の動き、季節のうつろいが事細かに落し込まれ、まるで自然のガイド・ブックのよう。で、冬至が過ぎると、クリスマス!イエスの降誕を祝う祭日は、キリスト教以前のヨーロッパの冬至の祭りがベースだったと言われ、イエスの誕生は、春の始まりに重ねられたわけだ。そんな風にクリスマスを見つめると、また印象が変わる気がする。今でこそ、華やかなイルミネーションに飾られているけれど、クリスマス本来の光は、春へと向けてのわずかに伸びた陽の光なのかもしれない... なんてことを考えながら、春っぽい音楽を聴いてみる。
華々しいナポリ楽派による、ローマのために書かれたミサ... リナルド・アレッサンドリーニ率いる、コンチェルト・イタリアーノの歌と演奏で、ペルゴレージの聖エミディオのミサとアレッサンドロ・スカルラッティのクリスマスのためのミサ(naïve/OP 30461)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1620年頃、ローマ、新旧競演の豪華なクリスマス! [before 2005]

4378332.jpg
さて、クリスマス・イヴです。それが何か?みたいな状況を生きておりますが、音楽くらいはクリスマスで... ということで、1707年、ローマ、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂のクリスマス・ミサに続いて、1620年頃、同じく、ローマ、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂におけるクリスマスのミサを再現した興味深いアルバムを聴いてみる。のだけれど、その前に、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とは?教皇の御膝元、サン・ピエトロ大聖堂とともに、ローマの四大バシリカ(最上級の特権を持つ教会=バシリカ)に数えられる由緒正しき大聖堂は、一時期、教皇の宮殿にも使われたことがあるほどで、教皇にとって極めて重要な大聖堂。現在もヴァティカン市国外に在りながら、教皇庁の行政権が及ぶという特殊な地位を保っている。そして、アレッサンドロ・スカルラッティが楽長を務めた大聖堂である。音楽史においても輝かしい存在!そのクリスマスのミサともなれば、また、豪華...
ということで、ポール・マクリーシュ率いる、ガブリエル・コンソート&プレイヤーズによる歌と演奏で、この人も楽長でした、パレストリーナのミサ「今日キリストは生まれたまいぬ」を軸に、ルネサンスからバロックへとうつろう時代の多彩な作曲家たちの作品で織り成される、1620年頃のサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂のクリスマスのミサ(ARCHIV/437 833-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年、今年の音楽、『ル・グラン・マカーブル』。 [before 2005]

SRCR2403.jpg
クリスマスを過ぎれば、今年も、もう終わり... いや、"やっと"終わるというのが、2016年の実際の印象ではないだろうか。とにかく、いろいろなことがあり過ぎて、年初の頃があまりに遠く感じられる。これまで巧みに隠されて来た闇は暴かれ、驚かされ、あるいは、溜め籠められて来たフラストレーションが各地で爆発し、世界が揺さぶられる事態が続く... 株の世界では、申年は騒ぐらしいのだけれど、株のみならず、まさに!な1年。で、酉年も騒ぐらしく... 「申酉騒ぐ」というのが、本来の言い方。つまり、この年越しは、折り返し地点。これから後半戦が始まると考えると、すでに気が重くなる。そんな思いにさせられる2016年を振り返って、今年の漢字、ならぬ、今年の音楽を選んでみた。ということで、音のタイル張り舗道。が選ぶ、2016年の音楽!
エサ・ペッカ・サロネンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏、ロンドン・シンフォニエッタ・ヴォイセズの合唱、ヴィラード・ホワイト(バス・バリトン)らの歌による、リゲティのオペラ『ル・グラン・マカーブル』(SONY CLASSICAL/S2K 62312)で、聴き納め。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さようなら、2016年。 [overview]

近年、稀に見る、大騒ぎの一年が終わろうとしています。終わろうとしているのだけれど、気は抜けない... 年の瀬、押し迫っても、大火事に、地震と、なぜにここまで!というくらいに、何かが起きる。まさに波乱の一年。振り返ってみると、その事実が信じられないほど。何なのだろう?この異様さ... まるで、地球そのものが興奮状態にあるかのよう。が、そこに今年も第九が流れ出す。年末、クラシックの世界は、どこもかしこも第九となり、つられて聴いてしまうのだけれど、嗚呼、年末に聴くものなんだなと、奇妙に腑に落ちるものを感じる。今年は、余計に感じる。紆余曲折あって辿り着いたベートーヴェンの集大成、生半可の音楽ではない。今、改めて聴いてみれば、全てを包み込むようで、不思議な癒しとともに、聴く者を叱咤するところもあるのか、何だか勇気付けられる。だから、みんな引き寄せられるのだろうな... だから、年の瀬に取り上げられるのだろうな... そんな第九が、この年末に、何度も何度も奏で歌われるのであるならば、地球の興奮も収まるのでは?ふと、考えてしまう。
さて、今年、最後の更新です。例年通り、2016年に聴いたアルバムを振り返る。で、生誕150年のサティに始まり、リゲティの『ル・グラン・マカーブル』まで、143タイトルを聴いた2016年。近頃、ひとつひとつの音楽を丁寧に見つめることで、見えてくる風景が変わってきた気がする。いや、ますます音楽って深いなと、おもしろいなと感じた2016年を、振り返ります。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽