So-net無料ブログ作成

早咲きロマンティック、グルック、パリ時代の疾風怒濤! [before 2005]

4715822.jpg
さて、11月となりました。気が付けば、木々がしっかりと色付いて来ていて、目に見えて秋の深まりを感じる今日この頃... そんな秋の深まりの中、「ロマン主義」について、いろいろ見つめて来たのだけれど、その源流はどこにあるのだろう?ふと思う。18世紀、アンシャン・レジームの花やかな中で育まれた古典主義の延長線上に、ロマン主義は存在しないように感じる。ロマン派の音楽は革命世代の音楽であって、古典主義に対するカウンター・カルチャー。となると、その源流は、古典主義を飛び越して、その前の時代へと遡るか?例えば、ロマン主義の音楽に多大な影響を与えたゲーテ(1749-1832)が駆け出しだった頃、『若きウェルテルの悩み』(1773)を発表し、一大旋風を巻き起こした疾風怒濤の時代... ロマン派の作曲家たちがインスパイアされたゲーテの、その芸術性が育まれた時代に、19世紀、ロマン主義の音楽の源流を探ってみようかなと...
ということで、疾風怒濤を切り拓いた作曲家とも言える存在、グルック!マルク・ミンコフスキ率いる、レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの演奏、コール・デ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの合唱、リチャード・クロフト(テノール)、ミレイユ・ドランシュ(ソプラノ)のタイトルロールで、グルックの代表作、オペラ『オルフェオとエウリディーチェ』のパリ版(ARCHIV/471 582-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バロック?古典主義?割り切れない18世紀の疾風怒濤... [before 2005]

COCO80479.jpg
ゲーテ(1749-1832)の同世代で、ゲーテとも親交を結んだ、ドイツの劇作家、クリンガー(1752-1835)が、1776年に書いた戯曲、『疾風怒濤』に因む、「疾風怒濤」、ドイツ語で、シュトルム・ウント・ドラング... バロックを脱したヨーロッパに広がった文化的気分、古典主義の洗練、端正さ、啓蒙主義の開明で理性的であることに反発を覚えた文学青年たちが、ルソーの「自然に帰れ」に刺激され、1770年代、より率直に人間らしい感情を表に出す作品を発表... ゲーテの『若きウェルテルの悩み』(1774)は、その象徴的な作品となるわけだけれど、そうした文学運動は、すぐに音楽にも伝播し、激しい、感情的な音楽が、古典主義の音楽を一時、掻き乱すことになる。それが、音楽史における疾風怒濤の時代。この「疾風怒濤」を改めて見つめてみる。
ということで、日本を代表するチェンバリストのひとり、中野振一郎が、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ、ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ、ハイドンのソナタを、チェンバロで弾くアルバム、ズバリ、『疾風怒濤』(DENON/COCO 80479)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カール・フィリップ・エマヌエル、ベルリンからハンブルクへ... [before 2005]

大バッハがこの世を去ったのが1750年。それは、モーツァルトが生まれる6年前。大バッハ=バロックが逝って、モーツァルト=古典主義がやって来る。ちょうど世紀の真ん中で、新旧が交代する。そういう解り易い形がクラシックにはあるのかもしれない。けれど、実際の音楽史は、そう綺麗に片付かない。というより、まったく以って複雑!ロココの繊細さ、感傷に彩られたフランス趣味、ナポリ楽派の流麗さ、スター主義がバロックの性質を変え始めた18世紀前半、大バッハの息子世代が、父の影響下から脱しようと模索する中、その摸索そのものが新しい音楽を形作る。そして、バッハ家の次男、カール・フィリップ・エマヌエルは、ナポリの最新モードと、宮廷に広がるフランス趣味が交差したドイツにおいて、バロックとロココの間を激しく揺れる、多感主義へと至る。
ということで、疾風怒濤に続いての、そのベースとなったとも言える、ポスト・バロックの形、多感主義に注目してみようかなと... ベルリン古楽アカデミーの演奏で、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの、ベルリン時代の交響曲(harmonia mundi FRANCE/HMC 901711)と、ハンブルク時代の交響曲(harmonia mundi FRANCE/HMC 901622)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィルヘルム・フリーデマン、大バッハが最も期待した息子... [before 2005]

HMC901772.jpg
ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(1710-84)。
大バッハの長男で、カール・フィリップ・エマヌエル(1714-88)の4つ年上の兄。ヴァイマルで生まれ、幼い頃から父による最高の音楽教育を授けられる。それは、『ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集』(1720)という、父の熱意の籠った曲集に表れている。やがて、父がライプツィヒの音楽監督に就任(1713)すると、父がカントルを務めるトーマス教会の付属学校(トーマスシューレ)に入学。さらに、ヴァイオリンを学ぶため、ヨハン・ゴットリープ・グラウン(ピセンデル、タルティーニの弟子で、後に、フリードリヒ大王の宮廷に仕えたヴァイオリンの名手... 弟、カール・フィリップ・エマヌエルの同僚となる... )にも師事。そこには、より幅のある音楽家への成長を願う父の思い入れがあったのだろう。やがて、ライプツィヒ大学に入学するも、音楽家としての活動を本格化、父を助け、さらには、忙しい父の代役を務めることも... そうして、1733年、22歳の時、父の威光も手伝って、ドレスデンのゾフィア教会のオルガニストのポストを獲得。1746年には、ハレの音楽監督に就任するのだったが、父の死を境に、その人生は暗転して行く...
ということで、大バッハが最も愛情を注ぎ、期待した、ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハの交響曲(harmonia mundi FRANCE/HMC 901772)を、弟、カール・フィリップ・エマヌエルの交響曲に続いて、ベルリン古楽アカデミーの演奏で聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マンハイム楽派、古典主義の先陣を切る交響曲の精悍! [before 2005]

3984283662.jpg
モーツァルトの音楽に、バロックを感じることは、ほとんど無い。一方で、バロックの息子世代、ヴィルヘルム・フリーデマン、カール・フィリップ・エマヌエルのバッハ兄弟の音楽を改めて聴いてみると、モーツァルトの萌芽を見出し、とても興味深く感じられる。モーツァルトの音楽は、その前の世代の様々なスタイルを、巧みにひとつに撚って、生み出されたもの。けして、天から降って来たものではない。18世紀の音楽は、前半(バロック)、バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディ、後半(古典主義)、ハイドン、モーツァルトの5人に集約されて紹介されがち... けれど、19世紀の音楽同様、様々な個性があり、興味深い地域差もあって、より複雑な展開を見せるのが18世紀の音楽の真実。前半と後半、という風に、安易に二分できるものではない。何より、前半から後半へと変容する過程、ポスト・バロックの音楽こそ、18世紀の音楽の肝であり、19世紀の音楽へと至る起点のように感じる。
で、そんな起点のひとつ、モーツァルトも大いに刺激を受けたマンハイム楽派を見つめてみようかなと... コンチェルト・ケルンの演奏による、シュターミッツツ親子、カンナビヒら、マンハイム楽派の面々による、交響曲、協奏曲を集めたアルバム、"MANNHEIM: THE GOLDEN AGE"(TELDEC/3984-28366-2)。まさに黄金期!輝かしき、マンハイムの音楽を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マンハイム楽派、集大成のオペラに浮かぶ19世紀、ドイツ... [before 2005]

9992652.jpg
マンハイム楽派というと、交響曲のイメージがあるのだけれど、マンハイムの宮廷では、オペラも欠かせなかった。1742年に、マンハイム城に劇場が完成して以後、オペラは宮廷音楽の重要な位置を占める。そして、プファルツ選帝侯のいとも豪華なる音楽生活は完成された!週に2回ほどのオペラ上演は、上演の後に夜食と室内楽のコンサートがあり、オペラの上演が無い時は、「アカデミー」と呼ばれた交響曲のコンサートがあって... 嗚呼、何と言う音楽三昧!で、さらにフランス語劇、バレエもあって... こうなって来ると、劇場とコンサート・ホールを併設した芸術センターで生活しているようなもの... 恐るべしマンハイム!一方で、オペラとコンサートのバランスがしっかり取れていることが、マンハイムの宮廷を際立たせている。それは、プファルツ選帝侯の音楽愛が、本物だった表れだろう。だからこそ、新しい挑戦を許容する度量を生み、マンハイムは輝いたわけだ。
ということで、マンハイムの交響曲に続き、マンハイムのオペラ!そのマンハイムのオペラを交響曲に負けず、盛り立てた宮廷楽長、ホルツバウアーに注目... ミヒャエル・シュナイダー率いる、ラ・スタジオーネの演奏とコーラス、ロベルト・ヴォルレ(テノール)のタイトル・ロールで、ホルツバウアーのオペラ『ギュンター・フォン・シュヴァルツブルク』(cpo/999 265-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリードリヒ大王の時代の幕開けを告げるオペラ、 [before 2005]

HMC901561.jpg
18世紀のオペラというと、とにかくナポリ楽派!スター・カストラートと華麗なる音楽でヨーロッパを征服。その一方で、パリを沸かせたフランス・オペラも、18世紀のオペラに様々な刺激を与え、興味深い展開を生む。で、ドイツなのだけれど... まだまだローカルだった音楽環境が、かえって実験的な場を生み出す機会も与えたか?モーツァルトも影響を受けた、マンハイムのオペラなどは、19世紀のドイツ・オペラの萌芽とも言えそうな作品を生み出していて、もっと注目されてもいいのかもしれない。そして、もうひとつ、独特の個性を育んだベルリンのオペラもまた、興味深いものがある。フリードリヒ大王が君臨したベルリン... 自らフルートを奏で、作曲もこなした大王は、その音楽的素養の高さから、他の王侯とは違うスタンスで音楽に向き合い、より積極的に音楽に関与したことで、モードに流されないベルリンのオペラの独特なテイストを形成することになる。
ということで、マンハイムに続いて、ベルリン!ルネ・ヤーコプスの指揮、コンチェルト・ケルンの演奏、ジャネット・ウィリアムズ(ソプラノ)、イリス・ヴェルミリオン(メッゾ・ソプラノ)によるタイトルロールで、グラウンのオペラ『クレオパトラとチェーザレ』(harmonia mundi FRANCE/HMC 901561)。日本でもお馴染みのあのベルリン国立歌劇場の柿落とし飾った作品を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリードリヒ大王と向き合う大バッハ、新旧の対峙... [before 2005]

05472773072.jpg
1740年、フルートの名手で、作曲もこなし、後に「大王」と呼ばれるフリードリヒ2世(在位 : 1740-86)がプロイセン王に即位。それは、軍国主義を布いた先王、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(在位 : 1713-40)によって抹消されたベルリンの宮廷音楽の復興を意味していた。そして、フリードリヒ大王による復興事業の目玉が、オペラハウス(現在のベルリン・シュターツオーパー)の建設。即位と同時に動き出したプロジェクトは、2年後の1742年、宮廷楽長、グラウンの『クレオパトラとチェーザレ』で、早くも柿落としに漕ぎ付ける(とはいえ、工事はまだ終わっていなかった!)。そうして本格始動する大王の宮廷音楽... 大王のフランス趣味と、楽長、グラウンのニュートラルな音楽性が結ばれ、ベルリン独自のギャラント様式が育まれて行く。
その大王の宮廷を訪れた大バッハ、大王から賜った主題に基づき、やがて"捧げもの"をする... ピリオド界の雄、クイケン兄弟、バルトルドのフラウト・トラヴェルソ、シギスヴァルトのヴァイオリン、ヴィーラントのヴィオラ・ダ・ガンバ、そして、ロベール・コーネンのチェンバロによる、バッハの『音楽の捧げもの』(deutsche harmonia mundi/05472 77307 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブフォン論争を乗り越えて、ラモー、『ゾロアストル』の勝利! [before 2005]

0927431822.jpg
1747年、バッハは、フリードリヒ大王のいともロココな宮廷に乗り込んで、バロックの巨匠として対位法を駆使し、"時代遅れ"を逆手に取るような『音楽の捧げもの』をまとめ、気を吐いてみせた。18世紀半ばというのは、バロックの巨匠たちにとって厳しい局面であったと思う。迫り来る新しい時代に合わせるべきか?そもそも合わせられるのか?バッハが選んだ道は、実はラディカルで、時代を超越してみせて、結果、今、その音楽は、燦然と輝いているから、おもしろい。そして、『音楽の捧げもの』から2年後のパリ、1749年、フランス・バロックの巨匠、ラモーが初演したオペラが、またおもしろい変遷を辿り、さらに7年後の1756年、勝利する。
ということで、ウィリアム・クリスティ率いる、レザール・フロリサンの演奏と合唱、マーク・パドモア(テノール)のタイトルロールで、ラモーのオペラ『ゾロアストル』(ERATO/0927 43182-2)。新旧がせめぎ合う中、バロックを進化させ、驚くべき新しさを放ったオペラを聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オペラ改革を準備する、グルック、『ドン・ジュアン』の新時代。 [before 2005]

SK53119.jpg
1742年、グラウンのオペラによるベルリンの王立歌劇場の柿落とし、1747年、フリードリヒ大王へのバッハによる『音楽の捧げもの』。1749年、ラモーのトラジェディ・リリク、『ゾロアストル』の芳しくなかった初演、1752年に始まるブフォン論争でラモーは新しい時代の敵役に... が、1756年、しっかりと練り直された『ゾロアストル』の再演は、大成功。こんな風に18世紀半ばを辿って来ると、これまで感じられなかった18世紀の音楽の生々しさを味わう。それでいて、18世紀のたおやかなイメージは覆され、新旧がせめぎ合う姿に、創造の激しさを思い知らされる。だからこそ、刺激的な音楽が多く生まれたのだろう。多感主義や疾風怒濤の激しさは、新旧のせめぎ合いそのものを表しているのかもしれない。そうした時代をサヴァイヴし、キャリアを築いたグルック... バロックと古典主義の狭間の時代を巡って来た今月、その最後に、グルックのオペラ改革に注目してみる。
バッハが逝って10年が過ぎ、ラモーがその最後の仕事に取り掛かろうとしていた頃... ブルーノ・ヴァイルの指揮、ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の演奏で、グルックのバレエ『ドン・ジュアン』と『セミラミス』(SONY CLASSICAL/SK 53119)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽