So-net無料ブログ作成
検索選択

シンフォニスト、シューベルト、ロマン主義から、その先へ... [before 2005]

シューベルト(1797-1828)の人生は31年。その31年の間に完成された交響曲は8曲(「未完成」というのもあるけれど... )。35歳で逝ったモーツァルト(1756-91)が、41番まで書いたことを思い起こすと、8曲というのは、とても少ない。一方で、56歳で逝ったベートーヴェン(1770-1827)が、第九までだったことを考えると、十分に多い。という2つの視点から見つめれば、シューベルトは、18世紀的な交響曲の在り方と、19世紀的な交響曲の在り方の、ちょうど中間に立っていたと言えるのかもしれない。また、その8曲には、古典主義からロマン主義へとうつろう時代が、しっかりと刻まれており、改めて1番から聴いてみると、過渡期を強く印象付けられる。そして、その過渡的なあたりに、シューベルトらしさを見出し、腑地落ちるものを感じる。
ということで、ジョス・ファン・インマゼール率いるアニマ・エテルナの、シューベルトの交響曲全集、10代で作曲された 1番から5番に続いて、6番と「未完成」(SONY CLASSICAL/SK 63094)、「ザ・グレイト」(SONY CLASSICAL/SK 63096)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブルックナーらしさ... 未だ御し切らぬ3番のラディカルさ! [before 2005]

HMC801817.jpg
はぁぁぁ... ニュースを見ていると、もはや、散々ですね。いや、こういう時こそ、絶対音楽!音楽そのものへと集中を促す、その在り方は、何か修行を思わせるところがあって... 例えば、交響曲であるならば、その規模の大きさに身を浸して、音そのものと向き合うと、俗世と切り離されるような感覚を味わう。って、ちょっと仰々し過ぎるか... けど、改めて「交響曲」を考えてみると、単に楽しい音楽ではない、求道的な魅力が間違いなくある。そのあたりが、21世紀のリアルとかけ離れているのだろうけれど、一方で、21世紀に欠けているものが、その姿勢にあるような気もする。ということで、絶対音楽=交響曲、ハイドンシューベルトと来て、その先へ...
ということで、絶対音楽の頂?ブルックナーの峻厳なる交響曲!ケント・ナガノが率いたベルリン・ドイツ交響楽団の演奏で、ブルックナーの3番、「ワーグナー」(harmonia mundi FRANCE/HMC 801817)を聴いて、俗世の諸々から、一時、解放されてみる。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブルックナーらしさを抑え、時代を捉えた6番の美しさ... [before 2005]

OC215.jpg
改めて、ブルックナーという存在を見つめると、興味が尽きない。のは、ブルックナーが苦手だった過去があるからなのだと思う。遅ればせながのブルックナー・ファン?遅れている分、今さらながらに新鮮!何しろタダモノではないブルックナー、その音楽世界に触れれば、いつも途方も無いものを感じてしまうばかり... いや、だからこそ、知れば知るほど、おおっ!?と、なってしまう。そして、ブルックナーという際立った個性を生み出した時代、背景もまた興味深い。音楽史を度外視するようなブルックナーという存在を丁寧に見つめると、音楽史の真実の姿と言うべきか... 古典主義からロマン主義へ、という教科書的な展開では捉え切れない、19世紀というクラシックの核たる時代の多様さ、一筋縄には行かない展開が、とても刺激的に感じられる。
ということで、ブルックナー、絶対音楽、極まる、3番に続いて... スタニスラフ・スクロヴァチェフスキの指揮、ザールブリュッケン放送交響楽団(現在はドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団... )の演奏で、ブルックナーの6番の交響曲(OEHMS/OC 215)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブルックナーらしさの歩みを振り返る9番、円熟が生む感動。 [before 2005]

82876543322.jpg
ブルックナーの交響曲は9番まであるわけだけれど、全9曲かというと、そうではないのがおもしろいところ。で、特におもしろいのが、「0番」の存在!習作(1863)、1番(1866)を経て、1869年、ウィーン音楽院の教授となって間もない頃に、2番の交響曲として作曲されたのが、この「0番」。で、なぜに「0番」かと言うと、初演を目指して、その草稿をウィーンの宮廷歌劇場の指揮者で、楽壇の実力者、デッソフに見せたのだったが、1楽章について、「一体、主題はどこにあるのかね?」という一言で、その存在を無効、ゼロにしてしまったから... 気にしいのブルックナーならではのエピソードを持つ「0番」。いや、ある意味、「0番」は、ブルックナーの性格を象徴した作品だと言えるのかもしれない。で、さらにおもしろいのが、習作、ヘ短調の交響曲が、「00番」、ダブル・ゼロと呼ばれたりするところ... もう突っ込まずいられないよォ... で、そんなツッコミ所も、この不器用な作曲家の愛すべきところかなと... というブルックナーは、習作、無効、未完も含めて、全11曲の交響曲を残している。
さて、今回、聴くのは、未完に終わった11曲目... ニコラウス・アーノンクールの指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ブルックナーの最後の交響曲、9番。なのだけれど、完成された3楽章までの他に、未完の終楽章の断片をアーノンクールの解説とともに演奏するという、もう1枚が付いた興味深い2枚組(RCA RED SEAL/82876 54332 2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シューベルト、ブルックナー、弦楽五重奏で辿るウィーンの系譜。 [before 2005]

交響曲を、絶対音楽として、改めて捉え直してみたい... と、ハイドンシューベルトブルックナー、ウィーン古典派に端を発する交響曲の系譜を追い、14曲の交響曲を聴いて来たのだけれど... それは、とても興味深く、ただ単に聴くのではなく、系譜として聴くことで、発見もあり、聴き知った交響曲も、もの凄く新鮮に感じられた。特に、ブルックナーは、定番を外して見えて来る、もうひとつの風景に大いに魅了された。のだけれど、ウーン、さすがに疲れた。交響曲は、やっぱり音が多い!多い音を追っていると、やっぱり消耗するよな... で、それを14曲も... ということで、よりシンプルな響きから、絶対音楽を見つめてみようかなと、弦楽五重奏... ウーン、このサイズに癒される!でもって、今度は、ブルックナーから、シューベルトへと遡ってみようと思う。
ピリオド・アンサンブル、ラルキブデッリによる、ブルックナーの弦楽五重奏曲(SONY CLASSICAL/SK 66251)と、ハーゲン四重奏団にハインリヒ・シフ(チェロ)が加わっての、シューベルトの弦楽五重奏曲(Deutsche Grammophon/439 7742)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シューベルト、シューマン、歌曲から見つめるロマン主義の深化。 [before 2005]

シューベルトからブルックナー、そしてまたシューベルトへと、19世紀、ロマン主義の時代を巡って来たのだけれど、ロマンっ気は薄かったか... 絶対音楽という観点から見つめると、ロマン主義の時代もまた違った表情を見せる。一方で、"ロマン主義の時代"と、わかり易く括ったとしても、実際の時代の姿は、そうわかり易いものではなく、様々な感性が混在し、一筋縄には行かない。そういう、混在を見つめていると、「ロマン主義」とは何んだろう?そんな疑問も湧いて来る。いや、普段、あまりに漠然と「ロマン主義」を捉えているのかもしれない。ということで、改めて考えてみる、ロマン主義の時代。それは、歌曲の時代、音楽全体に歌謡性が求められた時代であって... ロマン主義を象徴する要素としての"歌"に注目してみようかなと... 絶対音楽から、歌へ!
バーバラ・ボニー(ソプラノ)が歌う、シューベルトの歌曲の名作を集めたアルバム(TELDEC/4509-90873-2)に、ジェシー・ノーマン(ソプラノ)が歌う、シューマンの歌曲集『アンナの愛と生涯』(PHILIPS/420784-2)。ロマン派の歌曲を改めて聴いてみる。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマン主義を告げる人、ゲーテ... ファウストから広がる音楽。 [before 2005]

8573802342.jpg
音楽におけるロマン主義は、19世紀に入ってから、というイメージだけれど、「ロマン主義」というムーヴメントそのものは、18世紀に遡る。その始まりに、鮮烈に登場したのが、ゲーテ(1749-1832)の小説、『若きウェルテルの悩み』(1774)。この作品によって、ゲーテはロマン主義のアイコンに... と言いたいところなのだけれど、文学の世界では、ゲーテは古典主義にカテゴライズされるようで、調子が狂う。ま、モーツァルト(1756-91)より7つも年上となれば、18世紀後半、古典主義の時代を生きた人となるわけで、腑に落ちるものはある。が、ロマン派の作曲家たちに多くのインスピレーションを与えたゲーテの存在を音楽から見つめれば、やっぱりロマン主義の端緒だったかなと... そんなゲーテの役割を考えると、ロマン主義の音楽に文学は欠かせないなと...
ということで、ロマン派の作曲家たちの人気作?ゲーテがその人生を掛けて綴った代表作、戯曲『ファウスト』に注目!佐渡裕指揮、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、リスト、ワーグナー、ベルリオーズ、ロマン派の大家による、『ファウスト』を題材とした作品を集めた実に興味深いアルバム、その名もズバリ、"FAUST"(ERATO/8573-80234-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマン主義の偶像、ワーグナー... 新たなる世界。 [before 2005]

3984214842.jpg
19世紀、ロマン主義の時代、ゲーテ(1749-1822)は表現の垣根を越えて、文学から広く芸術に大きな影響を与えた。さて、音楽からはどうだったろう?ワーグナー(1813-83)!この人の存在感は、音楽史を見渡しても抜きん出ている。その影響は、まるで伝染病のように広がり、みな熱に浮かされた後で、アンチ・ワーグナーをも生み、ポジティヴにも、ネガティヴにも、芸術界に大きな波紋を広げる。そして、その波紋の大きさに、ロマン主義の頂点を見る思いがする。が、その頂点に在って、ワーグナー、当の本人は、ロマン主義を昇華し、すでに象徴主義を出現させてすらいて... それを受けた後期ロマン主義の様相は、どんどん一筋縄には行かないものに変容し... その変容の中に、近代音楽は準備され... すると、ワーグナーは、ロマン主義の頂点にして近代音楽の母だったのかもしれない。それまで、と、それから、の結節点としてのワーグナー。過去と未来が同時に存在したその音楽は、19世紀後半のヨーロッパに驚くべき光を放っていたのだろう。そして、今もなお...
という、19世紀、ロマン主義の時代のアイコン、ワーグナーを見つめる。ダニエル・バレンボイム率いるベルリン国立歌劇場、ペーター・ザイフェルト(テノール)のタイトルロールで、ワーグナーのオペラ『ローエングリン』(TELDEC/3984-21484-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマン主義の妖精、ジゼルは、ポップ!で、現代的? [before 2005]

SK42450.jpg
「ロマン主義」とは何だろう?そんな今さらながらの問いを立て、19世紀、ロマン主義の時代を巡っている今月... 歌曲からロマン主義を見つめ、ロマン派に最も人気なファウストに注目し、ロマン主義の時代のアイコン、ワーグナーの魅力に迫り、改めて考えた「ロマン主義」は、当然ながら一筋縄には行かない。が、その縄を何とか解いてみるならば... まず、文学の影響が大きい。そして、フォークロアの再発見。さらに、自然の再発見。勢い余って、超自然へと飛躍... それを可能とするのが、感情の解放... というあたりが、大雑把な「ロマン主義」の構成要素かなと... で、そこから浮かび上がるのは、革命の時代の気分を反映した、アンシャン・レジーム=古典主義への反抗。つまり、カウンター・カルチャーだったりする。どうしても、ロマン派の音楽というのは、クラシックの核たるレパートリーだけに、クラシカルなイメージがあるのだけれど、「ロマン主義」の実態は刺激的?
ということで、典型的な「ロマン主義」を聴いてみようかなと... マイケル・ティルソン・トーマスが率いたロンドン交響楽団の演奏で、アダンのバレエ『ジゼル』(SONY CLASSICAL/SK 42450)。やっぱり、「ロマン主義」に、ロマンティック・バレエは欠かせない。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマン主義の結実、交響詩。ヴァイマル、リストの試み... [2012]

NCA60260.jpg
クラシックの顔とも言える、多くの交響曲の名作を生み出した19世紀は、「交響曲」の世紀に思えて来る。が、19世紀、ロマン主義の時代の性格を考えると、絶対音楽を追求した「交響曲」とは相容れないところもあり、もどかしい。そのもどかしさを呑み込んで、大胆に、ロマン主義と「交響曲」を結んだのが、ベルリオーズの幻想交響曲。物語を孕み、表題を持つ交響曲は、絶対音楽の概念を突破した交響曲として、もはや存在そのものがロマンティックなのかもしれない。そして、標題交響曲から、さらに踏み込んだのが、「交響詩」... シンフォニックでありながら、交響曲のような形に囚われることなく、自由に音楽を展開する。まさにロマン主義に合致した交響楽の在り方... というより、19世紀、ロマン主義の時代を象徴する形と言えるのではないだろうか?
ということで、「交響詩」を生み出したリストに注目!マルティン・ハーゼルベック率いる、ピリオド・オーケストラ、ウィーン・アカデミー管弦楽団による、初めて「交響詩」という言葉が用いられた作品、リストの交響詩「タッソ、悲哀と勝利」(NCA/NCA 60260)を聴く。

続きを読む...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロマン主義の複雑、幻想交響曲。ベルリオーズ、赤裸々... [before 2005]

4742092.jpg
19世紀、ロマン主義の時代を、ちょっと意識的に見つめて来た今月。これまで、あまりに漠然と見つめていた反動なんだろうけれど、見つめれば、見つめるほどに新鮮!いや、「ロマン主義」って、こういうものだったんだなと、今さらながらに腑に落ちるようなところもあったり。腑に落ちて、見えて来るパノラマもあったりで、お馴染みの名作も、今なら、俄然、ワクワクしながら聴けてしまうかも... ということで、19世紀、ロマン主義の時代を象徴するお馴染みの名作を聴いてみようかなと... 前回、聴いた、リストの交響詩の源流とも言える、標題交響曲の金字塔、幻想交響曲!で、交響詩から標題交響曲へと遡るのが、また興味深いのだよね...
でもって、鬼才、マルク・ミンコフスキの指揮、気鋭の室内オーケストラ、マーラー室内管弦楽団と、ピリオド・オーケストラの雄、レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの刺激的なジョイントで、ベルリオーズの幻想交響曲(Deutsche Grammophon/474 209-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽