So-net無料ブログ作成
検索選択

束の間の平和、踏み出される一歩、19世紀のハイドン。 [before 2005]

ポスト・モーツァルトの時代を、ベートーヴェンのピアノ協奏曲を軸に俯瞰してみよう... ということで、前回、1795年に完成した、ベートーヴェンの1番の2番のピアノ協奏曲を聴いたのだけれど、そんなピアノ協奏曲を引っ提げて、18世紀末、ベートーヴェンは、すでにピアニストとして活躍を始めていたわけだ。そうした中、ベートーヴェンの師、ハイドンもまだ健在で、『天地創造』(1799)、『四季』(1801)と、2つのオラトリオを世に送り出して、気を吐いている。まさに、ポスト・モーツァルトの時代の、興味深い情景!19世紀の人、ベートーヴェンと、18世紀の人、ハイドンが、同じ場所=ウィーンで活躍しているという、興味深さ... この新旧の重なりが、ポスト・モーツァルトの時代のおもしろさかなと... 考えてみると、何と贅沢な時代だったのだろう。で、ベートーヴェンの1番の2番のピアノ協奏曲の後に作曲された、ハイドンの2つのミサを聴いてみようと思う。
ニコラウス・アーノンクールが率いた、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの演奏、そして、アルノルト・シェーンベルク合唱団らによる、ハイドンの天地創造ミサ(TELDEC/3984-26094-2)と、ハルモニー・ミサ(TELDEC/3984-21474-2)を聴く。


19世紀、最初の年のハイドン... 豊かな表情に、ロマン主義が覗く、天地創造ミサ。

3984260942
エステルハージ侯爵家から解雇(1790)されたハイドンが、再びエステルハージ侯爵家のために仕事をする。その仕事というのが、侯爵夫人の命名日の祝祭(平たく言うと、バースデイ・パーティー!)のための音楽... ロンドンから戻った翌年、1796年から、毎年、1曲、1802年まで、6曲のミサを作曲したハイドン。ここで聴くのは、1801年の祝祭のために作曲された、5曲目、天地創造ミサ(track.4-14)。1798年にウィーンで初演され、大成功した、オラトリオ『天地創造』のアダムとイヴの二重唱のメロディーが、グローリア(track.6)に用いられていることから、天地創造ミサと呼ばれる。で、引用される部分は、そう長いものではないのだけれど、オラトリオっぽい感覚というのか、物語っぽさがミサに落し込まれ、少し砕けた雰囲気が、おもしろい。侯爵が妻にプレゼントするミサだけに、アダムとイヴの仲睦まじい情景を織り込むのは、ハイドンならではのウィットであり、サービスだったかなと... なればこそ、表情に富む天地創造ミサ。侯爵夫人のためのミサ、2曲目、1796年に作曲された戦時のミサ(1797年の祝祭用... )が象徴するように、それまでフランス革命戦争(1792-1802)が続き、オーストリアは次第に劣勢に立たされ、ハプスブルク帝国は不安に包まれていたのだが、1801年にリュネヴィルの和約が結ばれ、束の間の平和が訪れる中での祝祭... 天地創造ミサには、緊張が解けた朗らかさが感じられ、印象的。また、その朗らかさを生む豊かな表情に、ロマン主義を予感させるところも... そこには、前年に完成し初演されたオラトリオ『四季』で見せる、脱古典主義?より人間的な、息衝く感覚が活かされていて... 18世紀の人、ハイドンも、ポスト・モーツァルトの時代を生きたひとり、その音楽は、弟子、ベートーヴェンとまでは行かなくとも、間違いなく新しい時代へと歩み出しており、19世紀、最初の年の音楽としての天地創造ミサを意識させられる。
という天地創造ミサを挟むように、アーノンクールはシューベルトの教会音楽を取り上げるのだけれど、それは、間違いなくハイドンの延長線上にある音楽で... 始まりのマニフィカト(track.1-3)の雄大さは、天地創造ミサから13年を経た1815年の作曲、ハイドン後を強く意識させられるものの、聴き進めて行くと、ハイドンへと還るようでもあり、おもしろい!そこからの天地創造ミサというのが、また絶妙!そして、最後のオッフェルトリウム「声をはりあげよ」(track.15)は、シューベルト、最期の年、1828年の作曲だけに、よりメロディアスで、まさに19世紀なのだけれど、一方で、モーツァルトやハイドンの感覚が、まだそこに生きていて... 1809年、ハイドンが世を去った時、シューベルトは12歳、巨匠から、直接、学ぶことは無かったものの、その遺産はしっかりと受け継がれているのだなと... そして、もしハイドンが19世紀を生きたなら、こういう音楽に至ったのではないか?ハイドンとシューベルトを並べることで、途切れることの無いウィーン古典派の大きな流れを示すアーノンクール、そのセンスに脱帽の1枚。そこには、アーノンクールにしっかりと応える、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン、アルノルト・シェーンベルク合唱団の確かなパフォーマンスも欠かせない。

HAYDN: SCHÖPFUNGSMESSE ・ SCHUBERT: MAGNIFICAT
CONCENTUS MUSCIUS WIEN ・ HARNONCOURT

シューベルト : マニフィカト D 498
ハイドン : 天地創造のミサ Hob. XXII:13
シューベルト : オッフェルトリウム 「声をはりあげよ」 D 963

クリスティーネ・エルツェ(ソプラノ)
エリーザベト・フォン・マグヌス(コントラルト)
ヘルベルト・リッペルト(テノール)
ジェラルド・フィンリー(バス)
アルノルト・シェーンベルク合唱団
ニコラウス・アーノンクール/コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン

TELDEC/3984-26094-2




19世紀、2年目のハイドン... 18世紀を踏破しての感慨深さ、ハルモニー・ミサ。

3984214742
エステルハージ侯爵家のために再び仕事をし始めたハイドン、その最後、1802年の侯爵夫人(ちなみに、上のジャケットに描かれている人... )の命名日の祝祭のために作曲されたハルモニー・ミサ(track.1-11)。管楽器の合奏を意味する「ハルモニー」というニック・ネームで呼ばれるのは、まさにハルモニー=管楽が活躍するから... つまり、より充実したサウンドが響き出し、堂々たる風格を見せるハルモニー・ミサ。この作品は、エステルハージ侯爵家のための最後の作品になっただけでなく、ハイドンにとってもオーケストラを用いた大規模な作品の最後となる。ハイドンも70歳を迎え、かつてのようにタフには仕事をこなせなくなっていたのだろう、ハルモニー・ミサは、他のミサよりも倍の時間を掛けて作曲されたらしい。が、その分、集大成的な音楽が響き出す。それでいて、間違いなく、19世紀も響き出す。始まりのキリエの歌い出しの劇的なあたり、コーラスの重々しさ、壮大さは、ベートーヴェンのミサ・ソレニムス(1823)を予感させる。続く、グローリア(track.2)、ソプラノによるキャッチーなメロディーに導かれ、コーラスが歌いつなぐあたり、ちょっとオペラのような感覚がって、おもしろいのだけれど、そのコーラスはホモフォニックに歌い上げ、どこか革命歌を思わせるのか... 管楽が活躍し、サウンドが充実する一方で、聴く者にダイレクトに訴え掛けるようなハルモニー・ミサ。教会音楽というと、ポリフォニックに展開され、古めかしく、厳めしい印象があるけれど、そこから踏み出し、力強さやインパクトを生み出すに至ったハイドン。これが、18世紀、ウィーン古典派の巨匠の、長いキャリアの到達点だと思うと、感慨深いものがある。
その後で、エステルハージ侯爵家に仕え始めた頃、1763年のテ・デウム(track.16-18)と、1764年のカンタータ「今やいかなる疑いが」(track.12-15)を取り上げ、ハイドンの進化を見事に描き出すアーノンクール。きちんと対位法を繰り出し、古風さに包まれるテ・デウム。冒頭のレチタティーヴォ・アッコンパニャート(track.12)では、わずかにバロックの表情を残しつつ、ナポリ楽派流の華麗なるアリア(track.13)を繰り出すカンタータ。となると、その音楽、古臭く感じる?いやいやいや... それどころか、得も言えずフレッシュ!まだ30代前半だったハイドンの音楽は若々しく、これから黄金期を迎えるエステルハーザ(当時はまだ建設中... )の音楽を予感させる輝きに充ち、ハルモニー・ミサ(track.1-11)とはまた違う魅力を楽しませてくれる。
ハイドンのエステルハージ侯爵家での仕事の始まりと終わりを聴かせるアーノンクール。このマエストロならではの、作品それぞれの個性を引き出し、際立たせるあたりが、ハイドンの歩みをより強調して、音楽史そのものをダイナミックに聴かせてくれるかのよう。それは、天地創造ミサとシューベルトでも言えることで、カップリングの妙を引き立てる。そんなアーノンクールに対して、ハイドンの安定感を響かせるコンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの演奏も見事。色彩感のあるハーモニーを聴かせるアルノルト・シェーンベルク合唱団、ソリスト陣も手堅く、ハイドンの幅のある魅力を余すことなく聴かせる。

HAYDN: HARMONIEMESSE ・ TE DEUM
CONCENTUS MUSCIUS WIEN ・ HARNONCOURT

ハイドン : ハルモニー・ミサ 変ロ長調 Hob.XXII:14
ハイドン : カンタータ 「今やいかなる疑いが」 Hob.XXIVa:4
ハイドン : テ・デウム ハ長調 Hob.XXIIIc:1

エヴァ・メイ(ソプラノ)
エリーザベト・フォン・マグヌス(アルト)
ヘルベルト・リッペルト(テノール)
オリヴァー・ヴィドマー(バス)
アルノルト・シェーンベルク合唱団
ニコラウス・アーノンクール/コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン

TELDEC/3984-21474-2




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0