So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ロッシーニ、テーティとペレーオの結婚。 [before 2005]

ロッシーニが生きた時代というのは、どんな時代だったのか?ロッシーニが幼かった頃、フランス軍と教皇軍はイタリア半島中部でせめぎ合い、ロッシーニ一家は、大いに翻弄されている。が、ナポレオンがヨーロッパをその手中に収める頃、ロッシーニはその才能を開花させ、21歳でブレイク!それから間もない1814年、ナポレオンが敗退、1815年には完全に排除されると、保守反動のウィーン体制が確立され... そうした時代を反映するように、ナポレオンが登場する前の18世紀の音楽の延長線上に魅力的なオペラを次々に生み出す。その終着点として、音楽の都、パリに進出!ロッシーニは、若き巨匠として全盛期を迎える。が、1830年、七月革命により、ウィーン体制が大きく傾くと、それに共鳴するかのように、オペラを書くことをやめてしまうロッシーニ... 体調を崩し、実家のあったボローニャへと帰るも、1848年、ヨーロッパは再び革命の季節を迎え、イタリア統一運動が一気に熱を帯びると、ロッシーニは時代の荒波に揉まれ、脱出するかのように、再び、パリへと向かう。いや、オペラの巨匠として悠々自適の人生を送っていたかというと、けしてそう単純では無く、うつろう社会と呼応するように、上がったり下がったり、なかなかドラマティックな人生を送ったのがロッシーニの真実...
ということで、ロッシーニの人生の岐路に書かれた2つのカンタータを見つめてみようと思う。リッカルド・シャイーの指揮、フィラルモニコ・デッラ・スカラの演奏と合唱で、キャリアのギアが入る1816年のカンタータ『テーティとペレーオの結婚』(DECCA/466 328-2)と、波乱の前兆、1847年の教皇ピウス9世を讃えるカンタータ(DECCA/458 843-2)の2作品を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ、スターバト・マーテル。 [before 2005]

HMC901693.jpg
1810年、ヴェネツィア、サン・モイゼ劇場にて、1幕のファルサ『婚約手形』でオペラ作家デビューを果たしたロッシーニ。この時、18歳!1811年、初めてのオペラ・ブッファ『ひどい誤解』を、ボローニャで上演するも、台本が悪趣味とされ、舞台は中止に... が、1812年、ヴェネツィア、サン・モイゼ劇場で初演されたファルサ『幸せな間違い』がイタリア中でヒットすると、殿堂、ミラノ、スカラ座で、オペラ・ブッファ『試金石』を初演、大成功!1813年には、オペラ・セリア『タンクレーディ』と、オペラ・ブッファ『アルジェのイタリア女』をヴェネツィアで立て続けに大成功させ、国際的にブレイク!そこからは、もうとにかく快進撃!ナポリ、ウィーン、パリ、ロンドンを熱狂させ、ヨーロッパの音楽シーンを征服。が、1829年、37歳、『ギヨーム・テル』を最後に、オペラを書くことを止めてしまうロッシーニ。デビューからわずか19年... オペラ作家としてのロッシーニの活動は、実は短い。が、音楽を書くことはやめていなかった!いや、それどころか、老境に入ってますます多作!というのが、前回、聴いた、『老いの過ち』なのだけれど、こうしたオペラ引退後も、丁寧に見つめないと、ロッシーニの全体像は掴めない。
ということで、オペラ引退後の最大の作品を聴いてみる... マーカス・クリードが率いたRIAS室内合唱団、クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)、ペトラ・ヤング(メッゾ・ソプラノ)、ブルース・ファウラー(テノール)、ダニエル・ボロウスキ(バス)の歌、ベルリン古楽アカデミーの演奏で、ロッシーニのスターバト・マーテル(harmonia mundi FRANCE/HMC 901693)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年、ロッシーニ・イヤー!その室内楽曲、ピアノ曲にも注目... [before 2005]

2018年は、ロッシーニ・イヤー!ということで、今年は、このベルカント・オペラの巨匠に注目することから始めようと思うのだけれど... 前回の序曲に続いて、今回はベルカント・オペラじゃないロッシーニに迫ってみようと思う。いや、希代のオペラ作家として知られるロッシーニの作品は、当然ながらオペラが中心。しかし、人知れず、器楽曲も書いており、それらが、なかなか興味深い。でもって、侮れない!モーツァルトの再来のように持ち上げられた10代、とても習作とは思えない音楽を書いていて... オペラ作家として忙しくヨーロッパ中を巡っていた時も、各地でちょっとした音楽を書いていて... 引退後は、自らが主宰するサロンのために膨大な音楽を残しており、現役時代のオペラとはまた違う音楽世界を見せてくれる。で、そうした音楽世界を覗いてみると、"ベルカント・オペラの巨匠"というステレオ・タイプに囚われない、ロッシーニの真の姿に迫れるようで、刺激的... ということで、いつもとはちょっと違う、室内楽曲、ピアノ曲から、マニアックにロッシーニを見つめてみる。
ピリオドのチェロの名手、ロエル・ディールティエンス率いる、アンサンブル・エクスプロラシオンの演奏で、ロッシーニの室内楽作品集、"Una larme"(harmonia mundi FRANCE/HMC 901847)と、アメリカのピアニスト、フレデリック・チュウによる、ロッシーニ、晩年の曲集、『老いの過ち』から(harmonia mundi FRANCE/HMU 907102)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年、ロッシーニ・イヤー!ということで、序曲集。 [before 2005]

4316532.jpg
2018年はロッシーニ・イヤー!ということで、新年、最初の1枚は、ロッシーニの序曲かなと... いや、お正月というと、ウィンナー・ワルツが定番なのだけれど、軽快なロッシーニの序曲もまたぴったりな気がする。ロッシーニ・クレッシェンドで盛り上がり、ぱぁっとリズムが弾けるあたりは、シャンパンのよう。新年を祝うには、ロッシーニの方がいいようにすら思う。さて、みなさん、お正月は、どのように過ごされましたか?こちらは、緩みに緩んでしまって、日常を取り戻せるのかと心配になるほど... いや、大掃除だ、なんだで、思いの外、年末の疲れが出てしまったか、完膚なきまでに"お正月休み"状態。で、再起動のボタンが見つからない!そんな時には、ロッシーニ・クレッシェンド。新年のシャンパンは、エナジー・ドリンクでもあったことを思い出す。キャッチーなメロディーに、とにかく調子の良いリズム、テンションを上げてくれる要素でいっぱいの、ロッシーニの序曲!
ということで、没後150年のメモリアルを迎えたロッシーニの序曲で始める、2018年の音のタイル張り舗道。クラウディオ・アバドの指揮、ヨーロッパ室内管弦楽団の演奏で、ロッシーニの序曲集(Deutsche Grammophon/431 653-2)を聴いて、スタート。

続きを読む...


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

明けました、2018年! [miscellany]

明けました。おめでとうございます。
本年も、どうぞ、よろしくお願いします。ということで、お正月、如何過ごされておりますか?こちらは、完膚なきまでにお正月休み状態... ただひたすらに気が緩んでしまって、どう再起動したらいいのか、完全に迷子になっております。それでも、最寄りの神社に初詣に行き、遠くに富士山のシルエットを見つけて、ハッピー!そして、良い年になったらいいなァ。と、シンプルに思う。いや、昨年が昨年だっただけに、日本も、世界も、本当に良い年になって欲しいと願うばかり... 一方、クラシックにとっての2018年は、どんな年なのか?ロッシーニ(1792-1868)の没後150年のメモリアルにして、ドビュッシー(1862-1918)の没後100年のメモリアルであり、バーンスタイン(1918-90)の生誕100年のメモリアル!ベルカント・オペラの大家に、印象主義の大看板、交響曲もミュージカルも手掛けたマルチなマエストロと、個性的なビッグ・ネームのメモリアルが並び、なかなか花やかな一年になりそう。しかし、そればかりではない、2017年!
ということで、今年、メモリアルを迎える作曲家を、ざっと見渡しつつ、多少、マニアックな視点から、当blog的に注目したい作曲家を取り上げてみようかなと... てか、2017年、なかなか興味深い面々が揃っておりまして、かなり、おもしろくなりそう...

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

さようなら、2017年。 [overview]

さあ、この日がやって参りました。大晦日です。騒ぎに騒いだ2017年がやっと終わる!今や、清々しさすら覚えてしまう、12月31日であります。そうした中、音のタイル張り舗道。の、2017年を振り返ってみようかなと... という、2017年、酉年ということで、メシアンの「鳥たちの目覚め」に始まり、音のタイル張り舗道。が選ぶ"今年の音楽"、リヒャルト・シュトラウスの『サロメ』まで、132タイトル... 生誕450年のメモリアルだったモンテヴェルディに注目しつつ、モンテヴェルディのその周辺も含め、音楽史、最大の変革期のダイナミズムを追い、それから、モーツァルトの人生も追い、ベートーヴェンの人生も追い、この2人を育んだ、当時のウィーンの音楽シーンを俯瞰し、さらにECM NEW SERIESを大フィーチャー!このレーベルの希有な存在感に改めて感心... そうそう、没後250年のメモリアルだったテレマンも大フィーチャー!18世紀を前のめりになりながら走り切った大家の存在には、さらに魅了された。そして、カタルーニャの騒動を切っ掛けに、スペインの音楽にも注目!いや、カタルーニャという存在があったればこそ、スペインの多様性と、そこから生まれる豊かな音楽を思い知らされた。
しかし、音楽史をつぶさに見つめて浮かび上がるのは、けして分断ではなく、"つながり"のみ!ということ... どの国の音楽も、どの民族の音楽も、それぞれに個性を育みながら、つながり、また、思いの外、自由に移動して、新たなケミストリーを生んで来た史実。そういう音楽のフレキシブルさを、21世紀を生きる、より多くの人々が認識できたなら、自らと世界の捉え方は、また違ったものになるのかも... いや、そうあって欲しい!という願いを籠めて、132タイトルをざっと振り返ります。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リヒャルト・シュトラウス、サロメ。 [before 2005]

4441782.jpg
さて、"今年の漢字"が「北」とのことだけれど、ちょっとピンと来ない。まあ、かの国のことなのだろうけれど、"今年の漢字"というほどのものなのか?と、インパクトに欠けるように感じる「北」。そこで、昨年に続き、"今年の音楽"を選んでみようかなと... 音のタイル張り舗道。が選ぶ、2017年の音楽、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『サロメ』!いや、改めて、このオペラに触れてみると、まさに今を映し出すようで、恐くさえなる。もちろん、旧約聖書を題材とした作品であって、現代からは遠い話しなのだけれど、自らの欲望にのみ忠実な登場人物たちの有り様とか、その欲望のぶつかり合いが生む騒々しさとか、その先に待っている悲劇とすら言い得ない結末とか、象徴的なのが、律法学者たちの論を戦わせることに終始する不毛、さらには猟奇的で、倒錯的で、身も蓋も無いストーリー... そこには、原作である戯曲を書いたオスカー・ワイルドの時代、19世紀末の気分が濃厚に反映されているわけだけれど、それが、2017年のリアルに、あまりに重なるという、おもしろさ... いや、耽美的な世界で眩惑して来る人気作ではあるけれど、よくよく見つめれば、そう甘い作品ではないように思う。2017年の我々が見つめれば、何かヒリヒリするような、チクチクするような感覚があって、何とも言えない心地にさせられる。
ということで、クリストフ・フォン・ドホナーニの指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、ブリン・ターフェル(バリトン)のヨカナーン、キャサリン・マルフィターノ(ソプラノ)のサロメで、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『サロメ』(DECCA/444 178-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シュッツ、クリスマス物語。 [before 2005]

05472775112.jpg
2017年、本当に、本当に酷い一年だった。いや、この暮れも押し迫る中、未だに酷いことが、ダメ押しのように続く... ニュースに映し出される、その酷さを目の当たりにし続けると、何だかもう、それら、現実として受け止められなくなって来る。フェイク・ニュース?この言葉を発する人々の気持ちが、何となく理解できる気がして来た。許容量オーバーの現実を前にして、それらを嘘だとしてしまうことは、ある種の自己防衛本能なのかもしれない。一方で、現在、我々は、人類史上、最も恵まれた時代を生きているらしい。いやいや、それこそフェイク・ニュース!となりそうなのだけれど、一度、冷静になって、歴史を振り返ってみよう。携帯の無い時代、インターネットが無い時代、電気が無い時代、法の下の平等が無かった時代、食糧事情が悪かった時代、自然災害になすすべも無かった時代、神に祈るしかなかった時代... 歴史を遡れば見えて来る、我々は、人類史上、最も恵まれた時代を生きているという事実。そして、今、我々を惑わし、煩わせる、様々な問題の根っこにあるのは、その事実を認識できないでいることなのでは?問題を嘆くことばかりに忙しく、改善されて来たことを認めることができない... だから、この先への改善の道程が示せない... だから、ひたすら怒りに終始する。これは、何の呪い?
そんな呪いから自由になるために、ポジティヴな心持ちを取り戻す音楽... シギスヴァルト・クイケン率いる、ラ・プティット・バンドの演奏と合唱、シュテファン・ゲンツ(バリトン)、エリザベート・ショル(ソプラノ)、ハリーファン・デル・カンプ(バス)の歌による、シュッツの『イエス・キリストの降誕の物語』(deutsche harmonia mundi/05472 77511 2)で、メリー・クリスマス!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後500年のメモリアル、イザークを、サヴァールで聴く。 [2017]

AVSA9922.jpg
2017年にメモリアルを迎えた作曲家たちを、ざっとおさらい。
まず、何と言ってもモンテヴェルディの生誕450年!音楽史上最大の大変革を、見事に乗り切った巨匠の柔軟さに、今、改めて驚かされる。一方で、時代そのもののダイナミズムさにも驚かされた。というより、慄いた... ポリフォニーからモノディへ、音楽の在り方が根底から覆される時代というのは、作曲家たちにとって、恐ろしく過酷だったはず... それから、テレマンの没後250年!テレマンを改めて見つめて驚かされるのは、そのご長寿っぷり!で、その長い人生を追えば、バロックから古典主義へのうつろいが浮かび上がり... いや、そのスピード感にも驚かされた。しかし、テレマンは、そのスピード感に嬉々として乗ってしまうから、タダモノではない!という2人を大フィーチャーした今年だったのだけれど、他にも、生誕200年を迎えた、北欧音楽の端緒とも言える存在、デンマークの作曲家、ゲーゼ、生誕150年を迎えた、アメリカ発の作曲家としてヨーロッパで最初に成功した女性、ビーチなど、メモリアルなればこそ注目してみて、とても新鮮だったなと... いや、メモリアルに限らず、注目されるべき逸材!普段、あまり注目されないのが、実に惜しいなと、つくづく感じる。
そして、もうひとり、そんな作曲家に注目... 今年、没後500年のメモリアルを迎えた、イザーク。ルネサンス・ポリフォニー全盛期に、一味違うテイストを聴かせる?からか、大家たち間で埋もれ気味?ということで、ジョルディ・サヴァール率いるエスペリオンXXIの演奏、ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャの歌で、イザークの作品集(ALIA VOX/AVSA 9922)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

没後50年のメモリアル、コダーイから見つめるハンガリーの独特... [before 2005]

2017年が終わってしまう前に、2017年のメモリアルを駆け込みで取り上げる!ということで、今年、没後50年のメモリアルを迎えた、コダーイ(1882-1967)を聴いてみようかなと思うのだけれど... コダーイというと、ハンガリーの国民楽派を代表する存在で、ハンガリーの音楽の土台を作った人物というイメージが漠然とある。が、没後50年?意外と最近の人だったんだなと、今さらながらに、ちょっと驚いてしまう。もちろん、盟友、バルトーク(1881-1945)のひとつ年下となれば、そう古い人物でないことはわかるのだけれど、バルトークとは違って、国民楽派の内に踏み止まるような姿勢が、より古い人物に思わせるのか?ともに民俗音楽に没頭し、ハンガリーとしっかり向き合いながら作曲を行うも、違った方向性を示したコダーイとバルトーク。同じようで、けして同じではない。というより、ハンガリーの音楽自体が、一味違う。それは、他のヨーロッパの国々とは違う歩みを見せるようで、その歩調の違いから、捉え難いようなところすらあって... いや、改めて音楽史からハンガリーという国を見つめれば、独特。そして、その独特さこそが、20世紀、ハンガリーの音楽を、希有なものとしているように感じる。そこで、コダーイの代表作を聴きながら、独特なハンガリーの音楽を巡ってみようかなと...
20世紀を代表するマエストロのひとり、ハンガリー出身のゲオルグ・ショルティの指揮による2タイトル、ブダペスト祝祭管弦楽団の演奏、ハンガリー放送合唱団らの歌で、バルトークのカンタータ・プロファーナとコダーイのハンガリー詩篇を取り上げる"SOLTI ― The Last Recording"(DECCA/458 929-2)と、シカゴ交響楽団の演奏で、コダーイの代表作、組曲『ハーリ・ヤーノシュ』など、多彩な作品を取り上げる"hungarian connections"(DECCA/443 444-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -