So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヴェルディ、エルナーニ。 [before 2005]

7470838.jpg
19世紀、スペインを大きく揺さぶったのが、王位継承問題... 元来、イベリア半島には、スペインを成立させたイザベル女王を筆頭に、多くの女王がいたのだけれど、18世紀、フランスからやって来たボルボン王家は、女性による王位継承を禁じた、フランスのサリカ法をスペインに持ち込んで、女王の誕生を封じていた。が、国王、フェルナンド7世(在位 : 1808, 1813-33)は、45歳にして、やっと授かったイザベル王女の誕生を機に、サリカ法を破棄(1830)。次の王として既定の存在であった、弟、モリナ伯、カルロスを、国外へと追放してしまう。しかし、その3年後に、国王が世を去ってしまい、3歳になる前のイザベル王女が、母を摂政に、イザベル2世(在位 : 1833-68)として女王に即位。そして、その叔父にあたるカルロスもまた、亡命先のポルトガルで、国王に即位。この王位継承を巡る王家の対立が、自由主義vs保守主義、資本家vs地主+教会、中央vs地方といった諸問題を絡め取り、内戦に突入。3次にも渡るカルリスタ戦争(カルリスタ=カルロス支持派、でもって、この戦争、日本の戊辰戦争に似ている?新政府=イザベルvs幕府=カルロスという構図... )が勃発する。そんな、王位を巡って戦争が起きるというスペインの時代錯誤に、近代国家へと着実に歩みを進めていたヨーロッパ各国は、ある種のロマンを見たか?19世紀、ロマン主義の時代に浮かび上がるスペイン・ブームには、単なるエキゾティシズムばかりでない、リアルなロマン主義の現場として捉えていた芸術家たちの眼差しがあったように感じる。
ということで、時事オペラのようだったビゼーの『カルメン』に続いて、スペインのロマンが際立つヴェルディの歴史劇!プラシド・ドミンゴ(テノール)、ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)、レナート・ブルゾン(バリトン)、ニコライ・ギャウロフ(バス)ら黄金時代のスターたちと、リッカルド・ムーティが率いたミラノ・スカラ座で、ヴェルディのオペラ『エルナーニ』(EMI/7 47083 8)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ビゼー、カルメン。 [before 2005]

4196362.jpg
建国から一気に世界帝国に上り詰め、ヨーロッパの盟主となったスペインだったが、黄金期は長く続かず、じりじりと凋落。18世紀初頭、ヨーロッパ列強の介入を招いてのスペイン継承戦争(1701-13)があって、さらには、19世紀初頭、ナポレオンの侵攻で始まる半島戦争(1808-14)では、まさにイベリア半島が戦場となり、親仏、反仏で国内をも引き裂き、悲劇的な事態へと陥って行く。そうして幕を開けたスペインの19世紀は、保守反動と自由主義の間で揺れ、ボルボン王家内の王位継承争いに端を発する内戦、3次に渡るカルリスタ戦争(1833-40, 1846-49, 1868-76)があり、九月革命(1868)では、王家がフランスに亡命、イタリアから新しい王(1871-73)を迎えたかと思えば、結局、ボルボン王家が復帰することとなり、内政はただひたすらに不安定化。そうした隙を突くように、南米の植民地では独立戦争が続き、世界帝国は完全に過去となる。一方で、そんな混沌の只中にあったスペインこそが、ヨーロッパの芸術にインスピレーションを与えたていたから、興味深い。
ということで、19世紀、ヨーロッパの芸術界で盛り上がったスペインに注目... クラウディオ・アバドの指揮、ロンドン交響楽団の演奏、テレサ・ベルガンサ(ソプラノ)のカルメン、プラシド・ドミンゴ(テノール)のホセ、シェリル・ミルンズ(バリトン)のエスカミーリョで、ヨーロッパにおけるスペインのアイコン、ビゼーのオペラ『カルメン』(Deutsche Grammophon/419636-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ラヴェル、スペインの時。 [before 2005]

4575902.jpg
フランスを代表する作曲家、ラヴェルは、スペインにつながるルーツを持つ... ラヴェルの母、マリーは、バスクの旧家の生まれで、ラヴェル自身も、スペイン国境の町、フランス領バスクのシブールで生まれている(ちなみに、ラヴェルの父、ジョゼフは、スイスのフランス語圏出身... )。そして、ラヴェルは、母越しに、バスク、さらに広くスペインの文化に接し、やがてそれは、自身の音楽に反映され、代表作のボレロを生み、その人生の最後に、連作歌曲『ドゥルシネア姫に心を寄せるドン・キホーテ』を遺した。改めて、ラヴェルの音楽を振り返ると、ところどころ、鮮烈に、スペインが射し込んで来る。ドビュッシーに憧れ、その印象主義の背中を追ったラヴェルだけれど、スペインという要素が、ドビュッシーには無い、フランスとは一味違うインパクトを響かせるのか... スペインからラヴェルの音楽を見つめると、また違った作曲家のイメージが浮かび上がるようで、興味深い。
ということで、ラヴェルの"スペイン"に注目するアルバム... アンドレ・プレヴィンの指揮、ロンドン交響楽団の演奏で、オペラ『スペインの時』と、スペイン狂詩曲(Deutsche Grammophon/457 590-2)を聴く。でもって、前回、聴いた、グラナドスのオペラ『ゴイェスカス』に続いて、ラヴェルの『スペインの時』に向き合ってみると、また興味深い風景が拓けて、刺激的!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

グラナドス、オペラ、ゴイェスカス。 [before 2005]

/V4791.jpg
ドイツ語圏にオペレッタ(ヨハン・シュトラウス2世の『こうもり』など... )があり、イギリスにコミック・オペラ(サリヴァンの『ミカド』など... )があり、フランスにはオペラ・ブッフ(オッフェンバックの『天国と地獄』など... )があって、19世紀のオペラ・シーンには、グランド・オペラや楽劇のゴージャスさ、大規模なばかりでない、より幅の広い人々に向けられた、キャッチーな作品がたくさん生み出された。そうした中、スペインでは、サルスエラが復興を遂げる。イタリア・オペラに押され、一時期は完全に忘れ去られていたものの、1830年代、音楽界のイタリア人支配に反発した若手の作曲家たちによって、スペイン語によるスペイン独自のオペラであるサルスエラの復興が試みられると、人々は再びサルスエラに注目し始め、1850年代には、ロマン主義を背景に、グランド・オペラを思わせる大規模なサルスエラ・グランデが作曲され、人気を集める。さらに19世紀末が近付くと、オペレッタのようにより庶民的で、より規模の小さい1幕物のヘネロ・チコが一大ブームとなり、サルスエラはスペインの音楽シーンにおいて、大いに繁栄した。そうした繁栄が、やがて、オペラにも影響をもたらして、魅惑的な作品を生み出す。
ということで、前回のバロック・サルスエラから一気に時代を下って、20世紀、サルスエラ風のオペラ!アントーニ・ロス・マルバの指揮、マドリード交響楽団の演奏、オルフェオン・ドノスティアラの合唱、マリア・バーヨ(ソプラノ)、ラモン・バルガス(テノール)ら、スペインの実力派歌手たちによる、グラナドスのオペラ『ゴイェスカス』(AUVIDIS VALOIS/V 4791)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リテレス、ユピテルとセメレ。 [before 2005]

HMI987036.j pg
スペインの音楽史を丁寧に見つめると、王朝交代にターニング・ポイントを見出す。スペインが成立して間もなく、トラスタマラ家からハプスブルク家へと王位が移ると、フランドルからやって来た新国王、カルロス1世(在位 : 1516-56)は、フランドル楽派のポリフォニーをスペインへと持ち込み、16世紀、スペインには、ルネサンス・ポリフォニーの黄金期が到来!モラーレス(ca.1500-53)、ビクトリア(1548-1611)ら、国際的な名声を博した大家を輩出。しかし、17世紀、陽の沈まないハプスブルク帝国に斜陽が窺えるようになると、哀愁を漂わせるスペイン調のバロックが個性を際立たせ、サルスエラなどスペイン独自のスタイルが生み出された。しかし、18世紀を迎える時、ハプスブルク家からブルボン家へと王位が移ると、フランスからやって来た新国王、フェリペ5世(在位 : 1700-24, 1724-46)は、イタリア出身の王妃の影響で、イタリアの音楽に傾倒。マドリードの音楽シーンではイタリア・オペラが席巻、サルスエラは宮廷から毛嫌いされ、冬の時代を迎える。
そして、この2度目の王朝交代のターニング・ポイントを乗り越え活躍した作曲家に注目してみようかなと... エドゥアルド・ロペス・バンゾ率いるエル・アイレ・エスパニョールの演奏、マルタ・アルマハーノ(ソプラノ)ら、ピリオドで活躍するスペインの歌手たちをキャスティングしての、リテレスのサルスエラ『フピテルとセメレ』(harmonia mundi FRANCE/HMI 987036)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

バーヨが歌う、18世紀のサルスエラ、アリア集。 [before 2005]

E8885.jpg
カタルーニャよ、立ち上がれ!独立は"ごっこ"遊びじゃない!今すぐ国境を封鎖せよ!スペインから移民して来た非カタルーニャ人を追放せよ!人口の半分を占める独立反対派を拘束せよ!そして、独立を守り切るために、スペイン軍の侵攻を許すな!その後ろにいるNATOに対抗するため、速やかにロシアと軍事同盟を締結せよ!西地中海の要衝、カタルーニャ語圏、バレアス諸島を、スペインの圧政から解放し、抑止力としてロシア海軍の基地を誘致せよ!EUからの離脱による経済危機に備えて、バルセロナ港を中国に租借せよ!もちろん99年間!一帯一路の西の終着点として、カタルーニャを北京に売り込め!って、ディストピア小説風に... いや、コンセンサスを得ない独立宣言を出すということは、これくらいの覚悟が無くてはならないと思う。が、見事に覚悟の無いカタルーニャ... 亡命したような感じで、亡命とは言わない前州首相の相変わらずの煮え切らなさには、ため息が出てしまう。で、スペインとカタルーニャの対立は先鋭化し、独立をめぐり州内は真っ二つ。結局、こじらせただけの独立宣言。それは、まるで、自傷行為のよう。しかし、自傷せずにはいられないのが、閉塞感に病んだ21世紀人のリアル。トランプ大統領を生み出したアメリカがその象徴。代替現実に逃避し、対立を煽り、傷つけ合うことでしか自らの存在を確認できないという悲劇。世界はどこでボタンを掛け違ってしまったのだろうか?
なんて考えていると、滅入ってしまうばかりなので、スペイン独自のオペラ、楽しい歌芝居、サルスエラで気分転換!クリストフ・ルセ率いるレ・タラン・リリクの演奏で、バスク地方出身のソプラノ、マリア・バーヨが歌う、18世紀のサルスエラのアリア集、"ARIAS DE ZARZUELA BARROCA"(ASTRÉE/E 8885)。いやー、18世紀のスペインの朗らかさに救われる!

続きを読む...


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シビラの歌。 [2011]

AVSA9879.jpg
中世ヨーロッパを文化から見つめると、巡礼路に沿って興味深い横の動きが浮かび上がる。一方で、政治から見つめれば、北の王権が南へと拡大されて行く縦の動きが目に付く。異なる文明を結ぶ豊かな横の動きと、権力が支配領域を刈り取って行く縦の動き。対極的な2つの動きは、当然、ぶつかるわけで、やがて、縦の力が横のつながりを断ち切って、現在のヨーロッパの形が作られて行く。つまり、国境で区切られたヨーロッパ... 国家と民族と文化がイコールで結ばれる解り易い形... のはずが、生まれる齟齬。そして、強調される違い。異質さの排除。しなやかさを失ったヨーロッパから発せられる軋みは、やがて戦争となり、20世紀の破滅的な2つの大戦へと至る。その反省から生まれたEU。それは、先進的な状況のように見えて、実は、中世へと還ることなのかもしれない。国境に区切られた民族性ではない、より多様な個性から織り成される、広がりのあるヨーロッパへの回帰。そういう、より大きな流れからヨーロッパを捉えれば、スペインとカタルーニャの先鋭化する対立に虚しさを覚えてしまう。なんて思ってしまったのは、アンサンブル・ユニコーンの"THE BLACK MADONNA"の躍動する音楽を聴いて... イスラムから最先端を吸収し、古代、地中海文明の英知が滲むカタルーニャ、南ヨーロッパの懐の深さ、大地に根差したパワフルさたるや!中世の音楽は、ただならぬスケールを持って、現代に迫って来る!
ということで、西からのスパイシーな巡礼の歌に続き、ミステリアスな東の古代を伝えるシビラの歌... ジョルディ・サヴァール率いるラ・カペッラ・レイアル・デ・カタルーニャの演奏、今は亡きモンセラート・フィゲーラス(ソプラノ)の歌で、最後の審判を予言したシビラの歌を取り上げる名盤、"EL CANT DE LA SIBIL・LA Catalunya"(Alia Vox/AVSA 9879)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カタルーニャ、モンセラートの朱い本、中世、巡礼たちは歌う! [before 2005]

8554256.jpg
豊かなカタルーニャの文化の源とも言える、その言語、カタルーニャ語は、必ずしもカタルーニャ州でのみ話されているわけではない。かつて、カタルーニャが牽引したアラゴン王国の広がりと重なるように、南のバレンシア州、地中海のバレアス諸島、さらには、イタリア、サルデーニャ島の北西部の一部でも話されており、中世の王国の威光を今に伝えている。一方で、その言語の誕生を遡ると、より大きな歴史が浮かび上がる。カタルーニャ語は、古代ローマの人々が話していた俗ラテン語から派生した言語で、中世、南フランスで話されていたオック語と兄弟関係にあった。スペイン語ではなく、南フランスで話されていた言語により近かったというのは、なかなか興味深い。そして、オック語文化圏が中世文化の中心だった頃、トルバドゥールたちが活躍した時代、西地中海の北海岸には、カタルーニャからイタリアまで、古代ローマの残照とも言える、国境を越えた文化圏が存在していたことが窺える。が、オック語文化圏は、今は無く、カタルーニャ語は、ポツンとイベリア半島に取り残されてしまったように存在している。のはなぜか?北フランスで話されていたオイル語(やがて現在のフランス語となる... )が、王権とともにオック語文化圏に襲い掛かり、力による言語統一がなされたからだ。これにより、フランスにおける南の文化的優位は失われ、パリへの一極集中が完成する。一方のカタルーニャ語はどうだろう?アラゴン王国を取り込んで、ますます発展し、やがてスペインの成立に参加して、言語、文化を今に伝えるわけだ。そういう歴史、かつての国境を越えたつながりを振り返れば、21世紀のカタルーニャに、新たな視座を示せる気がする。
ということで、中世のカタルーニャへ!ミヒャエル・ポッシュ率いるアンサンブル・ユニコーンの演奏、ベリンダ・サイクス(コントラルト)、ベルンハルト・ランダウアー(カウンターテナー)のヴォーカルで、カタルーニャの聖地、モンセラート修道院に伝わる『モンセラートの朱い本』を中心に中世の巡礼の歌を綴った"THE BLACK MADONNA"(NAXOS/8.554256)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カタルーニャ、息をひそめる音楽、モンポウのミクロコスモス... [before 2005]

4456992.jpg
カタルーニャの始まりは、8世紀の終わり、フランク王国(少々乱暴な言い方をすると、フランスの前身... )がピレネー山脈の西麓に設置した、対イスラム防衛ライン、スペイン辺境領に遡る。で、この辺境領で頭角を現したバルセロナ伯が、現在のカタルーニャにあたる地域を統合。987年に独立を果たし、カタルーニャは、バルセロナ伯領として、初めて国家となる。さて、時は流れ、1112年、バルセロナ伯は、南仏、プロヴァンスのお姫様と結婚し、プロヴァンス伯領を獲得。1150年には、バルセロナ伯がアラゴン王国(カタルーニャの西隣りの王国... )に婿入りして、カタルーニャはアラゴン王国と統合。って、実は、カタルーニャ単独の国家としての歴史は、163年と短い... が、伯爵からアラゴン王にパワー・アップしたバルセロナ家は、国土回復運動、レコンキスタの波に乗り、南のイスラム勢力を征服。船で地中海に乗り出せば、バレアス諸島からイスラム勢力を追い出し、さらにはサルデーニャ島、シチリア島、南イタリアへと領土を拡大して、西地中海を支配する一大勢力に!バルセロナは、まさに西地中海の首都となる。しかし、1410年、バルセロナ家が断絶。1412年、カスティーリャ王国(アラゴン王国の西隣りの王国... )の王子を王に迎えた頃から、カタルーニャの雲行きは怪しくなったか?1479年、アラゴン王国はカスティーリャ王国と合併、スペインが成立すると、カタルーニャは一地方となり、現在に至る。
あれから538年... どれほど現実的であるかはさて置きまして、祝カタルーニャ独立!ということで、近現代音楽のスペシャリスト、ヘルベルト・ヘンクのピアノで、20世紀、カタルーニャをひっそりと生き、独特のミクロコスモスを展開した作曲家、モンポウの代表作、『ひそやかな音楽』(ECM NEW SERIES/445 699-2)を聴く。それにしても、やっちまったよ、カタルーニャ...

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スペインの庭の夜の芳しさ!民族主義と印象主義のマリアージュ。 [before 2005]

0630147752.jpg
ピレネー山脈の向こう側はアフリカである。と言ったのは、ナポレオン... そこには、侮蔑の意味が籠められていたわけだけれど、そういう西欧中心主義的な価値観を離れて、より大きな文明の流れから捉えれば、ピレネー山脈の向こう側、イベリア半島には、アフリカくらい大きなスケール感を持った、ダイナミックな異文化交流を見出せる。古代、東地中海からフェニキア人が交易にやって来て、アルプス北麓に端を発するケルト文化が広がって、ギリシア人たちは植民都市を建設し、北アフリカからはフェニキア系のカルタゴが進出し、カルタゴがローマに敗れると、イベリア半島はローマの一部となって、その高度な文化を享受する。が、ゲルマン民族がなだれ込んで、事態は一変... 中世、西ゴート王国がイベリア半島に根を下ろし、キリスト教文化が栄えると、イスラム勢力がジブラルタルを渡って来て、イベリア半島のほとんどを制圧。今度は、イスラム文化の一大拠点に!一方、キリスト教徒による国土回復運動、レコンキスタもじわりじわりと進んで、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路が開設されれば、ヨーロッパ中から巡礼者を集め、その巡礼たちが文化を運び、さらに、すぐ傍にある先進的なイスラム文化をも取り込んで、イベリア半島は、西欧よりも一歩進んだ文化的環境を創り出す。そうしてルネサンスを迎えれば、大航海時代の到来!喜望峰を回り、大西洋を渡り、イベリア半島の文化は、世界中へと広がって行くわけだ。という風に見て来ると、ヨーロッパの西の果てでありながら、実は、文明の十字路としてのイベリア半島の姿が浮かび上がる。なればこその際立った個性があり、ステレオタイプからは捉えることのできない多様さがあり、何より、ピレネー山脈のあちら側、西欧では生まれ得ない、芯から息衝く鮮烈さを発し、虜とする。
そうした個性と多様性を感じさせてくれる、スペインの国民楽派の音楽... ジャン・フランソワ・エッセールのピアノ、ヘスス・ロペス・コボスの指揮、ローザンヌ室内管弦楽団の演奏で、ファリャの『スペインの庭の夜』、アルベニスのスペイン狂詩曲と幻想的協奏曲、トゥリーナの交響的狂詩曲という、スペインを素材とした協奏的作品、4曲(ERATO/0630-14775-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -