So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

サリエリ、アリア集。 [before 2005]

4751002.jpg
1770年代のモーツァルトを巡って来たので、1780年代へ!という前に、ちょっと寄り道... モーツァルトのライヴァル、サリエリを聴いてみようかなと... で、そのサリエリ(1750-1825)、映画『アマデウス』の影響か、モーツァルト(1756-91)よりずっと年上のイメージがあったのだけれど、改めて生年を突き合わせて見れば、6つしか違わない。となると、同世代であって、歩んだ道程も似たものがある。モーツァルトがミラノで初めてのオペラ・セリア、『ポントの王、ミトリダーテ』を大成功させた1770年、ウィーンではサリエリが初めてのオペラ、『女文士たち』を初演、成功させている。その後、モーツァルトはミュンヒェン、ミラノと、順調にオペラ作家としてキャリアを築くかに見えたものの、モーツァルト一家が仕えるザルツブルクの大司教の交代があり、ザルツブルク外での活動が思うようにならなくなる。一方、サリエリは、ウィーンで若手作曲家の地位を築くも、1776年、ヨーゼフ帝の劇場改革により、ドイツ語によるオペラ、ジングシュピールの推奨によって、得意のイタリア・オペラを封じられるという事態に... 1770年代、若手作曲家として、難しい状況の中、突き進んだモーツァルト同様、サリエリもまた、紆余曲折あって、それを糧に、1780年代、オペラで大きな花を咲かせることになる。で、それは、モーツァルトよりも大きい?
ということで、オペラ作家、サリエリを俯瞰する。アダム・フィッシャーの指揮、エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団の演奏、チェチーリア・バルトリ(メッゾ・ソプラノ)が歌う、サリエリのアリア集、"The Salieri Album"(DECCA/475 100-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モーツァルト、ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、戴冠ミサ。 [before 2005]

1770年代のモーツァルトは、厄年っぽいところがある。1770年、ミラノで『ポントの王、ミトリダーテ』が大成功するも、1771年、モーツァルト父子の活躍を後押ししていたザルツブルク大司教、シュラッテンバッハ伯が世を去り、新しい大司教、コロレド伯は、本来、ザルツブルクの宮廷楽師であるモーツァルト父子の宮廷の外での活動を良く思っておらず、その活動は、これまで通りというわけには行かなくなる。さらには、マリア・テレジアがモーツァルト父子を快く思っておらず、ハプスブルク家の支配下にある場所での活動に影が差す。一方、モーツァルトは、1770年代後半、20代となり、音楽の都、パリを目指す!が、グルックのような巨匠が凌ぎを削る場に、20代の若手がすんなり受け入られることはなく、「パリ」交響曲(1778)こそ成功するも、父に代わり同行していた母の死もあり、パリを後にする。そんなモーツァルトが就職したいと願ったのが、パリへの旅の途中にあった街、マンハイム... 古典主義を牽引するマンハイム楽派にすっかり心酔し、マンハイムも若い才能を歓迎、相思相愛?かと思いきや、マンハイムの宮廷がミュンヒェンに移ってしまい、就職先が消滅。結局、ザルツブルクがモーツァルトの居場所となる。そんな、ままならない1770年代の最後、1779年のモーツァルトを見つめる。
ということで、寺神戸亮のヴァイオリン、シギスヴァルト・クイケンのヴィオラ、ラ・プティット・バンドの演奏による、ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲(DENON/COCO-78837)と、トン・コープマン率いる、アムステルダム・バロック管弦楽団と合唱団による、戴冠ミサ(ERATO/0630-10705-2)の2タイトル... モーツァルト、ままならなかった1770年代の集大成を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モーツァルト、ルチオ・シッラ。 [before 2005]

2292449282.jpg
春だし、春めく音楽を聴きたいかな... ならば3月はモーツァルトで行こう!ということで、モーツァルトとその周辺を聴き始めて半月、改めてモーツァルトの時代のおもしろさにはまる。一方で、聴き逃している... というか、聴き流してしまって来たことに気付かされること多々あり。そんなことを感じたのが、前回、聴いた、1770年代前半の交響曲。モーツァルト青年が活躍した時代のヴァラエティに富んだ音楽シーン... その中で、思いの外、若い姿を見せるモーツァルト... 1770年代を意識しながら、お馴染みの作曲家と向き合うと、また違った表情を見出せるようで、興味深く、何より、「お馴染み」のイメージを越えて、作曲家をより近くに感じられた気がした。ということで、交響曲に続いて、オペラで1770年代... 16歳のモーツァルトが挑んだ、オペラ・セリア!
ニコラウス・アーノンクールが率いた、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの演奏、ペーター・シュライアー(テノール)のタイトルロールを筆頭に、豪華絢爛な歌手たちによる、モーツァルトのオペラ『ルチオ・シッラ』(TELDEC/2292-44928-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

C.P.E.バッハ、ハイドン、モーツァルトの1770年代の交響曲。 [before 2005]

TDKAD001.jpg
古典派というと、ハイドンにモーツァルトというイメージがしっかりとある。けれど、ハイドンとモーツァルトだけで古典派を語ってしまうのは、あまりに無謀... 個性が犇めく19世紀には及ばずとも、より豊かな才能に恵まれた18世紀。どこを切っても同じような音楽が聴こえて来る?そんな金太郎飴のようなイメージは、鉄板の二枚看板に頼り過ぎるからかもしれない。丁寧に見つめれば見つめるほど、多様な世界が広がるのが18世紀であり、古典主義の時代。さらには、19世紀まで生きたハイドンならなおのこと、35年という短い人生を生きたモーツァルトですら、年代によって作風は変わり、古典主義自体もまた変遷する。そこで、1770年代、1780年代と、その変遷を辿ってみようかなと... まずは、1770年代のハイドンとモーツァルトに注目してみる。
鈴木秀美率いる、オーケストラ・リベラ・クラシカの演奏で、ハイドンの43番の交響曲と、モーツァルトの29番の交響曲に、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの1773年に作曲されたシンフォニアも加えた興味深い1枚(Arte dell'arco/TDK-AD001)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メユール、交響曲。 [before 2005]

2292450262.jpg
モーツァルトが初めて作曲したのは1761年、5歳の時...
父、レオポルトが、姉、ナンネルのために書いた練習帳を、姉に倣って弾き始めるモーツァルト少年だったが、間もなくそれに飽き足らなくなり、自ら即興で音楽を生み出し弾き出す。それに驚いたレオポルトは、練習帳の余白に、その音楽を書き留めて... そうして、モーツァルトの最初の作品は誕生する。それから30年、35歳で世を去るまでの作曲家人生をつぶさに見つめると、モーツァルトの成長とともに成熟して行く古典主義の音楽の歩みがとても興味深い。が、モーツァルトの歩みは1791年で止まってしまう。前回、聴いた、25番のピアノ協奏曲の、ベートーヴェンを思わせるスケール感を思い起こすと、1791年以後も音楽を書き続けていたら... と、つい考えてしまう。いや、書き続けていた!という流行りのオルタナティヴ・ファクト?みたいな感じで、モーツァルトの同世代で、モーツァルトよりも先を生きたフランスの作曲家を聴いてみる。
2017年、没後200年のメモリアルを迎えるメユール(1763-1817)の、19世紀に入って間もなくの作品... マルク・ミンコフスキ率いる、レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの演奏で、メユールの1番と2番の交響曲(ERATO/2292-45026-2)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

23番から25番へ... モーツァルト、19世紀の扉を開けるコンチェルト... [2012]

88765409042.jpg
アマデウス、神に愛されし者... なればこその天才性を、遺憾なく発揮し、誰もが知る名曲を次々に生み出した、わずか35年という短い人生は、もはや伝説である。というのが、モーツァルトの一般的なイメージかなと... が、丁寧に見つめるモーツァルト像は、そうカッコいいばかりではない。父の英才教育によって築かれる音楽的素地。やがてヨーロッパ中を旅し、最新の音楽を貪欲に吸収して形成される音楽性。もちろん、抜き出た才能があったことは間違いないのだけれど、モーツァルトの音楽は、モーツァルト自身の努力の賜物だと感じる。そして、今でこそ無敵なモーツァルトも、その当時は様々な外的要因に翻弄され、そういうままならなさから紡ぎ出された音楽というのは、思いの外、人間味に溢れるものなのかなと... それはまた、古典美が尊ばれる古典主義の時代に在って、一味違うものなのかなと... で、そこが、この作曲家の魅力であり、次なる時代の予兆?
ということで、3月はモーツァルト!ルドルフ・ブッフビンダーのフォルテピアノ、ニコラウス・アーノンクールが率いたウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの演奏で、モーツァルトの23番と25番のピアノ協奏曲(SONY CLASSICAL/88765409042)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コジ・ファン・トゥッテ... アンシャン・レジーム、最後の夢。 [before 2005]

HMC901663.jpg
3月、弥生... 弥(いよいよ)以って生い茂る、という意味なのだそうです。そうか、3月、生い茂るか... で、世の中的にも、いろいろ問題が生い茂っています。もう、笑っちゃうくらいに... いや、笑い事ではないのだけれど、萌え出るのは、芽吹きばかりでないのが、「酉年騒ぐ」春の傾向でしょうか。それにしても、闇は深いですね。深いけど、明るみになっていることが、凄い... いや、闇が掘り起こされるのもまた、春、なのかもしれない(まさに、センテンス・スプリングの出番だは... )。というあたりは、さて置きまして、音楽です。前回、モーツァルトの春めく歌曲を聴いて、ふわっと癒されてしまったので、3月はモーツァルトで行こうかなと... けど、今回、聴いてみるのは、胸騒ぎのオペラ... いや、一騒動起きてしまう物語でして、「酉年騒ぐ」春にはベストかも...
ということで、ルネ・ヤーコプスの指揮、コンチェルト・ケルンの演奏、ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)、ベルナルダ・フィンク(ソプラノ)らの歌で、モーツァルトの問題作?オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』(harmonia mundi FRANCE/HMC 901663)を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

春への憧れ... 風をつかまえて、風になる、モーツァルト... [before 2005]

2292463342.jpg
さて、2月が終わります。いつもより短い一ヶ月、さらりと過ぎてしまうかと思いきや、ヘヴィーな一ヶ月。と言うより、年が明けてまだ二ヶ月なのに、2017年、あまりに濃厚。次から次と事が起こり、期待通り、酉年騒ぎまくる展開。いや、一重に時代の転換点なのでしょう... もはや老年を通り越して地縛霊となった20世紀、"近代"と、中二病、真っ只中、成熟し切れない21世紀、"現代"の綱引き... 綱を引き切って、"現代"が大人になるまで、この騒々しさは続くのでしょうね。ふぅ、力が入る場面はまだ続きます。疲れてしまいます。そんな2月、ルネサンスとバロックの音楽史における綱引きを見つめて来たのだけれど、やっぱり濃厚だった!そして、時代の転換点というのは、否が応でも騒々しくなるものなのだなと... で、そんな音楽をすっかり味わい尽くしたら、やっぱり、疲れたァ。ので、ここは春のそよ風を思わせる、軽やかな音楽で、気分転換してみようかなと...
ということで、バーバラ・ボニーのソプラノ、ジェフリー・パーソンズのピアノで、春への憧れ!モーツァルトの歌曲集(TELDEC/2292-46334-2)。世の中が騒ごうとも、季節は巡り、日々、春めくものを感じる中、モーツァルトを聴いて、肩の力を抜いてみる。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

初期バロック、情念論、巨匠、モンテヴェルディの充実。 [before 2005]

OPS30256.jpg
2017年は、モンテヴェルディの生誕450年のメモリアル!ということで、モンテヴェルディとその周辺、ルネサンス末から初期バロックに掛けての音楽をいろいろ聴いて来た今月。ポリフォニーからモノディへ、音楽史における最大のパラダイム・シフトが起きた時代は、音楽のみならず、その背景までが躍動していて、何だか、ただならない。16世紀後半から17世紀前半に掛けてを、改めて見つめると、追い切れないほどに、あらゆることがつながり、また、つながったところから、次々に新たな音楽が生まれて、時代そのものがパワフルに感じられる。黄金期ルネサンスの壮麗さ、盛期バロックの華麗さの狭間で、一見、地味な印象を受けなくもないモンテヴェルディが生きた時代だけれども、長い音楽史を振り返ると、最も希有な時代だったように感じた今月...
ということで、再びモンテヴェルディに戻り、リナルド・アレッサンドリーニ率いる、コンチェルト・イタリアーノによる、モンテヴェルディの名作選、"LE PASSIONI DELL'ANIMA"(OPUS 111/OPS 30-256)を聴く。そして、モンテヴェルディの時代に一区切り付ける。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"いんげんまめ"、イル・ファーゾロの真実... [before 2005]

Alpha023.jpg
16世紀後半のフィレンツェについて、カヴァリエーリについて追った、前回。追えば追うほど、あまりにいろいろなことが連動していて、何が何だかわからなくなってしまう(未だに頭の中、まとまっていないのだよね... )。いやー、ルネサンスの最後は、音楽のみならずポリフォニック!王侯と、宮廷人と、芸術家たちに、国際政治と、楽壇と、革新とが、まるで歯車のように噛み合って回り出す。で、音楽という歯車ひとつを見つめていても、当然、全体像は捉えることはできず、なぜ、それが回っているかはわからない... そこに、読み説くおもしろさがある。単に音楽を聴くだけでない、暗号を解読するようなおもしろさ... こういうあたり、クラシックの醍醐味な気がする。ということで、17世紀、初期バロックの時代に戻り、本当に暗号を解読するような音楽を見つめる。
17世紀、イタリア語で"いんげんまめ"、ファーゾロと名乗った謎多き作曲家を巡るアルバム... ヴァンサン・デュメストル率いる、ル・ポエム・アルモニークの歌と演奏で、"Il FASOLO?"(Alpha/Alpha 023)。謎とは裏腹に、あっけらかんと楽しい音楽を聴く。

続きを読む...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -